女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1606ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


 最近は不倫 何又問題など

 話題になっていますが、

 まさか、そこにこの乙武氏が

 参入するとは思っていませんでした。

 それにしても、5人との不倫って・・・・

 狩野英孝が 誰から構わず

 やり捲っている それを聞いた

 気持ち悪くなりましたが

 申し訳ないですが

 それに比しても負けず劣らず

 気持ち悪い!!!!!!

 狩野のケースでは 本命とか

 言っていましたが 5人以上と付き合っているなら

 本命なんてあるはずがないでしょう。

 ただ、やれる相手ならだれでもいいというのが

 その結果だとなぜ気が付かないのか

 不思議です。

 私たちは 彼の身体で それ程のことが

 行われているというイメージが

 全くありませんでした。

 また、奥様の対応は素早く

 見事に火消しに回っています。

 ただ、そのやり方は 完全に

 政治家のそれですね。

 この事によって 彼の出馬は

 確定しました。

 ただ、イメージのダウンは避けられないでしょう。 


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 週刊新潮に自身の不倫を報じられた作家の乙武洋匡氏(39)が24日、公式ブログでコメントを掲載、妻である仁美さんのコメントも掲載された。

 ブログには「報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、決して許されるものではありません」と、全面的に報道を認め謝罪。

 そして、「以前より、妻には私のこれまでの行いを打ち明け、話し合いをしておりました」と、報道前から、仁美さんは、乙武氏の不倫を知っていたようで、その上で「一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました」と、乙武氏の不貞を許してくれたことも明かした。

 「『夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい』と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています」ともつづり、二度と同じ過ちは犯さないと約束した。

 また仁美さんも「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」とつづり、夫の騒動を謝罪した。

 週刊新潮の報道によると、昨年12月から年始にかけて20代後半の女性とフランス、チュニジアを旅行。乙武氏も「3、4年前からのお付き合い」と不倫を認め、過去5人の女性との不倫も告白している。
困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 この人たちの謝罪って

 取りあえず 頭を下げておけば

 いいやという 考えが透けて見えます。

 真剣に 検討も 振り返りもしないでしょうね。

 これだけ何度も 訴えているのに 

 面倒なことを 起こしやがって

 という そんな雰囲気にしか

 見えません。

 こうして、また 次の悲劇を生むのでしょう。

 児童相談所も 国も県も

 この問題を 基本から

 やり直さない 限り

 また、同じことが繰り返されます。

 児童相談所の所長 その他の人たちって

 元教師とか どこかの省庁関係とか

 そんな人の片手間で

 問題が解決するはずもありません。

 それにしても、中学生の命が

 また一つ消えてしまった。

 これだけ SOSを出しても

 無視され続けて 絶望の中で

 亡くなった彼の心情を

 思うと 胸が締め付けられます。

 全員首にして 恩給も

 カットすれば 少しは

 身に染みて 動くのではないでしょうか。

 ここで謝罪することが免罪符に

 なると考えているだけとしか見えません。

イメージ 1

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。



 また舛添要一ですか

 しょうもない!!

 外遊問題でも味噌をつけましたが

 この人はやる事なす事

 陸なものではないですね。

 これだけ、待機児童問題

 特に東京都内では

 大問題になっているのに

 それを 無視して

 韓国の学校!?!?!?

 まあ、どう考えても

 都民はもちろん

 国民の 理解は得られなうでしょう。

 韓国のことはバカ大統領との

 約束を守ろうという事なのでしょうが

 それは 都知事としてやるべきことを

 やってこその その後の問題でしょう。

 現在の韓国は 日本に敵対している状況

 韓国でも 都税を 勝手に使いまわして

 贅沢三昧の後にこれですか

 まずは、待機児童が 《0》と

 なってから 次の次の次くらいの話でしょう。

 まあ、時間には絶対に都知事としては

 当選させてはいけませんね。


イメージ 1


 「こんなことはどこの世界でもやってますよ。官僚であろう政治家であろうとね」

 少なくとも私の周囲では

 こんなことは行われていません。

 あなたの常識は 世間の

 非常識です!!

 この人はいつも世間とずれている。

 サンデーモーニング自体が

 世間とずれたオジサンたちの集合体の番組

 それにしても、フアンが 反対するからやめた方がいいって

 どういう感覚なのでしょう。

 失礼ですが 完全にぼけていますね。

 三浦選手問題も 知らないことを平気で知ったかぶりで

 トンチンカンな解説 まあ、MC含めて そろそろ 

 バングをを再編すべきでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

 野球評論家の張本勲氏(75)が20日、TBS系「サンデーモーニング」の人気コーナー「御意見番スポーツ」に出演し、プロ野球の「声出し」に絡んだ金銭授受問題に触れ「勘違いしてもらいたくないんですよ。野球賭博と一緒にしてもらいたくない」と、野球賭博問題とは一線を画して考えるべきと訴えた。

 張本氏はプロ野球・熊崎勝彦コミッショナーのアドバイザーに就任。野球賭博への関与など、球界の有害行為根絶に向けて意見を述べる立場となった。18日には熊崎コミッショナーと意見交換もしている。

 しかし、「声出しに絡む金銭授受」は、試合前の円陣での声出し役に、連勝が続けば“ご祝儀”を渡すというもの。野球の勝敗に賭けていたわけではない。張本氏は「こんなことはどこの世界でもやってますよ。官僚であろう政治家であろうとね」と力説した。

 ただ、金銭のやりとりを続けることには反対の立場。「ファンあってのプロ野球ですから、プロ野球のファンがダメだよと言ったらやめた方がいい」と、ファンに疑念を抱かれないよう、廃止するべきという考え。「そのためには選手会が動かないと。球団とかコミッショナー事務局に任せっきりで。自分たちの問題ですから」と、選手会に「喝」を入れた。

 熊崎コミッショナーにも同様の提言をしたといい、「ファンの話を聞いて、選手会がまとめて、やめるならやめる。ファンがやめた方がいいという声が圧倒的に多いそうですから、やめた方がいいと思います」と述べた。

 テレビ局の利益以外のことに

 興味はないのでしょう。

 だからどんどん衰退している。

 視聴者のためという

 考えは全く 無いようです。

 マスコミ関係ってみな

 こんな人ばかりですね。

 それにしても、馬鹿ですね〜〜

 自分たちの利益と権益 

 その代表という位置なのでしょうね。

 そしてテレビを見る人は誰もいなくなるでしょうね。

 日本以外で 録画回数制限を

 している 国を知りません。

 何を考えているか

 あなたの頭の中のほうが興味がある。


イメージ 1

イメージ 2

 民放連の井上弘会長は17日の定例記者会見で、高精細の「4K」で放送される番組に関し、著作権を守るため、視聴者が録画できない技術仕様にすることも検討すべきだとの考えを示した。電機メーカーなどとつくる業界団体に対し、既に申し入れたとしている。

 井上会長は、番組を違法コピーした動画がネット上に多く出回り、放送局や出演者らの権利を侵害している現状を指摘。「4Kは非常に高精細で、(原盤の)マザーテープがどんどん出ていくことになる。録画してくださいとはなかなかいかない」と述べた。番組をネット配信するなどして、視聴者の便宜を図る考えも示した。

全1606ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事