女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


 日本人とは肌の色が

 違っていると言うのは昭和の感覚でしょう。

 これだけ国際的で グローバルな時代になって

 そんな時代錯誤では 世の中は

 良くなりません。

 彼女の美しさを湛えましょう。

イメージ 1

 
イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

ミス・ユニバース日本代表に宮本エリアナさん

「自分を信じて自分を出して頑張ります」
2015年のミス・ユニバース日本代表を決める日本大会が3月12日、東京都内で開かれ、最終審査で長崎県代表の宮本エリアナさん(20)が選ばれた。宮本さんは「世界大会はもっと過酷だと思いますが、自分を信じて自分を出して頑張ります」と決意を述べた。

「日本のアイデンティティーが変化」と海外も注目

ファイナリスト44人の中から日本代表の座を射止めた
宮本さんは3月、東京で開催された日本代表を決める最終審査に長崎県代表として出場。地方大会を勝ち上がったファイナリスト44人の中から、見事、日本代表の座を射止め、「ハーフの私でいいのかなという不安もあるが、世界大会は自分を信じ、自分らしく頑張りたい」と喜びを語った。

日本人の母とアフリカ系米国人の父を持つ
宮本さんは、米海軍佐世保基地に勤務していた父(43)と地元出身の母との間に生まれ、佐世保市内の小中学校を卒業。高校時代は、父の出身地である米アーカンソー州ジャクソンビルで学び、帰国後は日本でバーテンダーやモデルをしてきた。

異例の出来事として海外で話題に
日本人らしい白い肌が美の象徴というイメージからは離れた宮本さんの選出は、異例の出来事として海外で話題に。

    自殺した友人のため

    子供時代、差別を受け
    米CNNなどの取材に対し、宮本さんは子供時代を振り返り、「学校ではゴミを投げ付けられたり、差別的な言葉を吐かれたりした。肌の色や髪の毛をからかわれ、クラスメートに同じプールで泳がないでと言われたこともある」と語った。

    「ハーフに対する世間の見方を変えてもらいたい」
    コンテストに応募した動機について、親しい自分と同じハーフの友人が自ら命を絶ったことをあげ、「『日本人に受け入れられていない気がする』と話していた友人のためにも、日本の世の中をちょっと変えたいと思った。ハーフに対する世間の見方を変えてもらいたい」と述べた。

    ネット批判にも冷静

    心ない書き込みもあった
    ネット上では、宮本さんが日本代表に選ばれると「日本代表にハーフを選んではダメだ」「日本人らしくない」などといった心ない書き込みがされた。
    「批判がなかったら、逆に私が出る意味がない」
    だが、宮本さんは冷静だ。米ブルームバーグとのインタビューで「批判がなかったら、逆に私が出る意味がなかったんじゃないかと思う。批判は無視せず、その人たちの考えを変えられるような活動をしたい」と力を込めた。

    「私はとことん日本人」
    現在、日米二重国籍の宮本さんは、22歳までにどちらかを選ばなければならない。宮本さんはデイリー・メールに「もちろん、日本を選ぶわ。自分では、私はとことん日本人だと思っている。そう、100%日本人よ。肌の色の違いは、その人となりとは全く関係ないはず」と言い切った。

     インスタント物は 
     
     あまり食べない方ですが

     それでも、このペヤングは

     時々食べたくなります。

     これだけ、販売されていないと

     好きな人には 禁断症状が出かねないでしょう。

     どのくらい売れるか 心配しているようですが

     それどころか 商品不足が起きると思います。

    イメージ 1

    イメージ 2


     2014年12月に購入者の指摘によりゴキブリの混入が判明し、半年間にわたって製造・販売休止に追い込まれていたカップ麺「ペヤングソースやきそば」が今年6月上旬にも販売再開されることになった。

    同製品を製造するまるか食品(群馬県伊勢崎市)は、指摘を受けた当初は「製造過程で混入することは考えられない」と強調。しかし1週間たって「製造過程での混入の可能性を否定できない」と一転して自社の責任を認め、全工場の製造中止と販売休止を発表。工場設備の刷新と改修に着手した。

    工場のすき間を塞ぎ、密閉性を高める

    具体的には、すべてのすき間を塞ぐためにひび割れ部分を補修。古い床や壁面などの表面を剥がし、油汚れに強くおうとつのない素材を使用することで、清潔感の向上に努めた。

    また「ゼロからのスタート」と位置づけて、従業員教育を徹底。工場への出入り方法やトイレ休憩の仕方など細かくマニュアルを見直したという。

    返品対応や設備刷新費用は数十億円規模にまで膨らんだもよう。売り上げ130億円規模(流通を担う子会社のまるか商事ベース)の同社にとっては痛い出費だが、これまでの利益の積み上げにより、銀行借り入れに頼ることなく手元資金でまかなったという。

     生まれ変わった「新ペヤング」は、異物の混入を防ぐため、フタはシールで密閉する容器に変更。混入前は多くの種類があったが、当面は主力の「ペヤングソースやきそば」のみを製造する。まず6月に首都圏で販売を初め、徐々にエリアを拡大させていくことを目指している。

    ゴキブリ混入発覚前の製造能力は1日40万食で、再開後もそれは変わらない。販売休止中の半年間の売り上げは当然ゼロ。今後の売り上げ見通しについて、「消費者にどの程度受け入れて頂けるか見当がつかない」(広報担当)という。

    ネットオークションでは高値入札も

    昨年の混入発覚後は、自社の責任を当初否定したまるか食品の初動対応に批判が殺到した。一方で、店頭から消えた「ペヤング」がネットオークションに出品されると、根強いファンが高値で入札。「ヤミ米」をもじって「ヤミペヤング」という言葉がネット上で飛び交う現象も起きた。

    まるか食品は、ゴキブリ混入経路の解明などの調査を進めてきたが、実は今に至っても原因を特定できていない。リスクを減少させるべく考えられる対策は打ったものの、懸念は残されたままだ。販売再開後、はたして消費者はどう反応するのだろうか。

     この人は いつも話題というか

     問題発言が多いです。

     上の人に弱く 下の人に

     強いという 一番嫌われるタイプです。

     彼くらいの 実績があっても

     監督としてはもちろん

     コーチとして全く声がかからない

     そういう状況を本人は

     気づいていないようです。

     バッティングは 良かったですが

     守備は 小学生並み・・・・

     とにかく肩が弱かった

     足も遅い 外野手としては

     素人以下でしたね。

     そんな事は忘れてしまいましたか??!

     元コメンテーターの

     大沢親分は評判が良かったのに

     張本になって 私の知り合いも見なくなった

     と言っています。

     番組自体が 年寄りの集まりで

     愚痴を言っているようになってしまった。

     まあ、張本は 選手の悪口を言っているだけ

     イチローを 数年前から引退するべきと

     言っていましたし。

     MLB に行く日本人は

     全て 貶しています。

     大谷は ダメになると

     毎年言っていますが

     今年は 開幕から

     3連勝していますよ

     まあ、知らないサッカーにまで口を出し始めて

     この人って いるだけ邪魔な存在でしかありませんね。 

    イメージ 1

    イメージ 2


     野球評論家の張本勲さん(74)のサッカーをめぐる発言が、「またしても」物議をかもしている。今度は「キングカズ」こと三浦知良選手(48)に対して、「もうおやめなさい」と引退勧告をしてのけた。
    これまでもサッカーにはあまり好意的でない発言を繰り返してきた張本さんだけに、「サッカーに口出すな」とファンから大反発を食らっている。

    「2軍で頑張ってもそんなに話題性がない」

    「問題発言」は2015年4月12日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で飛び出した。サッカーJリーグ「J2」の横浜FCでプレーする三浦選手が5日のジュビロ磐田戦でゴールを決め、自身が持つJリーグ最年長得点記録を48歳1か月10日に更新したニュースを受け、
    「カズファンには悪いけどね、もうおやめなさい」
    と唐突に「引退勧告」したのだ。スタジオの出演者がそろって「なんで!」と驚くと、
    「スポーツマンとしてはもう魅力がないね。(J2は)野球で言えば2軍だから、2軍で頑張ってもそんなに話題性がない」
    と説明。若い選手に席をゆずってやるべきだとして、「しがみつく必要はないですよ。立派な指導者になれる」と新たな道をすすめた。
    関口宏さんが「見ていて楽しいけどな」と口をはさむと、「何が楽しいの!あんたが楽しいだけでしょ!」と一蹴。苦情の電話が鳴るかもと注意されると、「鳴るでしょう。鳴ってもいいんです」と批判も覚悟した上での発言だったようだ。
    案の定、張本さんの放言にカズファン、サッカーファンは猛反発。ツイッターには
    「オマエはカズのことを語るな!サッカーを語るな!」
    「サッカーを愛して挑戦し続けるカズへのリスペクトが足りなすぎる」
    「野球解説者の癖にサッカーに口出すな」
    と張本さんを非難する投稿が殺到した。「J2と野球の二軍を混同してる時点で、もう解説はお辞めなさい」と皮肉る声もあった。
    なお張本さん自身は、プロ野球選手として23年間、41歳まで現役を続けた。3000本安打を達成したのは引退する前年のことだった。

    「サッカーの話はもういいんじゃないの?」

    張本さんに対して「いっつもサッカー嫌いな発言してる気がするわ」という意見がある。確かにこれまでも、サッカーに悪意を持っているかのような発言が見られた。
    14年6月、サッカー解説者の中西哲生さんがブラジルワールドカップ(W杯)について話していると、「悪いけど、もうサッカーの話はもういいんじゃないの?」と横やり。すでに日本は敗退しているとして「よその国のことはいいんじゃないの?」と主張した。
    ほかにも日本サッカー協会がハリルホジッチ氏に年棒200万ユーロ(約2億5000万円)で代表監督のオファーをしたと報じられた時は「協会、そんなにお金あるの?」とぶつくさ。Jリーグのクラブ名が覚えにくいと文句をつけてサンフレッチェ広島に「カキ広島」と提案したこともある。
    発言のたびにサッカーファンから反発を受けてきたが、実は「私はサッカー好き」と話したこともある。しかし直後に「情熱を失ったよ、W杯で惨敗したから」と言っており、本当のところはよく分からない。

    全1ページ

    [1]


    .


    プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

    Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

    みんなの更新記事