女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1606ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


 試合を見ていてぐったりとしてしまいました。

 一緒にプレ-をしているような気持ちになって

 しまうほどの素晴らしいゲームでした。

 先行しても、点を取っても

 追いつかれることの繰り返し。

 この日の中田は凄かった!

 彼をなぜ敬遠しなかったのか

 当たりだすと止まらない選手ですからね・・・

 さて、次は又キュ−バ戦です。

 再び撃破してほしいデイですね。




 テレビ朝日系で12日に生中継された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦「日本―オランダ」の平均視聴率は今大会最高の25・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。また、瞬間最高視聴率は32・6%を記録した。

 瞬間最高視聴率を記録したのは午後11時5分、日本が6―5と1点リードした9回裏。この回から登板した則本が1死一、三塁から5番・グリゴリアスを左飛に打ち取った場面だった。

 平均視聴率25・2%は今大会最高。7日の1次ラウンド初戦、キューバ戦(TBS系列)で平均22・2%、同第2戦のオーストラリア戦(TBS系)では平均21・2%をマーク。10日にテレビ朝日系で生中継された同最終戦「日本―中国」の平均視聴率は18・0%と20%台到達はならなかったが、4戦中3戦で20%台の大台突破となった。

 9回に同点に追いつかれた侍ジャパンは、延長11回から大会史上初のタイブレークに突入し、1死二、三塁で中田翔内野手(27=日本ハム)が左前へ決勝2点打を放って8―6で勝利。過去最長4時間46分の死闘を制し、開幕4連勝。決勝トーナメント進出へ向け、大きな1勝を挙げた。


 それにしても、わけの分からない国である。

 自分たちの気に入らないから辞めさせる。

 そんな匂いしかしない

 罷免である。

 また、判事全員が罷免を支持したという

 この国は大衆に法律や裁判まで

 迎合してしまう。

 まだまだ国として

 成り立つことが出来ないようである。

 経済も真っ暗、政治も中国からは

 輸出入はおろか

 韓国への渡航まで

 制限され

 アメリカの新大統領からは

 為替操作国として 名指しされている。

 アメリカと中国への輸出が落ちれば

 一気に 奈落の底に堕ちる

 ことが確実である。

 何度も IMFが指導する国って
 
 存在意義があるの?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


 [香港 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 韓国憲法裁は10日、朴槿恵大統領の罷免を決定した。大統領は失職し、60日以内に大統領選が行われる。
これで同国は、本格的な戦いに突入できる体制が整った。国内政治の麻痺(まひ)に終止符が打たれ、経済改革や対外政策の落とし所を探ることが可能になる。
大統領の罷免は、韓国憲政史上初めて。判事8人全員が罷免を支持した。
大統領選では、野党候補が勝利する公算が大きいが、誰が勝利しようと、蜜月はすぐに終わるはずだ。
国内では、経済成長率が3%を割り込んでいる。政府と企業の馴れ合いに対する批判は強く、広範な企業改革を求める声が強まっている。造船などの肥大化した産業や、非効率な労働市場にも、再編が必要だ。
対外的な問題は、さらに多い。在韓米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備を巡って、中国との関係が悪化しており、韓国企業が中国で報復措置を受けたり、中国人の韓国への旅行が制限される問題が起きている。北朝鮮の突飛な行動もリスクだ。
市場では、米政府が韓国を為替操作国と認定するのではないかとの懸念も浮上している。韓国の経常収支は大幅な黒字だ。トランプ政権が、雇用流出をめぐって批判の矛先を新興国に向ける可能性もある。


 裁判官の常識が世間とずれているから

 出来たのが裁判員制度

 それに挑戦するかのような

 馬鹿な裁判官

 過去の判例だけで決めるなら

 AIどころか ただのスマホでも

 出来る・・・・・

 それなら裁判官はなくして

 スマホに入れ替えますか?!


イメージ 1



 ◇大阪高裁判決は死刑破棄 母「到底受け入れられない」

 幼い命を理不尽に奪った被告に対し、司法が出した結論は無期懲役だった。神戸市長田区の小1女児殺害事件で、裁判員裁判が選択した死刑を破棄した10日の大阪高裁判決。「判決は到底受け入れられない」。女児(当時6歳)の母親(32)は談話を出し、事件の計画性を重視する先例を踏襲した判決を厳しく批判した。

 午前11時過ぎ、高裁201号法廷。君野康弘被告(50)は、オレンジ色のカーディガンに灰色のスエットズボン姿で入廷した。

 「被告人を無期懲役とする」。樋口裕晃裁判長が主文を読み上げると、君野被告は証言台の前で直立したままだった。女児の母親は被告や傍聴席との間に仕切りが設けられた席に座り、様子は分からなかった。判決の瞬間、傍聴席は一瞬ざわつき、ため息が漏れた。

 母親は控訴審でも被害者参加制度を利用。裁判官に遺族の無念さを述べ、「被告は死をもって犯した罪を償ってほしい」と訴えた。

 今年1月に読み上げた意見陳述によると、母親が女児の妹を保育所に送り届ける途中に小学校前を通ると、妹は「ねえねの学校」とつぶやく。菓子店に寄った際は、「これはねえねの分」と話し、お菓子を一つ余分に買おうとする。

 母親は夜中に目が覚めるたび、「娘を守ることができなかった」と自分を責めた。無力感から日常生活を送ることもつらく、定期的にカウンセリングを受けているという。

 母親は判決の言い渡し後、代理人を通じてコメントを発表した。「娘はひどい殺され方をして、最後はごみのように捨てられた」とした上で、「前例だけを理由に判断を覆すならば、裁判員裁判の意味がない」と悔しさをにじませた。そして、「検察庁には上告をしていただき、最高裁の判断を仰いでほしい」と望んだ。【三上健太郎、村上正】

 都知事選が いよいよ 開幕となります。

 有力候補の宇都宮健児が いきなり

 立候補を取りやめ

 石田純一は 茶番劇で終わった。

 なぜか急に 増田寛也が自民党都連の

 推薦となる。

 都連会長の石原伸晃は ご存じ

 石原慎太郎の息子 中韓が大嫌いである。

 そう考えると 韓国大好きな 増田寛也を

 推薦するのは違和感がある。

 元都知事の猪瀬直樹が 伏魔殿と言った

 主の 内田茂の 命令のようである。
 
 このいじめで自殺した都議が いたようである。

 
イメージ 6

  恨みつらみを感じる 樺山たかし氏の残したものである。

 増田寛也は岩手県知事時代に 県の赤字を 7000億円から

 1兆4000億円にまで 膨らませた無能力者である。

 また、韓国と地下ケーブルをつなぎ

 電力を送電する計画を立てていた。

 今回は 小池百合子以外は 舛添が計画していた

 韓国学校の計画を止めると言った候補者はいなかった。

 総連、民団に行って 踊りまで披露している

 日本を裏切る 舛添以上の 都知事を

 誕生させてはならない!

 実は小池百合子をあまり好きではなかった。

 まともだったのは 彼女ひとりである。

 終戦時に5歳だったはずの 鳥越俊太郎は

 20歳だった恍けをかますし

 がん検診率 100%を目指すとか

 与党の独裁を許さないとか

 それは参議院の話である。

 NHKの『ファミリーヒストリー』で

 同姓の 名門『鳥越家』 を語って

 その子孫から抗議を受けても 

 全く知らぬ存ぜぬである。

 この一族とは縁もユカリもないが

 元々は近所の知り合いである。

 という事は完全に確信犯である。

 こんな輩も相応しくない!!
 
 となると、やっぱり小池しかいないのかなぁ!?!   

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 東京都知事選に元総務相の増田寛也氏(64)を擁立した自民党東京都連は12日までに、党が推薦していない候補者を応援した場合、「除名などの処分対象になる」との文書を所属する国会議員や地方議員に配布した。議員本人だけでなく親族による応援も禁じる内容。

 元防衛相の小池百合子衆院議員(63)を念頭に、組織を引き締めて分裂選挙の影響を抑える狙いがあるとみられる。

 文書は11日付で「都知事選挙における党紀の保持について」と題され、都連会長の石原伸晃経済再生担当相、幹事長の内田茂都議らの連名。「都知事選は東京五輪・パラリンピックを控えた都政のかじ取り役を決める極めて重要な戦い」とし、(1)党公認・推薦候補者以外の者の応援(2)党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為(3)反対党の候補者の応援−を禁じている。

 なぜ、フランス企業に逆転されたのか

 表向きは スクリュー式では無く

 ジェット式だから 負けたという事に

 なっている。

 しかし、実は このタイプの潜水艦を

 フランス企業は作ったことが無い

 まあ今までの 経験から

 図面上は出来るという事である。

 それに負けたというのは 

 当然、政治的な 関連である。

 親日であった前政権が倒れ

 現政権は 親中国である。

 マルコム・ターンブル新首相の長男は

 中国共産党の 党員の娘と結婚している

 ターンブル首相は 現共産党員と 

 縁戚関係があるのだ

当然中国に逆らえるわけもない。

 それを首相に選んだのは豪州人である。
 そして、落ち目のオーストラリア経済も

 中国に救ってもらもうという魂胆である。

 豪州最大の農場地の売買も

 間もなく決定する。

 この広さは何と 豪州の1%にあたる

 広大な広さである。

 そしてアメリカの使っている軍港のお隣に

 何と、中国企業に 99年間

 借用を認めたのである。

 1世紀の間 貸してしまったら

 もしかして、アメリカ軍艦の隣に

 中国艦が待機する!!!

 日本以上にアメリカは

 完全に 豪州に裏切られた

 と 考えている。

 今回の潜水艦選定でも

 アメリカは日本製を推奨している。

 悉くアメリカの意思は無視されてしまった。

 この潜水艦は 中国の海洋進出に

 歯止めをかけるために 戦闘力の無くなった

 自国の潜水艦を 輸入し

 対抗するはずであった。

 なぜか、それが中国の前に

 経済を支配され

 軍港、土地、そして

 軍備まで 指示される

 こうして豪州は落ちていく。

 日本はすでに豪州からは

 大事な輸出国ではないという事を

 肝に銘じるべきである。

 自分たちの輸出を有利にするために

 捕鯨反対をして オージービーフは

 世界一などと言っている。

 クジラを殺すのは 残酷と言っている彼らは

 コアラやカンガルーを 殺戮して

 肉として販売しているのである。

 そんな、豪州をまともな

 同盟国と考える方が

 危険極まりない!!! 

イメージ 1

イメージ 2

 [シドニー/東京 26日 ロイター] - 400億ドルに上るオーストラリアの次期潜水艦をめぐる受注競争は26日、フランスに軍配が上がった。軍事力強化を進める安倍晋三首相のもと、対豪関係の強化と初の大型武器輸出を目指した日本は敗れた。
豪ターンブル首相は26日、造船産業が集積する南オーストラリア州アデレードで会見し、「フランスの提案が、豪州が求める要件を最も満たしていた」と発表し。「次期潜水艦の選定委員会、国防省、専門家による検討結果は明確だった」と述べた。
アジア大平洋地域で中国が台頭する中、豪州は自国の戦略的、経済的利益を保護するため国防費を増やしている。6隻を保有する潜水艦も2030年ごろに世代交代し、最大12隻まで増強する予定で、豪政府は共同開発相手を求めていた。
豪政府は当初、要求性能に近い潜水艦を保有している日本とのみ協議し、日本国内で建造することを検討してきた。日本側も、中国の影響力が増す中、潜水艦の共同開発を通して豪州との防衛協力を強める観点から交渉を進めた。
しかし景気が減速し豪州では当時のアボット首相の支持率が低下。日本と組むと国内経済と雇用にメリットがないとの反発が強まり、昨年2月にドイツとフランスを含めた入札に切り替えた。
入札には日本の防衛省・三菱重工業(7011.T)・川崎重工業(7012.T)で作る官民連合と、仏政府系造船企業のDCNS、ドイツのティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)が参加した。日本が最有力とみられていたが、武器の国際共同開発の経験が乏しいこと、豪国内で建造することに途中まで消極的だったことで、競合にリードを許した。
今回の選定結果を受け、中谷元防衛相は記者団に「たいへん残念に思う。豪側に説明を求め、その結果をしっかり今後の業務に反映したい」と語った。TKMSのアツポディエン会長は「豪海軍の能力向上にいつでも手を貸す用意がある」とのコメントを発表した。
DCNSは5000トンの原子力潜水艦「バラクーダ級」の動力をディーゼルに変更した艦を、日本は海上自衛隊が運用する4000トンの「そうりゅう型」をベースにした艦を、ティッセンクルップは2000トン級の「214型」を大型化することを提案していた。

全1606ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事