日常日記

是非御覧になってください^^

全体表示

[ リスト ]

オサートっていう視力回復方法知ってます?最近ではテレビなどでも取り上げられているようで、少し有名になってきているみたいです。オサートとは簡単にいうと、寝るときに専用のコンタクトレンズとつけておくと、視力が回復するという魔法のような視力回復方法なのです。オルソケラトロジーという方法が進化したものがオサートなのです。


さて、ここではっきり言っておきますが、私は眼科医でも、また視力回復方法に詳しいわけでもありません。レーシック手術を受けようか、オサートにしようか迷っている、ただの近眼のおっさんです。でも、私は仕事で目を使うので、視力回復は死活問題です。ですので、視力回復方法にはいろいろありますが、まずはレーシックとオサートに絞った上で、本気で調べました。同じような境遇の方の参考になれば嬉しい限りです。


レーシック手術は日本でも視力回復の1つの方法としてメジャーな存在となってきましたが、目の手術というだけで怖いと思う人も多いでしょう。しかし、オサートならば、手術をすることなく視力回復ができます。また、レーシックは子供やご年配の方には向いていないといわれているようですが、オサートであれば、お子さんや年配の方でも問題なくできる視力回復方法のようです。


オサートで使う視力矯正用のコンタクトレンズは、一人一人の角膜に合わせたオリジナルのレンズを使用するようです。強度近視や乱視・遠視にも効果があるそうです。三井メディカルクリニックでオサートによる視力回復を実施しています。日本では、2008年6月現在ではここだけのようです。


オサートの歴史ですが、日本では2000年から実施されているようです。すでに5千人以上の方が実践されたらしいです。レーシックは最近では技術が進歩していて、合併症になるケースは減っているようですが、確率はゼロとはいえません。オサートならば手術をしない方法なので合併症の不安はありません。しかし、ドライアイの強い人など、オサートには向いていないという人もいるようです。


オサートは、最初はテストでレンズを試しに着けてみて、オサートが受けられるかどうかや、効果などを調べるようです。また、実施後も定期的に通院することが必要となります。でもそれほど頻繁な通院は必要なく、始めたばかりでも月に1度程度のようです。時間の経過とともに通う頻度は少なくて済みます。夜寝るときに毎日装着するようにすれば、昼にコンタクトレンズやめがねが必要なくなります。


気になる費用ですが、レーシックと比較すると若干高くなっています。片目で約30万円、両目で約40万円からです。オサートではなくオルソケラジーであれば、これよりも安く済みます。
とあるサイトの抜粋です
 
極度の近視の私にとっては
 
かなり興味のある事柄でした
 
あなたならレーシックですか?オサートですか?
 
目がよくなるならどっちでもいい
 
とゆうのが私の意見です
 
 

 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事