ここから本文です

曽田博久のブログ

書庫全体表示

「給料は払えん」

電話を切ると、師匠が振り返り、
「…と、言う訳で、給料は払えん。年は越せるか」
会話の内容は返済を待って欲しいと言うものであったから、お金に忙しい人なんだと思ってはいたが、その時は深刻に考えていなくて、
「いいですよ。有馬記念で儲けた金がありますから」と、イキがってしまった。
弟子入りする前に、2000円の全財産を有馬記念に投じていた。忘れもしない。
スピードシンボリの単勝1000円、スピードシンボリとアカネテンリュウの1点(まだ枠連しかない時代)に1000円。見事的中して、財布には1万数千円はあった。
弟子になって、働いたのも数日であるから、金をくれなんてケチな事は言えない。いい勉強になったと思えばいいのだからと、妙な男気を見せてしまったのである。
ところが、年が明け、アパートを借りて、一人暮らしを始めたのに、1月も2月も払ってくれない。その頃になって、ようやく事情が分かって来た。
いつかは知らないが、離婚して豪邸を処分したらしい。だから巨匠にしてはそぐわない2DKのマンションに住んでいるのかと。しかし、身の回りの世話をする若い女性と同居し、運転手が毎日クラウンで通って来る。
聞けば運転手は私と同年齢で豪邸時代から働いていて、この一年は無給だと言う。
ここにも無給がいたのかと私は仰天した。
「あいつが無給で頑張ってくれているから、お前も頑張ってくれ。金が入ったら払うから」
だが、お金が入っても、私と運転手まで回って来たことはなかった。運転手のNさんもとってもいい奴で、言いたいこともあるだろうに、ぼやけば悪口になることが分かっていたから、二人とも口には出さず、お互いに顔を見合わせては苦笑いするだけであった。
じゃあ、どうしてやめなかったのかと言われると、他にも理由があるが、現実問題としてやめても行き場がなかったのである。大学時代は工学部にいて、ある日突然全く畑違いの場所に来た私には映画関係のつてはなく、シナリオ学校を出てもどうすればライターになれるのか見当もつかなかったのである。だから弟子と言う言葉に飛びついたのだ。
私は腹をくくった。
(ま、いいか。これくらいの苦労をしてみるのも。なんとかなるだろう)










この記事に

  • 顔アイコン

    細かいことを言って申し訳ないのですが、馬券について、異議があります。実は私もこの有馬記念の馬券を買っていますが、スピードシンボリの単勝がいくらついたかの記憶はありませんが、枠連は4000円台だったと思います。私は、アカネテンリュウから4点流しでとりました。ただしバラ券なのでたいしたことはないのです。曽田さんは1点でとったとか、すごいですよね。「財布に1万数千円」とありますが、余計なことに使っていなければ、「4万数千円」のはずです。
    あまりの懐かしさに、ついつい余計なことを書きました。

    [ mot***** ]

    2016/11/25(金) 午後 11:52

    返信する
  • 顔アイコン

    私が正しい。ネットで確認。単勝630円。枠連750円でした。別な年の有馬記念と混同しているのでは。> mot*****さん

    [ 曽田博久のブログ ]

    2016/11/26(土) 午後 2:37

    返信する
  • 顔アイコン

    そうでした。シンボリとアカテンは2年連続1着、2着で、私が言ったのは前の年の配当でした。この750円もとるにはとりましたが、前の年の方がインパクトが強くて忘れていました。

    [ mot***** ]

    2016/11/26(土) 午後 4:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事