女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 借金の方というのは

 前時代的な感覚もありますが

 韓国では実在するのでしょうか。

 ただ現実としては 逃げられないように

 監禁がひどかったという

 状況だったのか疑問のようです。

 どちらにしても。・・・・・・

 これが韓国の現実なのでしょう。

 そしてまた新たなニュースが・・・・・

 ≪違法賭博店を運営していた韓人(コリアン)女性を大量検挙≫

 『ジョージア州オーガスタ地域で違法法賭博業店を運営していた韓人(コリアン)女性のグループが大量検挙された。
リッチモンド郡保安局は22日(金曜日)、地域2か所に乗り込んでおとり捜査を行った結果、ロトエクスプレスでヒョン・ホン容疑者(61歳・女)とソン・ハン容疑者(57歳・女)を、ロトプラスではステファニー・コーウィン容疑者(47歳・女)とダイアン・チェ容疑者(50歳・女)など4人を逮捕した。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


 アメリカで韓国女性たちによる大規模な性売春が発覚し、大きな波紋を呼んでいる。 1月8日、ワシントン州ベルビュー市にある13の高級マンションで売春行為を展開していたオンライン売春あっせん業者が摘発された。

現地警察によると、このあっせん業者はウェブサイトを通じて買春者を募り、1回当たり300ドル(約3万5,000円)で韓国人女性たちに売春させていたという。

逮捕された中には、売春を管理していた韓国人女性マネジャーもいた。彼らは「The League」と呼ばれる全国規模の売春ネットワークを使って、韓国人女性たちをワシントン州だけではなく、アメリカ国内15の大都市に派遣させて売春行為を行っていたというから驚きだ。

現地警察によると、逮捕された韓国人女性たちの大半は、家族が抱えた借金を返すために韓国の犯罪組織に売れられ、アメリカで売春を強要されていたという。その多くが不法入国で、1日12時間近く働かさる監禁状態だったという。

現地警察は彼女たちを「被害者」と位置付け、取り調べの後にアメリカに合法的に滞在できるような処置を取ったというが、今回の事件はアメリカで韓国人女性の売春が増加していることをあらためて明るみにした。

実際、ネットで、韓国人女性を意味する「Kgirl」と検索すると、「24H OPEN」と書かれたセクシー画像がすぐにヒットする。そのほかにも「あなたをリラックスさせ、幸せにすることができます」「あなたを待っています」といったコピーがついた韓国人女性の売春広告や、「163cm、Bカップの22歳、幼稚園のパートタイム保育士です。幸せな時間を保証します。夜遅くても仕事できます」といったものまで。

外国人観光客をターゲットにした集団売春あっせん業者のウェブサイトには「100名を超える美しい韓国人女性があなたを待っています」と煽るものまである始末だ。

こうしたニュースに怒り狂うのは、韓国のネットユーザーたちだ。とある掲示板では、こんな書き込みも。

「体を売って、アメリカ人から変態行為を要求されてまで金を稼ぎたい、韓国のバカ女たち。親の借金で海外に売られた? まったく、いつの時代の話だ。慰安婦問題で、ただでさえ世界から注目を浴びているのに、バカ女どものせいで全世界に売春婦を輸出している国という汚名だけが残る」

強制か志願かは別としても、アメリカで発覚した韓国人女性たちの売春問題は、ますます表面下しそうな気配だ。

韓国メディアによると、今回の摘発事件を受けてFBIも動きだすというが、韓国女性たちが関わった大規模な売春組織が摘発されれば、それだけ韓国の国家イメージに悪影響を及ぼしかねないだろう。
困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 いいんです、彼女がテニスをしているだけで

 それにしても この美しさは

 称賛に値します。

 次戦は セリーナ・ウィリアムズですか

 シャラポアをはじめ

 彼女の今の強さに

 太刀打ちできる女性が

 現れるのでしょうか。

 そこが大きな問題ですね。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



 おごる平氏は久しからずですか

 あのディズニーランドが 

 11位に陥落とはね・

 あの 東日本大震災の

 評判はどこに消えたのか?

 世間の評判も あっという間です。

 またの復活をお待ちしています。

 原点に返ってほしいですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 「日本版顧客満足度指数」調査の結果、7年にわたりトップ争いを演じてきた東京ディズニーリゾート(TDR)が「上位10社」圏外にランクされる“波乱”が起きている。TDRの“王者”の座を脅かしている“不安”とは?

 入場者数も減少(2015年度上半期)
TDRの入場者数は2012年度以降過去最高の水準で推移、30周年を迎えた13年に大きく伸び、14年は3137万人と過去最高を記録。しかし、15年度上半期(4〜9月)は1437万人と、前年同期に比べて5%減少した。運営会社オリエンタルランドはその要因を、ショー「ワンス・アポン・ア・タイム」が2年目を迎えたことに加え、猛暑などによる客足の鈍化と説明する。
値上げしたのに混雑…“転落”主要因は値頃感の低下?
投資家やアナリストらは、高まる混雑率がTDRの顧客満足度(CR)を下げていると指摘。また「強気の」入園料値上げが入場者数の減少に影響を及ぼしている可能性がある。その一方、増えつづける入場者数に対しパークの面積は大きく拡張できていないため過密状態に。
他にも「感動指数と失望指数の変化」などあげる専門家も
JCSI調査結果を分析した法政大学経営大学院の小川孔輔教授は、TDRの“異変”の要因として、(1)感動指数と失望指数の変化、(2)サービス品質評価指数の低下、(3)顧客のマナー低下と雰囲気の悪化―も挙げる。ディズニーのブランド価値は「『非日常的な世界での驚きと感動』だったはず」とし、特に(1)を問題視する。
実際、アトラクションは2〜3時間待ちが常態化…
TDRではアトラクションの2〜3時間待ちが常態化し、「500分待ち」が発生することもあるという。長年勤務する従業員は、スタッフ数を抑える閑散期は、料理の作り置きを余儀なくされるなどと話す。リピーター客は、(人件費のかかる)パレードやショーの減少を指摘。園内の客を分散化させるショーなどの減少がアトラクションの混雑に拍車をかける。

 バンコクで シャオミが

 人気でしたね。

 機能がほとんど変わらず

 値段がずっと安ければ

 当然 サムスンの出る幕はない

 今の消費者の 志向は

 良いものか安いものを求めます。

 そうなると、どちらでもない

 中途半端な サムスンは。。。。。

 自明の理・・・・

イメージ 1

 スマホや家電など、一部の産業で中国企業が躍進している。スマホメーカーの小米科技(シャオミ)や家電メーカーのハイアール(海爾集団)などは、いまやグローバル企業だ。こうした企業に代表される中国製品はもはや「安かろう悪かろう」ではない。

中国企業の成長の速さには驚きを禁じ得ないが、中国メディアの家電網はこのほど、米国で行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)において、韓国メディアが「サムスンとLGが新しい家電製品を展示したが、中国企業がパクるため、韓国企業の影響力が希薄化してしまっている」と批判したことを伝えた。

記事は、韓国メディアが複数の中国企業を名指しで「模倣した」、「パクった」などと批判したことを伝える一方、具体的にどの製品および技術が模倣されたものなのか言及がなかったと指摘。それにもかかわらず、韓国メディアが「中国企業が韓国企業の製品を模倣している」などと断じたことに疑問を呈した。

続けて、CESで中国企業が電動式一輪スケートボード製品を模倣し、他社の権利を侵害して米連邦保安官に差し押さえられたことは事実として存在するとしながらも、「これは名も知れぬ中国の一企業の行為である」と主張。世界の市場でシェアを獲得しているような中国の大企業が他社の技術を模倣すれば大問題に発展することは明らかであると反論し、「韓国メディアの批判は根拠がない」などと反発した。

一方で記事は、韓国メディアの批判は「中国企業の影響力がそれだけ大きくなり、韓国企業にとって脅威となっていることを示すもの」と別の見方を示した。また、日本企業もかつて、韓国企業のぼっ興に対して「韓国企業が模倣した」、「韓国企業がパクった」などと指摘していたと紹介した。

中国メーカーのスマホが韓国市場でシェアを獲得し始めていることは事実であり、韓国企業にとって中国企業は無視できない存在になりつつあることは確かだ。かつては日本企業に批判されていた韓国企業が今や、中国企業を批判する立場になっており、時代は繰り返されるということなのかも知れない。
困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 テニス経験者として 彼女を

 全く知りませんでした。

 こんな選手がいたなんて…・

 それも日本人女子選手

 隠れた逸材というか

 一気に出てきましたね。

 あのパワーテニスはすごい

 この試合は 筋肉を傷めていたようですから

 いつものパワーショットが見られませんでした。

 彼女が試合慣れしてきたら

 考えただけでワクワクします。

 この大会後には 100位以内は

 決定でしょう。

 さてどこまで上がるのか

 今年の注目株であるのは

 間違いなさそうです。

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

 センターコートのロッド・レーバー・アリーナで、元世界1位のビクトリア・アザレンカ(26)=ベラルーシ=と対戦した大坂なおみ(18)。完敗はしたが、「負けてよかった。学ぶことができた」と大きな経験を糧にする考えを示し、日本代表としての五輪出場にも夢を広げた。すべて英語で受け答えした一問一答は、以下の通り。

 −−ロッド・レーバー・アリーナで試合すると知ったときは

 「とっても興奮した。ちょっと緊張も」

 −−どう対応した

 「もっと楽しもうと思っていました。うん、楽しめたと思います」

 −−コンディションは

 「(予選から)2週間、かな、ずっとプレーしてきたので、少し疲れました。でも、今はみんな疲れていますから…」

 −−アザレンカについて

 「とてもうまいですね(と、ほほ笑む)」

 −−どれくらい

 「本当にうまい。隙がない感じです。コーナー周辺をとてもうまく打ってくる」

 −−出だしはラブゲームでブレークしたが

 「こんな簡単なはずがないって思っていました(笑顔)。それで次のゲームをブレークされて、うん、そうだよねって感じで」

 −−自分のパフォーマンスについて

 「多分、守備的になりすぎたと思います。スコアは…とんでもない!! まるで自分がベースラインから6メートルくらい下がっていて、彼女は私のボールをすべて打ってくるかのような感じがしていました。もっと前に出られたらよかったんですが…」

 −−もっと競ることはできた?

 「取られたゲームは全部ラブゲームだったような気がして…。ジュースはありましたっけ。でも、もっと競った試合をできた気はします。言い訳がましいけど、6−1、6−1(1−6、1−6)という結果がすべてを物語っているとは思いません」

 −−今大会、一番の思い出は

 「この試合でしょうね。学べたと思うので。正直、彼女が勝ってくれてよかったと、少し思っています。学ぶことがとても多いし、いい経験にできます」

 −−何を学んだ

 「チャンスがあれば前に出ること、必ずしも全力で打たなくてもいいこと。(敗戦から)前に進むこと」

 −−ビクトリアが前に出させてくれなかった?

 「最初のチャンスから彼女は強く打ってきたので、私は守りに入っていました。そうですね、私の感覚として、前に出ようとしていませんでしたね。メンタリティーを変えないと」

 −−サーブの速度が、前の2試合に比べて非常に遅かったが

 「腹筋を痛めていて、とても痛くて」

 −−けがをした状態でこんな大きな試合に臨んだ

 「残念です。もっと強くサーブを打ちたかったけど、できなくて」

 −−大会を振り返って満足?

 「予選で負けてなくてよかった。ここまでやってきたことは幸せです」

 −−負けてよかったといったが、今後のキャリアを考えれば一つのステップだと?

 「そうですね、負けてよかった。勝っていたらとても幸せだったとは思いますけどね。でも、もし勝っていたら、こんなに多く学べなかったと思う。勝利より、失敗から多く学べるということです」

 −−実際、どんなことを学んだ

 「一瞬一瞬をどう楽しむか。最初から緊張していましたからね。彼女のプレーにどう対応するかといったことですね」

 −−この後の予定は

 「日本へ行きます」

 −−出場する大会の予定は

 「まだ確定していません」

 −−次のゴールは

 「トップ50に入ること。以前の目標だった100位以内は確実だと思うので、変えました(笑)」

 −−五輪については。以前、フェド杯に出ていないので今年は無理と言っていたが、例外もあるようだ。可能なら五輪やフェド杯で日本のためにプレーするか

 「可能なんですか? 知らなかった。教えてくれてありがとう。希望が高くなりました」

 −−東京五輪は

 「出たいと期待しています」

 −−この大会を通して自信は大きくなったか

 「そうですね、前も自信がなかったわけではないけど、グランドスラムのレベルは少し違いますから。だから、(グランドスラムの場に)慣れたとはいわないけど、余裕を持てるようになりました」

 −−今年のではなく、将来のゴールは

 「世界1位になること、グランドスラムでいっぱい勝つこと、フェド杯や五輪でプレーすること。幸せになることです」

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事