女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 さすが、刑務所にいた人だけに

 冷徹な目で語っていますね。

 他の人は頓珍漢な意見が多かった。

 特に 杉村太蔵はひどかったですね。

 いつもながら、どこかの記事で読んだだけの

 物を披露して自分の意見として話すだけ

 彼を使う意味が分からない。

 この日も 『清原は目の前に覚せい剤があっても

 手を出さない、それだけ完全に治るまでテレビなどに出てはいけない』

 こんな馬鹿丸出しの話を得意げに話していた。

 覚せい剤中毒は完治しない病気なのです。

 これは一生治ることはありません。

 そして、その人たちは 20年使わずにいても

 目の前に出てしまえば、奪い取ってしまう。

 これが 覚せい剤の恐ろしさなのです。

 このくらいの知識はきちんと調べましょうね。

 そうでなくても、馬鹿が目立ちますよ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 ホリエモンこと、実業家の堀江貴文氏(43)が7日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に出演し、覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)についてコメントした。

 堀江氏は、「これもう(覚せい剤を)やめられないんじゃないですか、今回は執行猶予が付くと思うんですけど。多分再犯…覚せい剤ってやめない人が多くて、刑務所の中でも、その人達は笑いながら覚せい剤の情報収集をしている。悪いと思っていない。出所したらこいつ絶対またやるなと思うような人たちが多かった」と話した。

 さらに、「(清原容疑者は)より悪くなる、ダークな人たちとの付き合い、その人たちがスポンサーになる。さらにその人たちの世界に行く。誰かが支えないと無理じゃないですか」と付け加えた。

 演出家でタレント、テリー伊藤(66)は、「(清原容疑者が)出所したら、“ケツバット”打ちますよほんとに!」と語った。MCを務める爆笑問題の太田光(50)は、「捕まってよかった」と独自の意見を語った。

 これが真の 技術力なのでしょう。

 カメラと言えば ライカ キャノン

 ニコン が3大メーカーでしょう。

 そのほかにも日本には

 いくつか 一眼レフのカメラを作って

 いる会社があります。

 これは中々真似ができないようですね。

 こういうものの技術流出を防ぎたい

 ものです。

イメージ 1

イメージ 2


 

なぜだ!日本には高性能なカメラを製造できて、中国にできない理由


 宇宙船や戦闘機を製造できる中国がデジタル一眼レフカメラを製造できないのはなぜだろう。中国メディアの駆動之家はこのほど、その理由は「デジタル一眼レフカメラの製造は中国にとって想像を超えるほど難度が高い」ことにあると論じている。

 記事は「デジタル一眼レフカメラを製造できる国の数は人工衛星を製造できる国家の数よりも少ない」と説明。さらに中国にとって宇宙船や戦闘機を製造することはデジタル一眼レフカメラを製造することに比べれば「はるかに簡単」と論じた。

 では、デジタル一眼レフカメラの製造のどういった点に難しさがあるのだろうか。中国はロケットやミサイル、宇宙船など一種の「使い捨て品」の製造は得意でも、エンジンなど何度も繰り返して使用され、耐久性が求められる精密機械の製造は苦手だと指摘している。つまり耐久性や中長期的な故障発生率を低く抑えるという部分にこそ、中国にとっての技術的な難しさがあるということだ。

 また記事は、中国の2大カメラメーカーである鳳凰(Phenix)と海鴎(Seagull)の機械式一眼レフカメラの製造技術水準はいまだに1970年代の日本と同等の水準であるとし、シャッター、ミラー、絞り、フォーカスの各部動作の故障率は今なお非常に高いと説明した。さらに、中国はかつて国威発揚のために「紅旗」というカメラを製造したことに言及。ある分析によれば、「紅旗」はドイツの「ライカM3」をコピーしたものだ。しかし、なんとか製造できたもののやはり故障という問題を乗り越えることができず、当時生産されたものは現在そのほとんどが正常に動作しないと論じた。

 どの分野においても「故障率を低く抑える」ためには非常に高度な技術が必要とされるが、特にデジタル一眼レフカメラは精密電子機械だけに故障という問題が難題として存在するといえる。日本やドイツといった限られた国の企業だけがこうした問題を克服し、有名ブランドを輩出しているのは、ものづくりが得意な国民性という要素も影響しているだろう。こうした国民性はものづくりにおいては非常に重要であり、記事は「20年後も中国はデジタル一眼レフカメラを製造できないだろう」と指摘している。(編集担当:村山健二)
困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 地震とは縁が近い日本の

 私たちにとっても他人事では

 ありません。

 ただ、今回はその上に

 不法建築が 被害を

 大きくしてしまったようです。

 日本でも東北の震災地をはじめ

 政府も援助を申し出ています。

 日本の震災には 多大な

 援助をいただいています。

 まだまだ、多くの人たちが

 建物の中に閉じ込められているようです。

 その人たちの救助が待たれます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18

イメージ 19


イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28


イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36


 走行初めて 6分後に事故って…・

 能力がないのに 見栄で作るとこうなるという

 典型的な例でしょう。

 時速38kmで止まった!!!!?!

 あれ、自転車のスピードですよね。

 もしかして、中で自転車を漕いでいるのかな。

 韓国ならありそうですが

 誰もそこは見えないのかもね!

 高速列車をドアが閉まらなかったり

 部品が落ちて ガムテープで留めるお国

 ですから、ガムテープをいっぱい積んでいるのでしょうね。

イメージ 1

イメージ 2


 約4000億ウォン(約391億円)を投じて製作された仁川国際空港リニアモーターカーが初の運行開始からわずか8分で急停車した。

4日、韓国国土交通省によると、3日に行われた仁川空港リニアモーターカー開通試乗イベント中、列車に急ブレーキがかかり約10秒間停車した。

国土交通省の関係者は、「試乗イベントをスムーズに行うため、ウォーターパーク駅に停車せず通過した」とし「終着駅進入前のカーブで速度制限(35キロ)を約3キロオーバーし、安全のため急停車した」と説明した。

続けて「駅に停まらず通過するという異例な事項が事前に定めた『自動運行パターン』に設定されていなかったことから発生した問題」とし「再発防止のためプログラムを補完した」と付け加えた。

仁川空港リニアモーターカーは時速110キロ級の都市型リニアモーターカーだ。製作に9年4カ月間、計4149億ウォンが投入された。









イメージ 1

 高部あい【麻薬取締法違反】
自宅でコカインを所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課が、麻薬取締法違反(所持)容疑で、女優の高部あい(本名・中山あい)容疑者(27)=東京都渋谷区=を逮捕

2015年11月4日、薬取締法違反(使用)容疑で再逮捕




イメージ 2


ASKA【覚せい剤取締法違反、麻薬取締法違反】
2014年5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で知人の栩内香澄美とともに逮捕。
2014年5月29日、覚せい剤取締法違反と麻薬取締法違反(いずれも使用)の疑いで再逮捕。

かなり以前から疑われていましたし、言動もおかし

かったのに なぜか逮捕されませんでしたね、今は

どっぷりとつかって 再起は難しいでしょう。 



イメージ 3


若山騎一郎と仁美凌【覚せい剤取締法違反】
2013年11月28日、若山騎一郎が覚せい剤取締法違反(所持)で千葉県警松戸署に現行犯逮捕される。
翌日29日、同法違反(使用)容疑で、仁美凌も逮捕される。


昭和の大スター 上原の娘さんと 若山富三郎の

息子さん 血統書つきですが それがいいとは限ら

ない見本ですね。

イメージ 4


 内田裕也【大麻取締法、銃刀法違反、強要未遂、住居侵入】
1977年、大麻取締法違反で逮捕(起訴猶予処分)。
1983年、ウドー音楽事務所に包丁を持って押し入り、銃刀法違反で逮捕。泥酔状態で、「外国人ばかり使うな」などと叫んでいた模様。
2011年、元交際相手の女性に復縁を強要。さらに、女性宅の玄関の鍵を付け替えて侵入などをしたとして、同年5月13日、強要未遂と住居侵入の疑いで逮捕。


逮捕されても意外性がなかった方ですね。

イメージ 5

清水健太郎【業務上過失致死、大麻取締法、覚醒剤取締法、麻薬及び向精神薬取締法、自動車運転過失致傷と道交法違反(ひき逃げ)】
デビュー前、自動車事故による業務上過失致死で罰金刑。
1983年、大麻取締法違反(所持)で逮捕。起訴猶予処分。
1986年、大麻取締法違反(使用)で逮捕。懲役1年、執行猶予4年。
1994年、覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕。懲役1年6ヶ月の実刑判決。
2004年、覚せい剤取締法と麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕。懲役2年4ヶ月の実刑判決。
2008年、自動車運転過失致傷と道交法違反(ひき逃げ)で逮捕。懲役7ヶ月の実刑判決。
2010年、覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕。懲役1年10ヶ月の実刑判決。

まあ、ここまで来ると 身体の芯まで覚せい剤が染み渡っています。格子の付いた施設以外では更生は出来そうにありません。



イメージ 6


押尾学【麻薬取締法違反、保護責任者遺棄致死】
合成麻薬MDMAを服用したとして2009年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕。同年11月2日、懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の判決が下され、MDMA服用の件について確定。
その後、ホステスを死なせた保護責任者遺棄致死罪で逮捕。2012年2月13日、致死罪は認めず保護責任者遺棄罪を認めて、懲役2年6月の実刑判決が下る。
2012年3月29日、東京拘置所に収監される。服役期間は最長で3年6か月になる予定。

ピーチジョンの 野口美佳社長にかわいがられ 貸

し与えられていたマンションで 危険ドラッグなど

をしまくっていた、これって完全に殺人ですよ

ね。彼もずっと疑われていましたが 取り巻きのお

蔭かなかなか逮捕されませんでした。そしてこんな

に悲惨なことになってしまった。最も悪質なひとり

でしょう。

イメージ 7


萩原健一【大麻取締法違反、酒気帯び運転、業務上過失致傷、恐喝未遂】
1983年、大麻取締法違反(所持)で逮捕。1年間の謹慎。
1984年、酒気帯び運転による人身事故で業務上過失傷害で逮捕
2004年10月、交通事故を起こし業務上過失致傷罪で現行犯逮捕
途中降板となった主演映画の出演料をめぐってプロデューサーに脅迫電話をし、2005年2月、恐喝未遂容疑で逮捕。

素敵な俳優さんですが、大麻はいけません。その後

もいろいろと問題を起こしてしまいました。

イメージ 8

桑名正博【麻薬取締法、大麻取締法違反、強制わいせつ致傷】
1977年、麻薬取締法違反容疑で逮捕。懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受ける。
1981年、19歳女性への強制わいせつ致傷容疑で逮捕。後に示談が成立し、不起訴処分となる。同年12月にも、大麻パーティーで大麻を使用とした大麻取締法違反容疑で取り調べを受け、容疑を認める。

脳幹出血で亡くなりましたが、少なからず薬も影響

していたように思います。人生も波瀾万丈でした

ね、周囲はさぞや苦労したことでしょう。


イメージ 9


小向美奈子【覚醒剤取締法違反】
2009年1月22日、覚醒剤取締法違反(共同所持)の容疑で逮捕。微量だったため、所持容疑は起訴猶予処分となったが、尿検査で陽性反応があり、覚せい剤の使用を認める供述をしたため、同法違反(使用)容疑で追送検され、起訴された。
同年2月26日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。

2015年2月6日、覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕。


この方も波瀾万丈というか グチャグチャな人生です。海外に逃げたりもあり このまま堕ちていきますか。



イメージ 10

岩城滉一【覚醒剤取締法、銃刀法違反】
1977年、住吉連合の組員から覚醒剤を買い、使用したとして逮捕。さらに、その保釈中に改造ピストルを組員に預けたとして、銃刀法違反で再逮捕。

 男性として魅力たっぷりな方ですが、それだから

やくざ屋さんと繋がってしまったのでしょうか。



中村耕一(元JAYWALK、J-WALK)【大麻取締法、銃刀法、覚醒剤取締法違反】
1977年、大麻取締法違反(所持)で逮捕。同年8月22日に懲役1年6ヶ月、執行猶予2年の判決が下る。
2007年6月8日、乗用車内にアーミーナイフを所持していたとして、同年12月28日、銃刀法違反容疑で書類送検。
2010年3月9日、路上に止めた乗用車内で、覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕。同年5月12日、懲役2年、執行猶予4年の判決が下る。
2011年3月10日、JAYWALKを脱退。




赤坂晃(光GENJI)【覚醒剤取締法違反】
2007年10月28日、東池袋の路上にて覚醒剤所持していたとして覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕。翌日付でジャニーズ事務所を解雇される。
同年11月21日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。
2009年12月29日、新宿区内のホテルにて覚醒剤を使用していたとして覚醒剤取締法違反(所持・使用)の疑いで二度目の逮捕。
2010年3月30日、懲役1年6ヶ月の判決が下る。




大森隆志(元サザンオールスターズ)【覚醒剤取締法、大麻取締法違反】
2006年5月11日、覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反で妻と共に逮捕される。
2006年7月19日、懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決が下される。



ソン・ツェフ・イワン(元いいとも青年隊)【大麻取締法違反】
2006年、大麻取締法違反(所持)で逮捕。





ジョン・健・ヌッツォ【覚醒剤取締法違反】
2008年11月27日、覚醒剤取締法違反 (所持) で逮捕。
2009年 1月9日、 懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。



イメージ 11

酒井法子【覚せい剤取締法違反】
2009年8月3日、夫である高相祐一が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕。自身も警察署への任意同行を求められるが、これを拒否して姿をくらます。その後、警察は酒井の自宅から微量の覚醒剤と吸引具を発見、酒井への逮捕状をとる。その翌日の同年8月8日、酒井が警察に出頭し、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。

まさにアイドルですね、結婚は周囲のだれもが反対をしたのにそれを押し切ってしまった。そういう事ってうまくいくことはまずありませんね。なぜか女優さんって 男性を見る目はないようです。


イメージ 12

いしだ壱成【大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法違反】
2001年8月20日、大麻取締法違反で逮捕。同年9月7日、家宅捜索の結果、自宅からLSD が発見され、麻薬及び向精神薬取締法違反で再逮捕。その後、同年11月2日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。


石田純一の息子さん、プレッシャーもあったでしょ
うが 薬はいけません。今は落ち着いて見えますがそのまま続くといいですね。



加勢大周【覚せい剤取締法、大麻取締法違反】
2008年10月5日、自宅で覚せい剤と大麻を所持していたとして、覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(所持)で逮捕。同年12月18日、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年のは判決が下る。この裁判の初公判で芸能界引退を表明した。



sakura(元L'Arc〜en〜Ciel)【覚せい剤取締法】
1997年2月24日、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。これが原因でL'Arc〜en〜Cielの活動が中止にる。同年5月、懲役2年、執行猶予3年の判決が下る。さらに同年の11月4日に、L'Arc〜en〜Cielからの脱退を正式に発表。




西川隆宏(元DREAMS COME TRUE)【傷害、覚せい剤取締法違反】
2002年10月、実兄の妻に暴行し、傷害の容疑で逮捕。この件は不起訴で釈放となったが、拘留中に受けた尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕。同年12月19日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。
2006年2月25日、新宿区の路上で覚せい剤取締法違反(所持)で再び逮捕。その後、覚醒剤使用も発覚。2006年5月11日、懲役1年6ヶ月の判決が下る。





岡村靖幸(歌手)【覚せい剤取締法違反】
2003年3月、覚せい剤取締法違反で逮捕。懲役2年、執行猶予3年の判決が下る。
2005年5月20日、覚せい剤取締法違反(使用)で二度目の逮捕。2005年10月21日、懲役1年6ヶ月の実刑判決が下る。
2008年2月5日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で三度目の逮捕。懲役2年の実刑判決が下る。


イメージ 13

槇原敬之【覚せい剤取締法違反】
1999年8月26日、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。

顔を見ているだけで怪しいです、それにしても執行猶予はまずいでしょう。盗作騒ぎもなぜか無罪って・・・・・世の中のほぼ全員が裁判官に突っ込みたかったはず。結局はエイベックスの意向が強かった。


長渕剛【大麻取締法違反】
1995年1月24日、大麻取締法違反で逮捕。この時、国生さゆりと不倫していたことが明るみになる。3月16日に起訴猶予処分となる。




美川憲一【大麻取締法違反】
1977年10月、大麻取締法違反で逮捕。
1984年、大麻取締法違反で二度目の逮捕。懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。


イメージ 14

錦野旦(にしきのあきら)【大麻取締法違反】
1977年、大麻取締法違反で逮捕。

スターという言葉が似つかわしくない人です、また一般人をさげすむというか 自分を選ばれた人間というだけ感覚が狂った人です。


勝新太郎【アヘン所持、麻薬取締法、大麻取締法違反】
1978年、アヘン所持で逮捕。
1990年1月、アメリカのホノルル空港で下着にマリファナとコカインを入れていたとして現行犯逮捕。帰国後、日本でも逮捕。懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決が下る。



尾崎豊【覚せい剤取締法違反】
1987年12月22日、覚せい剤取締法違反で逮捕。





江夏豊【覚せい剤取締法違反】
1993年、覚醒剤所持の現行犯で、覚せい剤取締法違反により逮捕される。懲役2年4ヶ月の実刑判決が下る。




井上陽水【大麻取締法違反】
1977年、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕。懲役8ヶ月、執行猶予2年の判決が下る。



カルーセル麻紀【大麻取締法、及び麻薬及び向精神薬取締法違反】
2001年(平成13年)9月、大麻とコカインを自宅に隠し持っていたとして、大麻取締法、及び麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕。何れも不起訴処分。



研ナオコ【大麻取締法違反】
1977年 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕(後に起訴猶予処分となった)。これにより約半年間芸能活動を自粛。


イメージ 15


野村貴仁(元プロ野球選手)【覚せい剤取締法違反】
2006年10月31日、高知市内で覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、同年12月26日付で懲役1年6月・執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡された。

オリックス・ブルーウェーブ⇒巨人⇒ミルウォーキー・ブリュワーズ⇒日本ハム


 今回の逮捕には関係していたとも言われている選手です。最近どうも球界の汚れが気になります。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事