もみの徒然珍道中〜YAHOOブログバージョン7.9〜

「昔の風景」以外コメ欄は閉じてます。ゲスブに書き込み頂ければ折り返し伺わせていただきます。無コメのファンポチは辞退してます。

全体表示

[ リスト ]

2月12日の昼(調度除雪のおかげで私が家に帰れなかったあと)にUHBでやっていた「16週・わずか4ヶ月私はお母さんだった…」をかみさんと二人で見て、号泣してた。
さすが松下由樹。ものの見事に引き込まれちゃった。
我が夫婦がこういう境遇だったら…と感情移入したら、涙が止まらなかった。
ワタシはまだもめてる件で、向井亜紀がお母さんでもいいのではないかと思うけど…。
なにはともあれ、得意技のWikipediaで掘り下げてみようと思う。



向井亜紀(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


★略歴

向井 亜紀(むかい あき、1964年11月3日 - )は日本の女優・タレント、所属事務所はEver Green Entertainment/高田道場

本名高田 亜紀(たかだ あき)、夫はプロレスラーの高田延彦。埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。夫婦共に無類の酒好き。

埼玉県立浦和第一女子高等学校(通称:浦和一女)を経て、日本女子大学家政学部家政理学2部生物系を中途退学。

父親は医師、母親は化学の高校教師で、実家は耳鼻科医院。

★来歴

埼玉県立浦和第一女子高等学校時代は新体操の選手だった。

ミスDJリクエストパレードでデビュー。アイドルとしてグラビア・写真集で活躍。トレンディードラマなどにも出演。1985年に「TVプレイバック」(フジテレビ系)のレギュラー回答者として出演。

1994年、プロレスラーの高田延彦と結婚。

2000年9月、妊娠発覚と同時に子宮頸がんが発見される。妊娠16週(妊娠5ヶ月)の時に妊娠継続をあきらめ、同年11月21日子宮全摘出手術を受ける。同年12月19日、病状報告会見を行い定期検診の大切さを涙ながらに訴え一躍時の人となる。この闘病に関しては著書「16週 あなたといた幸せな時間」(扶桑社 2001年)に詳しく、その内容は同題で漫画家折原みとのよるコミック化、フジテレビで向井亜紀役に松下由樹、夫・高田延彦役に加勢大周の配役でテレビドラマ化もされた(ワタシはこのドラマを見て号泣していた)。

2002年8月、「(夫である)高田の優秀な遺伝子を残したい」との理由で代理母出産依頼のためアメリカ・ネバダ州へ渡る。この8月、同年12月と2度、体外受精・代理母サンドラの胎内に入れ着床を試みるが失敗。自身のHPで「放射線治療の影響もあり卵子の質が落ちているらしい。第三者による卵子提供についても勉強をはじめようと思う。」と胸のうちを綴る。

翌年2003年、新薬による成果で「奇跡的に」卵子が3つ採卵でき、新しく組んだ代理母シンディの胎内に体外受精卵をいれ、うち2つの受精卵が着床成功。同年11月、代理母シンディの帝王切開出産により、双子の男児を授かる。この過程は著書「プロポーズ 私たちの子供を産んでください」(マガジンハウス 2002年)「会いたかった」(幻冬舎 2003年)に詳しい。また、一人目の代理母サンドラとの出会いから代理母シンディの帝王切開出産まで密着取材も行われ、ドキュメンタリーとして数回にわたりテレビ放映もされた。

代理出産に関しては、代理母本人の承諾を得ずに記事、写真掲載してはならない[プライバシーアウト]という法律がある。インターネット上の報道についても同様であるが、代理母シンディ夫妻は承諾のもと、ジャーナリストの大野和基氏のインタビューに答えている。内容はリンク先参照のこと。

代理母シンディは、向井亜紀の双子を出産してから3年後、「女性自身」2007年1月16・23日合併号でもインビューに答え、そこで再び日本人夫婦のために代理母になると明かした。

2004年1月15日、都内ホテルにで代理出産による双子誕生の報告会見を夫妻揃って行う。双子の実名も発表。(記者会見の時点で2人の子どもは、米国国籍を持ち、パスポートを取得して日本入り。)子供たちの戸籍に関しての質問に対して、向井は「アメリカ人であろうが、日本人であろうが、実の親子であろうが、養子であろうが、自分たちが親子であればそれでいい。紙の上のことは後付けでいい。本当の家族であることに変わりない。」と宣言し、父親である高田も「(法改正に)頑張ろうという気持ちはない。今あることが僕たちの家族のスタイル。」と答えた。

2004年1月22日、夫妻揃って東京都品川区役所に双子の出生届を提出。届は出産していない向井を「母親」とする「実子」とするもので、分娩(ぶんべん)者を母親とする日本の戸籍法の解釈から区役所側は法務省に判断を仰ぐとしてこの日は書類を受理せず、「預かり」の形となった。これに関し、向井は「すべてを(役所の)対応にまかせます。2人がすくすく育ってくれれば、(国籍や戸籍上の関係が)どうなろうと、家族が同じ地球の上に一緒にいることには変わりない」とインタビューに答えた。また子どもたちの国籍の取得に関しても「日本国籍を留保する」ことを選び、その理由として高田は「日本人の父または母の下に生まれた子供にある国籍の選択権を子供たちにまかせられるようにした」と説明した。向井も「海外で子供を産んで、アメリカ国籍を子供にプレゼントするのも案外流行していますから」と付け加えた。

2004年6月、双子の出生届は不受理に。法務省は「日本では産んだ女性が母親。向井さんを母とは認められない」と指摘。しかし、「日本国籍は認める。養子とする方法もある」などとして、子供の国籍は認め、かつ子を養子に入れることを薦め、向井らに出生の経過についての書類の提出を求めた。向井は5月13日に更新した自身のHPにおいて「担当官に今日も面談を拒否され、どんどん省庁不信になっていく今日このごろです。またまたひっどい発言があった」「いつか法務省とのやり取りを実名入りで 詳しくまとめて自費出版します。」などと不信感を露わにしたが、法務省側は「何度も担当が説明にもあがっている」とも話しており、両者の話には食い違いがある。

向井高田夫妻は出生届不受理決定を不服とし、東京家裁へ処分取り消しを申し立てるが、翌年2005年11月、東京家裁は申し立てを却下。向井側が東京高裁に即時抗告した。この理由について向井は自身のHPで「実母として認めてほしいとは言っていない。子どもたちに説明できる納得のいく(不受理の)理由を教えてほしいだけだ。」と語っている。

2004年7月25日、「妊娠・出産をめぐる自己決定権を支える会」の依頼で都内で講演。これを取材したTBSは深夜のニュースと翌26日早朝の「ウォッチ!」の中で計3回にわたって報道、講演内で向井が発言した「産みの親より育ての親」「分娩(ぶんべん)しただけの人が親といえるでしょうか」というコメントを取り上げた。オンエア後、この発言に批判が寄せられたため、向井は自身のホームページで「(発言は)前後の脈絡をまったく無視した編集によるもの」と説明、TBS側に抗議。同年7月27日づけ、自身のHPのダイアリーで、謝罪に訪れたTBS記者、その上司である部長の実名もHPで公表。この出来事に傷ついたとして同年8月2日、HPの休止を宣言。しかし、宣言後も数回にわたり書き込みの追加・更新を行う。

2004年8月、講演内容を真意とは違う意味にとれるように編集し放送され精神的ダメージを受けたとして、TBSに謝罪などを求めて東京地裁に名誉毀損に基づく損害賠償請求を提訴した。2005年12月27日、東京地裁はこの請求を棄却、向井側の一審敗訴となる。

2005年9月、新しく公式サイトとしてブログを立ち上げる。

2006年6月、知人のスポーツライターから聞いたという、サッカーワールドカップでの日本代表内での人間関係に関するウワサをブログで書いたため、「『また聞き』で一部選手をおもしろおかしく批判して楽しいのか」などと非難のコメントがつづきブログ炎上しかけるが、非難コメントの大半を削除し、以後通常通りブログを運営する。

向井は双子誕生直後は「自分たちをサンプルに」と発言していたが、その後、2006年8月18日付のブログ上にて「自分は既に代理出産の現場にはもう縁がなく、情報も古くなっているので一個人が見聞きしたことだけで物をいうのは控えたい」と述べている。同日付ブログへの批判コメントも、同じく大量に削除されている。

2006年9月29日、東京高裁は「子どもの福祉の観点」「米国の確定裁判を承認すべき」との理由により、品川区役所に出生届受理命令の判断を下す。同日、向井はこの判決について「区側が上告する可能性もあります」としながらも「嬉しい」との素直な気持ちを告白。

2006年10月6日、法務省は、上記東京高裁の判断について「我が国の従来の考え方と異なり、問題が残っている」「(法解釈では)出産した女性を母親とする」「議論を深める必要がある問題だ」として最高裁判所の判断が必要と不服申し立てをするよう品川区役所に指示。同月10日、品川区役所によって、高等裁判所の判例において判例違反及び法令解釈上、非常に重要な問題が含まれている場合に抗告の許可を求めて行われる、許可抗告が申し立てられた。これにより、代理出産により生まれた双子の出生届受理に関する結論は最高裁へ。

2006年現在、術後6年を経過したキャンサーサバイバーであり、尿意がないなどの後遺症とともに生きている。

2006年10月25日〜血尿の為入院。2005年の夏の検査からクラス4の陽性ガンの数値も出ていたため、右腎臓摘出手術を受ける。右尿管にいれていたステントの癒着が酷く、大腿部からの血管移植など10時間に及ぶ大手術となった。同年11月11日退院。自宅療養後、同年12月3日、カラオケ大会の審査員をする自身役で、声優をつとめた映画「ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!」完成披露試写会で仕事復帰を果たす。


★出演

・テレビドラマ
世にも奇妙な物語 『通勤電車』(1991年、フジテレビ系)
「親愛なる者へ」1992年 脚本:野沢尚、出演:浅野ゆう子、柳葉敏郎、佐藤浩市、向井亜紀

・映画
「映画ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!」(2006年)本人役で特別出演。

・Vシネマ
「ダイハードエンジェルス 危険に抱かれた女たち」(1991年)出演:秋本奈緒美、向井亜紀、桜樹ルイ、星遥子、飯島直子
「ダイハードエンジェルズ2」監督: 沢田アーサー貢 出演: 秋本奈緒美. 飯島直子. 向井亜希. 桜木ルイ

・書籍
「16週 あなたといた幸せな時間」(ISBN 459403084X)
「プロポーズ 私たちの子どもを産んでください。」(ISBN 4838714084)
「会いたかった 代理母出産という選択」(ISBN 4344004558)
「おしゃべりなからだたち 向井亜紀式交友録」(ISBN 4575291366)

・写真集
「褐色のままで」1988年(ISBN 4847020693) 谷口 征撮影/出版:ワニブックス
「向井亜紀 Memories」1989年(ISBN 4764815699) 鯨井 康雄撮影/出版:近代映画社


★もみの一言

多分普通の夫婦はここまでがんばれないと思う。
金銭面でも執念でも。
すごい行程を踏んできているからね。
さっきも書いたけど、松下由樹の「自分の体はどうなってもいいから子供を産みたい」と家族や医師に必死に訴える演技はすごかった。
鬼気迫る演技だった。

それにしても、桜木ルイって、久しぶりに見たなぁ…。
今何やってるんだろう?

閉じる コメント(4)

顔アイコン

「桜木ルイ」で反応してしまった!!なんか学生の頃を思い出してしまったとです・・・。

2007/2/20(火) 午前 11:58 [ gakkun ]

>gakkunさま オレ○ジ通信とか、アッ○ル通信とか、ザ・ベ○トとか、アク○ョンカメラとか、デラべっ○んの時代だよね…(笑)。

2007/2/20(火) 午後 4:30 もみひこ

顔アイコン

あれ??向井亜紀って女優でしたっけ?? 宇宙飛行士じゃなかったでした?? ...誰かとごっちゃになっております。w

2007/2/21(水) 午前 2:04 [ 姫苺 ]

>姫苺さま それは向井千秋だね。確かにややこしい…。女優でタレントで日本人宇宙飛行士だったらものすごい人だ…(笑)。

2007/2/22(木) 午前 11:10 もみひこ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事