ここから本文です
カズのお昼ごはんが楽しみ
いつも訪問いただきありがとうございます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全181ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

手打ちうどん松岡(綾歌郡綾川町)で、かけうどんのお昼ごはんの紹介です。

イメージ 11

このお店は、道の駅宮滝近くにある讃岐うどんの名店です。道の駅の裏通りでもあり前の道も広くなく、住宅地にあって通り過ぎそうになりました。突如讃岐うどんのお店がと言った感じで、駐車場も5台程しか止めれない決して立地や便のいいお店とは言えません。訪問したのが平日の閉店前でしたので、ちょうど1台止めれました。

イメージ 9

イメージ 10

ここは、以前から訪問したかったお店でした。理由があって、讃岐うどんの1番好きなこだわり手打ちうどん山さんの師匠的なお店と山さんから聞いていて、今回やっとの訪問となりました。

イメージ 8

メニューは、シンプルでかけや醤油となっています。サイドメニューとして各種天ぷらがあります。

イメージ 1

イメージ 3


今回注文したのは、かけうどんです。シンプルにうどんを味わおうと思いました。後、天ぷらのげそをいただきました。

イメージ 2

イメージ 4

早速、かけうどんをいただきました。コシの強い麺で、大変歯応えと喉越しの良い、これぞ手打ちうどんと言った印象です。出汁は、シンプルながらもイリコの効いた非常に奥深くこれまで食べた中でもおいしい!とその一言です。

イメージ 5
イメージ 6

天ぷらのげそも大きくて、素材を活かした衣がなんとも言えません。天ぷらも非常に美味しかったです。

イメージ 7

こだわり手打ちうどん山さんと並ぶ、いやいやひょっとしたら山さんを超えた感じにも思えるおいしさです。さすが、山さんの師匠と納得の讃岐うどんでした。山さんが、是非行ってみてと言うのもわかりました。また是非行きたいお店です。ごちそうさまでした。

イメージ 12


手打ちうどん松岡

綾歌郡綾川町滝宮1722

087-876-0988

10:00〜14:00

不定休


この記事に

讃岐うどん あなぶき家監修手打ちうどん体験塾(さぬき市津田)で、自分で手打ちしたうどんのお昼ごはんの紹介です。

イメージ 12

この手打ちうどん体験は、国民宿舎 松琴閣クアパーク津田にて、あなぶき家監修のもと実施さてれいます。あなぶき家は、高松自動車道津田サービスエリア内で、讃岐うどんの店舗を展開されいます。

イメージ 13

いつも讃岐うどんは、お店でいただいていましたが、今回体験出来るとあってどんな讃岐うどんになるのか楽しみにしていました。約30人程の人が参加され、前で講師の方が説明され、順次進めていきます。

イメージ 14

粉から作りました。練るこねる、足踏みする、伸ばす、切ると言った単純にも思える作業でありますが、奥の深さに、大変さを感じました。何気においしい、おいしいと食べていた讃岐うどん、こんな大変な工程に作業とありがたさを感じる事が出来ました。本場うどん県での讃岐うどんかけ1杯があの価格でいただけるなんて申し訳ないって思いました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

かけうどんとぶっかけうどんでいただきました。少し太く切ってしまいましたが、大変美味しくいただくことが出来ました。また作ってみたいと思いました。ごちそうさまでした。

イメージ 11


国民宿舎 松琴閣 クアパーク津田

香川県さぬき市津田町松原地内

0879-42-2521

HP


この記事に

開くトラックバック(2)

ネスタリゾート神戸(兵庫県三木市)で、グランピングバーベキューとプールを楽しんで来ました。

イメージ 9

2015年7月1日兵庫県三木市にオープンした大型複合リゾート施設ネスタリゾート神戸に行って来ました。以前、グリーンピア三木があった場所となっています。リゾート施設は、宿泊施設のホテルを中心にグランプ&BBQ、プールとなっています。最終的には全11の施設となるそうです。冬にはアイススケート場もオープンし、日帰り温泉施設も出来るそうです。今回は、グランプ&BBQとプールを利用しました。

イメージ 12

イメージ 13

グランピング&バーベキューは、グリーンフィールド、デッキテラス、グランプキャビン、パーティーテント、プレミアムテントとバーベキューのスタイルが構成されています。そもそもグランピングとは、グラマラスとキャンプを合わせた造語で、贅沢にアウトドアを楽しもうという、今もっとも注目されているリゾートスタイルとなっています。今回利用されていただいたのは、グランプキャビンです。4棟しかなく、1棟最大8名の利用が可能となっています。

イメージ 1

快適な部屋と開放感のあるテラスが融合されています。まず部屋は、エアコンが効いていて、ソファーにテーブルなど家具や装飾にもこだわったおしゃれなインテリアが贅沢な気分にされてくれます。

イメージ 6


グラスやお皿などの食器など全て用意されていて、手ぶらでバーベキューが出来ます。食器の後片付けも必要なく、快適に過ごせます。


イメージ 7

イメージ 2

バーベキューは、デッキテラスを使います。全て用意されていて、準備と言えば火をおこすことくらいです。ここはガスコンロも用意されています。

イメージ 4

イメージ 5

このテントは、パーティーテントとなっています。まだ来られていなかったので、拝見させていただきました。


イメージ 10


イメージ 11

お肉などの食材は、こちらでも用意していただけましたが、料金を支払い持ち込みしました。お腹いっぱいいただきました。

イメージ 3

このサイトの利用は、4時間制で11時から15時までゆっくり過ごす事が出来ました。15時からすぐ裏手にあるプールに行きました。プールは、9月25日まで営業されています。エリアは大きく、流れるプールと水の要塞と室内プールとなっています。


イメージ 8

やはり一番人気は、要塞の一番上にある巨大バケツから2トンもの水が流れるエリアです。動画を撮りましたので、ちょっとでも迫力を感じてみて下さい。



ギリギリまでプールを楽しみました。今回は、この2つのエリアを利用されていただきましたが、日帰り温泉も利用してみたいと思いました。特にグランピングには、はまってしまいました。次回は是非、バーベキューと日帰り温泉に来たいと思います。なかなか休日は予約が取れないので、お早めに計画を立てて下さい。詳しくは、公式ホームページを参考にして下さい。

ネスタリゾート神戸



この記事に

首里城観光と那覇空港売店南大東島の喜作乃島大東寿司の空弁の紹介です。

イメージ 3

イメージ 4

いよいよ旅の終わりが近づいて来ました。お昼ごはんの沖縄そばをいただき、首里城に行きました。首里城には、何度か訪れていますが、沖縄の歴史を感じられる場所となり人気の観光地となっています。

イメージ 1

首里城とは 、琉球王朝の王城で、沖縄県内で最大規模の城であっりました。戦前は正殿などが国宝に指定されていたが、1945年の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、城壁や建物の基礎などの一部のみ残っています。その後、正殿・門・御嶽・城壁などの復元作業が行われ、現在のような形となっています。

イメージ 2

この様に、復元は何度も繰り返し今の形になったとは言え、すごく素晴らしい建築物として再現されています。しかし、写真で見ての通り、大阪城など他の城とは異なり、首里城は中国の影響を大きく受けているようです。漆で朱塗りされていて、屋根瓦には赤瓦が使われていたりしています。沖縄の歴史などに触れ見学していました。見学しながらも、中国からの影響や、アメリカとの関係など、いろんな考えや、いろんな思いが交錯しながの見学となりました。

イメージ 6

そしていよいよ首里城を後にして、レンタカーを返却し那覇空港へと向かいました。
那覇空港では、お土産など買ってから空弁を買いました。空弁は、南大東島の喜作乃島大東寿司をいただきました。醤油ベースの特製のタレを、サワラに漬け込んだヅケの寿司です。ネタのサワラは新鮮で、ヅケが輝いていてさっぱりとした味わいです。この大東寿司は、毎日南大東島から直送されて来ています。だからこそ、新鮮なサワラをいただく事が出来ます。そして、シャリには、新潟産コシヒカリを使用と書いていました。文句なしのお米で作られたシャリは、少し甘味のあるスメシです。このサワラにぴったりのシャリです。大変美味しくいただく事が出来ました。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

空弁のショップは、JAL系の空港内のBLUE SKYショップで販売されています。もちろんANAの売店では販売されていないので注意して下さい。21・22番ゲートのショップのみでの限定販売となっています。是非、JALを利用の際は、特に、おすすめの喜作乃島大東寿司を買って飛行機で空弁してみて下さい。

イメージ 5

大好きな沖縄、あっと言う間に終わってしまった沖縄旅行でした。また機会があれば是非、沖縄に行ってみたいとすぐに思ってしまう自分がいました。


首里城公園

沖縄県那覇市首里金城町1丁目2番地

入場料
大人800円
小・中学生300円
高校生以上600円

開館時間
4月〜6月8:30〜19:30
7月〜9月8:30〜20:30
10月〜11月8:30〜19:30
12月〜3月8:30〜18:30


この記事に

こだわり手打ちうどん 山(香川県高松市庵治町)で、讃岐うどんのお昼ごはんの紹介です。

イメージ 5

讃岐うどん香川県訪問編として、前回はこだわり手打ちうどん山さんのかけうどんを紹介させていただきました。ここに来ると一杯では帰れません。今回は、続編としてぶっかけ(冷)とおでんを紹介させていただきます。

イメージ 7

イメージ 6

イメージ 8

それに8月22日(月)よる11時58分から毎日放送4チャンネル(関西圏)で痛快!明石家電視台と言う番組で、こだわり手打ちうどん山さんが紹介されます。是非、見て下さい。

イメージ 2


そして今回いたただきたのは、ぶっかけの冷です。

イメージ 3

冷たい讃岐うどんもおいしくいただきました。暑い日に、夏の景色を感じながらいただくのも最高です。

イメージ 4

イメージ 11

そしてサイドメニューのおでんをいただきました。大好きな2品の玉子と大根です。おでんはいつもかかせない2品です。おいしくいただきました。

イメージ 10

イメージ 1

かけうどんもおいしくいただきましたが、ぶっかけもおいしくいただきました。天ぷらが、ほとんど売切れ状態でしたので、おでんをいただきましたが、これもおいしくいただきました。この場所での営業が、10月23日(日)までとなっています。是非、行って見て下さい。それに本日、毎日放送の痛快!明石家電視台も忘れずに見て下さい。ごちそうさまでした。

イメージ 9

こだわり手打ちうどん

香川県高松市庵治町3681-1

11:00〜14:00


月曜 定休日


この記事に

全181ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事