女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 松坂がアメリカに行って帰ってきました。ボストンレッドソックスとの交渉人となったボラス氏と会うためにロスアンゼルスに行ったものです。そしてボラス氏からプレゼントとして松坂の好きなNBAのバスケットの試合をVIP席で見て非常に感激していたようです。

 それが日本ではもちろんアメリカでもニュースになるのですから、今や時の人ですね。日本のテレビ局まで向こうでは撮られていますよ。そのうえにロスアンゼルスまでレッドソックスの幹部がわざわざ勢揃いして来たというのですから、それもまた驚きです。

 アメリカでは交渉中やそれ以前の選手に会うという習慣はありません。それにまだ松坂は入団も決定していません。アメリカでは新人と言ってもいいでしょう。来年は新人王の資格もあるのですから、それは当然です。それなのにその選手にオーナーとその共同オーナー、GMと球団社長、そして監督その全員が松坂に会うためにボストンから数千キロをロスまで来たというのですから、マスコミは非常に珍しいことと言っていますが、そうではなく全く初めてのことと言っていいでしょう。

 それだけ期待されているのです。彼らが5,111万ドル1、111ドル11セント(ここまでが正式な数字だったということです)出したことが本気だったということがよく分かります。もちろん我々庶民の感覚からすればすごい数字というよりも、想像がつかない数字です。しかしもうほとんど元は取ったということです。

 まずは一室2,500万円という年間契約のお部屋を一気に1,000万円値上げしてそれを今までは2年契約でしたが10年契約にしたそうです。その予約が殺到しているそうです。ということはその値上げ分だけでなんと40億円が入るのです。その他に球場の看板広告や、日本への放映権それだけで60億円は元が取れちゃうそうです。

 そのうえに新たなグッズや、他のものを考えると以外に安いものだったのかもしれません。もちろんレッドソックスはそんなことは百も承知で金額を出したのでしょう。しかし一番興味があるのは来年の松坂はどんな活躍をするかということでしょう。私の予想は18章です。ケガがなければ十分達成できるでしょう。楽しみにしていましょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事