女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]


 最近は不倫 何又問題など

 話題になっていますが、

 まさか、そこにこの乙武氏が

 参入するとは思っていませんでした。

 それにしても、5人との不倫って・・・・

 狩野英孝が 誰から構わず

 やり捲っている それを聞いた

 気持ち悪くなりましたが

 申し訳ないですが

 それに比しても負けず劣らず

 気持ち悪い!!!!!!

 狩野のケースでは 本命とか

 言っていましたが 5人以上と付き合っているなら

 本命なんてあるはずがないでしょう。

 ただ、やれる相手ならだれでもいいというのが

 その結果だとなぜ気が付かないのか

 不思議です。

 私たちは 彼の身体で それ程のことが

 行われているというイメージが

 全くありませんでした。

 また、奥様の対応は素早く

 見事に火消しに回っています。

 ただ、そのやり方は 完全に

 政治家のそれですね。

 この事によって 彼の出馬は

 確定しました。

 ただ、イメージのダウンは避けられないでしょう。 


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 週刊新潮に自身の不倫を報じられた作家の乙武洋匡氏(39)が24日、公式ブログでコメントを掲載、妻である仁美さんのコメントも掲載された。

 ブログには「報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、決して許されるものではありません」と、全面的に報道を認め謝罪。

 そして、「以前より、妻には私のこれまでの行いを打ち明け、話し合いをしておりました」と、報道前から、仁美さんは、乙武氏の不倫を知っていたようで、その上で「一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました」と、乙武氏の不貞を許してくれたことも明かした。

 「『夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい』と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています」ともつづり、二度と同じ過ちは犯さないと約束した。

 また仁美さんも「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」とつづり、夫の騒動を謝罪した。

 週刊新潮の報道によると、昨年12月から年始にかけて20代後半の女性とフランス、チュニジアを旅行。乙武氏も「3、4年前からのお付き合い」と不倫を認め、過去5人の女性との不倫も告白している。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

本人は、エロ系に方向転換したかったのかも・・・奥さんが阻止?

2016/3/27(日) 午前 3:29 [ まさ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事