女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]

 公開中の織田裕二主演の映画「椿三十郎」。製作総指揮の角川春樹氏は「興行収入は40億から60億円」とぶち上げたというが、現状は期待ほど入らず。春樹氏は、同じ時代劇でキムタクこと木村拓哉主演の「武士の一分」の興収40億円をかなり意識しているようだが、どうやら織田様のキムタク越えは厳しそうだ。

 同作品は黒澤明監督・三船敏郎主演の名作を45年ぶりにリメーク。織田にとって初の時代劇となった。
 「ヒットすれば、今年の映画賞は、興収80億円の『HERO』で今年の邦画ナンバーワンとなったキムタクと織田のガチンコ対決か、と思われていましたが、キムタクの圧勝。キムタクが映画賞を総なめしそうです」(映画ライター)
 台本は45年前のものをそのまま使っているというが、逆にそれが敗因になったという声もある。
 「45年前の作品を知らない人は、織田といえば、『踊る大捜査線』の青島刑事のイメージ。織田は会見などで、『自分らしく演じた』と話していますが、逆にそうやって三船を意識しすぎたんでしょう」(同)

 気になる演技の方だが、織田らしさが出し切れていないという。
 「テンションは高めですが、『世界陸上』の時のようなはじけっぷりがなく、何か窮屈な感じ。やはり、織田に時代劇は似合わない」(同)

 同作の製作にかかわっているテレビ朝日は連日PRを続け、織田は先日放送された「スマステ」に出演。ところが、PRするどころか、印象を悪くしたようだ。

 「キムタクと同じSMAPを意識したわけでなないでしょうが、司会の香取慎吾に対して完全に上から目線。和気あいあいでトークすればいいのに、『現場で、いろいろメモした台本盗まれた』と暴露するなど言いたい放題。生放送に織田を出すのはデンジャラスかも」(テレビ朝日関係者)

 今年デビュー20周年を迎えたにもかかわらず、渾身の記念作がふるわなかった織田。これで今後が厳しい状況になりそうだという。
 「今までは『踊る』シリーズの貯金で、陰で“織田様”と呼ばれるように、自由に振る舞ってきましたが、今年は主演したTBS系ドラマ『冗談じゃない』もたいした数字は取れなかった。一部では『踊る』の3作目の製作が始動した、と報じられていますが、3作目の撮影に専念し、邦画史上空前のヒットを記録した『踊る』の2作目を越えるヒットを狙うしかありません」(映画関係者)

 来年の巻き返しが見ものだが、「プライベートでは最近、全く浮いた話が出てませんが、阿部寛のように電撃結婚がありえるかも」(同)という声も。今後の織田に注目だ。

閉じる コメント(1)

角川^岩波^新潮文庫旺盛でしたが角川スタッフ後代者は現代ITメデアにも台頭するやり手!

2007/12/7(金) 午後 0:45 [ websirubaamasutaa ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事