女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1606ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


 日清食品はどうしたかったのか?!

 完全に道を見失っていますね。

 犯罪者を集めた????

 その上に完全に主婦相手の

 商品のはずなのに・・・・・

 一番嫌われている

 矢口を起用するって

 面白いからやってみよう的な考えなのでしょうかね。

 レベルが低すぎです!

イメージ 1

イメージ 2

 日清食品は8日、3月30日から放送を開始したカップヌードルの新CM「OBAKA’s UNIVERSITY」シリーズ第1弾の放送を取りやめると同商品の公式ホームページで発表した。

 CMはビートたけしが学長を務める大学で、矢口真里、小林幸子、新垣隆氏など世の中を騒がせた人たちが自虐ネタを披露するという内容。若者に失敗から這い上がる力を伝えたいとの意図があったものの、不倫をネタにする矢口の姿などに批判の声が上がっていた。

「カップヌードルのCMに関するお詫び」と題された発表ではCMに関しては視聴者から多くの意見があったとし「皆様に、ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪。放送をいったん取りやめるとした。

 一方「今回のCMのテーマであります、『CRAZY MAKES the FUTURE.』のメッセージを伝える『OBAKA’s UNIVERSITY』シリーズは、若い世代の方々にエールを贈ることが主旨」であるとし、今後もこのテーマに沿って引き続き広告を展開していくとしている。

  情けない!
 
 悲しい。。。。。

 もったいない、、、

 一生を左右する ・・・

 こんな事で、、、

 リオは絶望視!!

 意識が欠如しているというか

 馬鹿すぎる!!!

 甘いというか、日本のスポーツ界は

 どうなっているのか!?

 これも二人だけではなく

 他にもいるらしい!!!

イメージ 1

イメージ 2

  バドミントンのリオデジャネイロ五輪男子シングルス代表を確実としていた桃田賢斗(21)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一(26)が、違法性が疑われるカジノ店に出入りしていた件について、日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事(63)が7日、都内の連盟事務所で対応した。
 これまで2人の賭博行為を耳にしたことは「全くないです。驚いています」とし、「国民のみなさん、バドミントンファンのみなさんに対し申し訳ない。現段階では、厳しい処分を下そうと思う」とした。
 桃田は、昨年のスーパーシリーズファイナルを日本男子で初制覇するなど、リオ五輪のメダル有力候補だが、代表として「推薦はできない」と出場が厳しい見解を示した。協会は10日に緊急理事会を開き、処分を協議する。

 
 「アベ首相を燃やして灰にしてやりたい」

 「アベをずっと呪ってやる」

 あれ、『ヘイトスピーチに加担しない出版関係者の会』さん

 これ自身が ヘイトスピーチになっていますよ。

 自分が言うのは構わないのですか!?!

 これが あなた方の本性ですね。

 それにしても、怖い

 まあ、その笑顔って

 怪しすぎますね。

 デモ中の 漢字くらいは

 日本語で書いてください

 あなたたちの看板は

 日本の漢字になっていません。

 殆どのメンバーが

 中国・韓国の人たちだと

 バレていますよ!
 
イメージ 4


イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


  また韓国企業が・・・

 と思ってしまいました。

 世界中で 建築中や

 建築直後に 壊れている

 韓国の建築物

 今回は 違ったようですね。

 インド国内の会社のようです。

 ただ、28億円の高架の道路って

 少し安すぎませんか?!?

イメージ 1

イメージ 2


 機構の名前を出せば、鴻海の怒りを買い、まとまらなくなる

 こんなことを言っているようでは

 相手の思う侭でしょうね、

 それにしても、一度 騙されて

 それでも懲りずに

 また、同じ 相手との交渉に走った

 結果として 産業革新機構と

 条件が変わらない

 これでは何のためだったのか

 結局は 自分たちのための

 策略でしかなかった。

 こうして日本の技術が流れていく・・・

 最初から腰が引けた

 取締役たちでは

 太刀打ちは無理だったようです。



イメージ 1

イメージ 2

  台湾の 鴻海 ホンハイ精密工業によるシャープ買収の条件見直し交渉は、終始、鴻海のペースで進んだ。
 シャープ社内の不信感は再燃しており、日台連合の船出に向けて不安を残した形となった。
 「そこまで言われるがままになるなら、鴻海を断って(かつて支援策を提示していた政府系ファンドの)産業革新機構に頼むと言えばいいじゃないか」
 3月25日午後、大阪市阿倍野区のシャープ本社などで開かれた13人の全取締役の非公式協議の場。鴻海の示した買収条件の修正案が報告されると、ある取締役が怒りを爆発させた。
 買収額が減額されるだけでなく、シャープが経営破綻した場合に、液晶事業を鴻海が優先的に取得できると読み取れる条文が盛り込まれていたためだ。
 「機構の名前を出せば、鴻海の怒りを買い、まとまらなくなる」と交渉を担ってきた取締役らが必死に制止し、その場は収まったが、シャープには、再び機構に救いを求める選択肢は残されていなかった。

全1606ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事