女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]


 なぜ、フランス企業に逆転されたのか

 表向きは スクリュー式では無く

 ジェット式だから 負けたという事に

 なっている。

 しかし、実は このタイプの潜水艦を

 フランス企業は作ったことが無い

 まあ今までの 経験から

 図面上は出来るという事である。

 それに負けたというのは 

 当然、政治的な 関連である。

 親日であった前政権が倒れ

 現政権は 親中国である。

 マルコム・ターンブル新首相の長男は

 中国共産党の 党員の娘と結婚している

 ターンブル首相は 現共産党員と 

 縁戚関係があるのだ

当然中国に逆らえるわけもない。

 それを首相に選んだのは豪州人である。
 そして、落ち目のオーストラリア経済も

 中国に救ってもらもうという魂胆である。

 豪州最大の農場地の売買も

 間もなく決定する。

 この広さは何と 豪州の1%にあたる

 広大な広さである。

 そしてアメリカの使っている軍港のお隣に

 何と、中国企業に 99年間

 借用を認めたのである。

 1世紀の間 貸してしまったら

 もしかして、アメリカ軍艦の隣に

 中国艦が待機する!!!

 日本以上にアメリカは

 完全に 豪州に裏切られた

 と 考えている。

 今回の潜水艦選定でも

 アメリカは日本製を推奨している。

 悉くアメリカの意思は無視されてしまった。

 この潜水艦は 中国の海洋進出に

 歯止めをかけるために 戦闘力の無くなった

 自国の潜水艦を 輸入し

 対抗するはずであった。

 なぜか、それが中国の前に

 経済を支配され

 軍港、土地、そして

 軍備まで 指示される

 こうして豪州は落ちていく。

 日本はすでに豪州からは

 大事な輸出国ではないという事を

 肝に銘じるべきである。

 自分たちの輸出を有利にするために

 捕鯨反対をして オージービーフは

 世界一などと言っている。

 クジラを殺すのは 残酷と言っている彼らは

 コアラやカンガルーを 殺戮して

 肉として販売しているのである。

 そんな、豪州をまともな

 同盟国と考える方が

 危険極まりない!!! 

イメージ 1

イメージ 2

 [シドニー/東京 26日 ロイター] - 400億ドルに上るオーストラリアの次期潜水艦をめぐる受注競争は26日、フランスに軍配が上がった。軍事力強化を進める安倍晋三首相のもと、対豪関係の強化と初の大型武器輸出を目指した日本は敗れた。
豪ターンブル首相は26日、造船産業が集積する南オーストラリア州アデレードで会見し、「フランスの提案が、豪州が求める要件を最も満たしていた」と発表し。「次期潜水艦の選定委員会、国防省、専門家による検討結果は明確だった」と述べた。
アジア大平洋地域で中国が台頭する中、豪州は自国の戦略的、経済的利益を保護するため国防費を増やしている。6隻を保有する潜水艦も2030年ごろに世代交代し、最大12隻まで増強する予定で、豪政府は共同開発相手を求めていた。
豪政府は当初、要求性能に近い潜水艦を保有している日本とのみ協議し、日本国内で建造することを検討してきた。日本側も、中国の影響力が増す中、潜水艦の共同開発を通して豪州との防衛協力を強める観点から交渉を進めた。
しかし景気が減速し豪州では当時のアボット首相の支持率が低下。日本と組むと国内経済と雇用にメリットがないとの反発が強まり、昨年2月にドイツとフランスを含めた入札に切り替えた。
入札には日本の防衛省・三菱重工業(7011.T)・川崎重工業(7012.T)で作る官民連合と、仏政府系造船企業のDCNS、ドイツのティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)が参加した。日本が最有力とみられていたが、武器の国際共同開発の経験が乏しいこと、豪国内で建造することに途中まで消極的だったことで、競合にリードを許した。
今回の選定結果を受け、中谷元防衛相は記者団に「たいへん残念に思う。豪側に説明を求め、その結果をしっかり今後の業務に反映したい」と語った。TKMSのアツポディエン会長は「豪海軍の能力向上にいつでも手を貸す用意がある」とのコメントを発表した。
DCNSは5000トンの原子力潜水艦「バラクーダ級」の動力をディーゼルに変更した艦を、日本は海上自衛隊が運用する4000トンの「そうりゅう型」をベースにした艦を、ティッセンクルップは2000トン級の「214型」を大型化することを提案していた。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

潜水艦の輸出商談壊れて幸いであるよ。

豪に輸出すれば最高機密の技術ノウハウが中国に筒抜けになってしまうのが明曰です。

豪州の首相の息子の嫁が中国の要人の親戚とか、そんな危ないところに長年苦労して築きあげた最高機密のノウハウを盗られるよりも破談になってよかったよ。

2016/4/29(金) 午前 10:45 [ sho***** ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事