女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 まあ、朝日新聞には

 良心はありません。

 彼らの中には 自分たちを

 どう正当化するかという事だけで

 それだけで生きている。

 早くこんな会社亡くなってしまえばいいのに!!


イメージ 1


 私も呼びかけ人の「放送法遵守を求める視聴者の会」は13日、読売新聞に意見広告を掲載し、15日に記者会見を行った。

 以前も書いたが、われわれはテレビ局やラジオ局という「公共の電波を利用する放送事業者」に対し、放送法第4条という「法律の遵守」を求めているだけなのだが、なぜか放送法とは無関係な日刊ゲンダイなどから理不尽な批判を受ける。

 批判者は大抵、「放送法4条は倫理規定だから守らなくていい」という。自らの順法・倫理意識の低さを公言してはばからない、大胆さと潔さは認める。

 第4条遵守が「報道の萎縮を招く」と訴える人もいる。慶應義塾大学の小林節名誉教授は「事後検閲につながり、政権批判ができなくなる」という。

 「憲法第9条があるから他国は日本を攻められない」という主張と同様、愚にも付かない論理の飛躍だが、「偉い人」が主張すると、論理的思考が苦手で権威に依存する人は、簡単に納得してしまう。

 日本のメディアは「自分たちは愚かな国民を誘導すべき存在である」と考えているようだ。だから、各社の主義主張に合うように、報じる情報を制御統制し、少数派を多数派に見せるような「印象操作」も行う。

 彼らが本当に恐れているのは、「知らせたくない事実を報じなければならない事態」と、「嘘を真実のように報じることができなくなる事態」の2つだと、私は考えている。

 民主主義国家として「完全な誤り」であるこのメディアの姿勢は、米国の戦後の占領政策がきっかけだ。

 日本国憲法第21条2項に「検閲の禁止」を盛り込んだGHQ(連合国軍総司令部)は条文と裏腹に、報道禁止30項目のプレスコードを定めて、大々的な検閲を秘密裏に行い、報道内容を厳しく管理した。

 原爆投下などで米国を批判した朝日新聞は2日間の発行停止命令を受けた。すべてのメディアがGHQを恐れ、「自己検閲」を強化した。

 加えて、GHQは「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」という、日本人に先の戦争への罪悪感を植え付ける政策で、メディアに「虚偽報道」を行わせた。代表例はNHKラジオが「真相はこうだ」で南京大虐殺を報じた件である。

 占領終了から63年が経過した現在も、日本のメディアでは「誘導」「印象操作」「自己検閲」「虚偽報道」が続いている。

 ちなみに、今回の意見広告は当初、朝日新聞に掲載を要請した。役員会などで2週間ほど検討されたそうだが、結局掲載は実現しなかった。朝日読者の「知る権利」は優先順位が低いらしい。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。自著・共著に『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(PHP研究所)、『危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告』(産経新聞出版)など。

 もちろん 投資の世界では

 知らない人がいないほどの

 有名人ですが、それでも

 中国が騒ぐのもどうかと思います。

 ただ、それだけ 彼の言動が

 中国にとって 共産党にとって

 無視が出来ない 存在なのでしょう。

 逆にそれを示してしまっています。

 それだけ 中国の経済が

 せっぱつまっていることを証明してしまっている皮肉。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 北京による著名為替投機家、ジョージ・ソロス氏への非難が止まらない。

 発端はこうだ。1月21日、スイスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席したソロス氏がテレビでのインタビューで「中国のハードランディングは不可避だ。実際に目にしていることだ」と言い、人民元や香港ドルの暴落を見越した空売りをほのめかせた。

 これに対し、23日に国営の新華社が非難の烽火(のろし)を上げると、党支配下にあるメディアが競い合うように批判の大合唱である。人民日報の海外版は「中国を空売りする者は必ず敗れる」と論評し、「ソロスは視力障害」(新華社)「でたらめ」(人民日報海外版)と罵倒。

 国家発展改革委員会トップが「中国経済ハードランディング論」をこきおろし、中国人民銀行の周小川総裁は「投機筋には(為替)市場のムードを主導させない」「中国は世界最大の外貨準備を保有している」「国境を越えた資本移動は正常の範囲内にあり、人民元の下落が長く続く基礎はない」と語った。

 ここで、読者は不思議に思わないだろうか。ソロス氏のような海千山千の投機家で、しかも海外にいる外国人にとってみれば、まるで、何かに脅えた負け犬の遠吠えのようで、何の痛痒(つうよう)も感じないはずだ。策略にたけた党官僚なら、そのばからしさ加減はわかりそうなものだと。

 ソロス自身、弱点がある。人民元投機の足がかりを中国国内に持っているわけではない。海外で元投機を狙うと報じられているヘッジファンドも肝心の元という弾薬を仕込んでいるわけではない。為替投機というのは、投機対象の通貨建ての資産、例えば株や国債などの債券、あるいは銀行融資など資金提供のルートがなければ、事実上不可能だ。

 国際金融市場の香港には元資金入手のルートはあるだろうが、香港当局は北京の命令で対抗策をとるだろう。現に、ソロス氏は1998年に香港ドル暴落をしかけたが、香港当局はソロス氏が空売りをもくろんだ株式を大幅につり上げて大打撃を与え、ソロス氏を惨敗、撤退させた。

 そう、北京がだれに向かって吠えているか、答えははっきりしている。相手は習近平党総書記・国家主席にとっての獅子身中の虫である。

 事実、ソロス氏のもとに駆け寄ろうとする資金提供者は中国国有企業幹部や富裕層など、多くが中国人投資家である。これらの多くは、習政権の監視が及ばない江沢民元総書記グループの企業や既得権者たちだ。ファンドは資金規模が大きくなればなるほど、投機の威力を増す。外貨準備が巨額というが、加速する資本流出とともに雲散霧消する恐れがある。北京はとにかく、内に向かって吠え続けるしかないのだ。 

 
 清原容疑者の次は 

 葉山町町議ですか 将来的には 国政に出るつもりだったようです。 その足掛かりが 江田憲司の公設秘書だった あらら、江田さん何の対応もありませんが どうしたのでしょう。いつも得意げに訳の分からない事をおっしゃっていますが こんな大事な時に無視ですか。









 覚せい剤所持の疑いで逮捕された、神奈川・葉山町の町議会議員。異様な行動が目撃されていた。

マスクで顔を覆い、一瞬、カメラへと視線を向け、歩く男。
18日、身柄を検察へと送られたのは、かつて選挙でトップ当選を果たした、神奈川・葉山町の町議会議員、細川慎一容疑者。

葉山町議会で2015年12月、細川容疑者は「当たり前に守らなくてはいけない法律だから、1つ1つ教えていただきたい」と話していた。

逮捕容疑は、覚せい剤所持。

議会の様子を記録した映像には、細川容疑者の異様な行動が記録されていた。

演説会のチラシには「大切な家族愛する葉山、その未来を真剣に選ぶ」と書かれていた。

2015年4月、町議会選挙に立候補した際には、演説会のチラシに、妻と幼い子どもとの写真を載せ、若さと家族思いをアピール。
新人ながら、最年少トップ当選を果たした。

葉山町民は「エネルギーがある方だったので、とても応援していた」と話した。

16日、横浜市で現行犯逮捕された際には、「覚せ
い剤と注射器を入れたのは警察だ」と話していた細川容疑者。

その後、取材で警察が捜査していた密売人の携帯電話から細川容疑者が浮上し、この密売人に週1回のペースで連絡を入れていたことが判明。

いつから、覚せい剤に手を染めていたのか。
議会の様子を記録した映像には、細川容疑者の数々の異様な行動が映っていた。

葉山町議会で2015年12月、細川容疑者は、「例えば、その住居手当...だとかは...」、「その住居手当...に関しては...」と話していた。

答弁中にもかかわらず目を閉じ、ふらつく細川容疑者。
言葉が出なくなる場面も何度も見られた。

当選直後から、議会では、細川容疑者の行動が、度々問題になっていたという。

葉山町議会・近藤昇一議長は「第3回定例会に登庁しなかった、これは無断で。12月6日に全員協議会がありました、これも無断遅刻で。3度目が、新春の集いに無断欠勤。『どうしたんだ?』と言ったら、『これから出ます。時間を間違えていた』と」と話した。

初当選から1年もたたないうちに、議会や行事などを遅刻やドタキャン。

さらに、同僚議員からは、こんな指摘もあった。
葉山町議会・山田由美議員は「(議会中に)眠くなって、ちょっとうたた寝するということはありえますが、かなり本格的に、本会議中に眠っておりましたので」と話した。

細川容疑者の奇行について、知人も「いきなり電話がかかってきて、『お前、俺の名前使っているんだって』と急に言われましたけど。実際は全然そんなことはないし。『もうお前と縁切るから、もう会ってもあいさつしないし、連絡もしないから』みたいな感じで。強い口調で言われましたけど」と話した。

細川容疑者は、取り調べの中で採尿検査を拒否していて、「警察は信用できない」と供述しているという。

葉山町の有権者は、「とんでもない話だよ。許せませんね」、「清原容疑者の連チャンだったので、びっくりしました」などと話した。

警察は、以前から密売人と連絡を取り、覚せい剤を入手していた可能性が高いとみて調べている。


 馬鹿というのを超えていますね。

 国会議員としては当然ですが

 人としてのレベルが 達していない。

 その言い訳が 

 「発言しているときは全然気がつかなかったが、

 いろいろ考えてみると誤解を

与えるところがあった。

 大変申し訳ない」。。。情けない

 
 こんなもので 弁護士になれて

 
 国会議員になってしまう。

 
 どうも今の日本のシステムは

 
 間違いがあるようです。

 不倫議員 宮崎謙介  は辞めましたが

「歯舞」群島を読めなかった島尻安伊子沖縄・北方担当相、

 東京電力福島第1原発事故後に定めた除染などの長期目標を

「何の科学的根拠もない」と発言した丸川珠代環境相

 湿原の域を超えていますよね。

 その辺のおじちゃんおばちゃんの発言と

 変わらないって・・・・・

 これって 国会議員にふさわしくないのは

 誰でも分かりますが

 それは 人数が多すぎるからじゃないのかな

 議員定数も訳の分からない理屈で

 削減を 避ける

 この人たちは いらない!!!!
  
イメージ 1


 自民党の丸山和也法務部会長(70)が17日の参院憲法審査会

で大失言を連発した。「日本が米国の51番目の州になること

に、憲法上どのような問題があるのか」などと国家の独立を否定

するような発言をした後、米オバマ大統領について「今、米国は

黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷です

よ」と人種差別的な言葉を発した。不倫で議員辞職した宮崎謙介

前衆院議員(35)に続いて、自民党議員の暴走が止まらない。

 「二院制の在り方」についての参考人質疑で意見陳述を求められ
た丸山氏がしたり顔で発したのは、信じ難い失言の数々だった。

 「例えば、日本が米国の51番目の州になることに、憲法上どの
ような問題があるのか。(米国の州になれば)集団的自衛権、
(日米)安全保障条約は全く問題ない。拉致問題すら起こっていな
いだろう」
 日本の国家としての独立を否定し、米国の一部に組み込まれれば
多くの問題が解決するかのような発言を放った後、持論を展開し
た。

 「米国の制度にあれば、人口で下院議員の数が決まる。おそら
く『日本州』は最大の下院議員選出数を持つ。世界の中の日本とい
うけど、日本州出身が米大統領になる可能性が出てくる。というこ
とは世界の中心で行動できる」
 極めつきは、オバマ大統領に対する発言だった。

 「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。
これは奴隷ですよ。はっきり言って。まさか米国の建国当初には
黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしない。ダイナミックな変革
をしていく国だ」

人気弁護士が… かつて、テレビ番組「行列のできる法律相談
所」で人気を博した弁護士とは思えない人種差別発言に、現場は
然となった。オバマ大統領は米国初の黒人大統領で、父はケニア
人、母はカンザス州出身の白人。

 今年に入ってから、自民党は不祥事と失言のデパートと化してい
る。不倫で議員辞職した宮崎氏、金銭授受問題で閣僚を辞任した甘
利明前経済再生担当相のほか、国の除染基準をめぐる丸川珠代環境
相の「反放射能派がワーワー騒いだ」発言、放送局に電波停止を
命じる可能性に言及した高市早苗総務相の国会答弁などもまだ記憶
に新しい中で、飛び出した丸山氏の大失言。夏の参院選への影響は
必至だ。

審査会後に謝罪 審査会終了後の会見で、丸山氏は「発言している
ときは全然気がつかなかったが、いろいろ考えてみると誤解を与え
るところがあった。大変申し訳ない」と謝罪。「議事録を精査
し、訂正か削除をしたい」と説明したものの、どの発言が該当する
のかは明らかにしなかった。



 育児放棄???

 彼女は最初から ママを

 放棄していますが

 今さら騒ぐのも変でしょう!?

 彼女は産んだだけで

 母らしいことをしたことがありません。

 それを皆で論じても無理というもの。

 料理はもちろん、家事は一切できません。

 子育てなんて夢のまた夢でしょう。

 それが突然育児をしなくなったかのように

 騒ぐことのほうが不思議です。

 自分の服を置くために 子供の服は

 廊下に放り出したというのは

 彼女らしいエピソードで

 また、やった・・・・程度のものです。

 話題提供今後もよろしくお願いします。

 彼女に普通の女性としての 素養を

 求めること自体が無茶です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

  タレントの梅宮アンナ(43)が11日、都内で著書「女は『ひとりの時間』に磨かれる」(12日発売)出版記念記者会見を開き、14歳になる娘との別居が一部で「育児放棄」だと言われていることに言及した。

 梅宮は01年に結婚、02年に長女の百々果さんを出産したが03年に離婚した。娘との関係について「小さい時から梅宮宅が型破りなところがある。子供の育て方もそう。友だちみたいに、兄弟みたいに接しているし、普通のお母さんと子供の関係ではない」としながらも「長い時間、一緒にはいないですけど、会える時は密にしている。仲良しだと思います」と話した。

 14歳になる百々果さんとは別居している。「子どもが生まれた頃からずっと(実家の)梅宮家にいたんですけど、(両親とアンナの)3人で住む設計の家だったので、優先的に私が外に出ることになった。娘といて窮屈な思いもしていた」と説明。別居は「百々果から言ってきた。ママが部屋を借りたほうがいいよねって」と娘からの提案だったことを明かし、「彼女のいたい時に合わせています」とした。

 「週4回は梅宮家に泊まっていて、塾とか学校には送り迎えしている。私が行ったり来たりしている」とし、「反抗期はあるし、取っ組み合いをしている。でも、みんなが通っている道。何でも話しますし、仲は良いです」と親子関係は良好であることを強調。一部では、この別居が育児放棄では?との意見も出ているが、「働いていると分かると思う。働いていないと“えーっ”てなると思う。人って自分のものさしで計ると思うからそう言っちゃうと思う。育児放棄ではないし、私は仕事をしているから、その間は家族が面倒をみてくれる、うちではそれが普通」と否定した。 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事