女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]


 インスタント物は 
 
 あまり食べない方ですが

 それでも、このペヤングは

 時々食べたくなります。

 これだけ、販売されていないと

 好きな人には 禁断症状が出かねないでしょう。

 どのくらい売れるか 心配しているようですが

 それどころか 商品不足が起きると思います。

イメージ 1

イメージ 2


 2014年12月に購入者の指摘によりゴキブリの混入が判明し、半年間にわたって製造・販売休止に追い込まれていたカップ麺「ペヤングソースやきそば」が今年6月上旬にも販売再開されることになった。

同製品を製造するまるか食品(群馬県伊勢崎市)は、指摘を受けた当初は「製造過程で混入することは考えられない」と強調。しかし1週間たって「製造過程での混入の可能性を否定できない」と一転して自社の責任を認め、全工場の製造中止と販売休止を発表。工場設備の刷新と改修に着手した。

工場のすき間を塞ぎ、密閉性を高める

具体的には、すべてのすき間を塞ぐためにひび割れ部分を補修。古い床や壁面などの表面を剥がし、油汚れに強くおうとつのない素材を使用することで、清潔感の向上に努めた。

また「ゼロからのスタート」と位置づけて、従業員教育を徹底。工場への出入り方法やトイレ休憩の仕方など細かくマニュアルを見直したという。

返品対応や設備刷新費用は数十億円規模にまで膨らんだもよう。売り上げ130億円規模(流通を担う子会社のまるか商事ベース)の同社にとっては痛い出費だが、これまでの利益の積み上げにより、銀行借り入れに頼ることなく手元資金でまかなったという。

 生まれ変わった「新ペヤング」は、異物の混入を防ぐため、フタはシールで密閉する容器に変更。混入前は多くの種類があったが、当面は主力の「ペヤングソースやきそば」のみを製造する。まず6月に首都圏で販売を初め、徐々にエリアを拡大させていくことを目指している。

ゴキブリ混入発覚前の製造能力は1日40万食で、再開後もそれは変わらない。販売休止中の半年間の売り上げは当然ゼロ。今後の売り上げ見通しについて、「消費者にどの程度受け入れて頂けるか見当がつかない」(広報担当)という。

ネットオークションでは高値入札も

昨年の混入発覚後は、自社の責任を当初否定したまるか食品の初動対応に批判が殺到した。一方で、店頭から消えた「ペヤング」がネットオークションに出品されると、根強いファンが高値で入札。「ヤミ米」をもじって「ヤミペヤング」という言葉がネット上で飛び交う現象も起きた。

まるか食品は、ゴキブリ混入経路の解明などの調査を進めてきたが、実は今に至っても原因を特定できていない。リスクを減少させるべく考えられる対策は打ったものの、懸念は残されたままだ。販売再開後、はたして消費者はどう反応するのだろうか。

閉じる コメント(1)

大丈夫なのでしょうかあ

2015/4/13(月) 午後 8:01 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事