女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]


 裁判所は何を考えているのか

 保釈中にも犯罪を犯している

 こんな輩になぜか 7年の

 求刑に対して 4年6か月??

 裁判官って これほど世間の

 常識からずれているのか

 かれが 4年6か月後に

 出てきて、また強姦事件を

 犯したら、この裁判官は

 どう責任をとるのか

 まあ、、仕方がない。。。。

 で終わるんでしょうね。

 その上にこの裁判官たちは

 保釈中にも事件を

 起こさせたという このことにも

 責任を取るべきです。

 こういう裁判官ばかりだから

 裁判員制度も出来たのに

 それを悉く 無視した 判決ばかり

 裁判官制度を廃止してもいいんじゃないかな。

 少なくとも、再犯したケースでは

 責任を取るべきです。

 彼が30・31歳で世の中に

 出てきたら。。。想像しただけで

 怖ろしい。。。。。

イメージ 1


 連続強姦(ごうかん)致傷事件で懲役9年の実刑判決を受けて控訴中に保釈され、その約2週間後に再び女性に暴行したとして、強姦と監禁の罪に問われた無職永井優輝被告(27)に対し、東京地裁は21日、懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を言い渡した。

 大川隆男裁判長は「強姦致傷事件の控訴中に犯行に及んでおり、性犯罪に対する抵抗心が弱く、順法精神も低下している」と述べた。

 永井被告は昨年1月29日、大阪市内の自宅で20歳代の女性3人に乱暴したとして、大阪地裁の裁判員裁判で懲役9年の判決を言い渡された。被告側が控訴して保釈請求し、同地裁が同年2月1日、保釈を許可。東京地裁判決によると、永井被告は2週間後の同月15日、東京都新宿区のホテル客室に女性(当時22歳)を誘い込み、乱暴した。

 大阪の事件はその後、控訴や上告が棄却され、1審判決が確定した。東京の事件の判決が確定した場合、大阪の事件の刑期と合算されて執行される。

 東京の事件で弁護側は「女性と合意があった。強姦も監禁もしていない」と無罪を主張。判決は、強姦罪について、女性が交際相手に助けを求めるメッセージを送信していたことなどから、合意はなかったと判断。一方、監禁罪については、「威圧的言動はなかった」として成立を否定した。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事