女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


 完全に黒ですよね。

 どう考えても 不倫です。

 それも昨年の夏に結婚しての直後です。

 完全に 略奪愛です、

 「ゲスの極み乙女。」川谷絵音も悪いですが

 新婚さんと知っていての行動ですからね

 どこかの惚けた番組では

 結婚していることを知らなかったのではないかなんて

 ベッキーを擁護するためなら何でもありですね。

 好きなタレントの一人でしたが どうも

 昨年暮れから 輝きが落ちていた気がしました。

 こんな理由だったとは

 それにしても 『卒業』って・・・・

 奥様を 馬鹿にしすぎでしょう。

 年収数億円の ベッキー様から

 みれば 世間の下層の人間に

 見えるのかもしれません。

 でも、そういう方々がいるから

 あなたのCMが成り立つのです。

 ただの友達って・・・・・
 
 年頃の男と女が 一部屋に

 宿泊する。

 また、お正月には実家に挨拶に

 これでどう 釈明しても

 無理ですね。

 『下種の極み』 はお二人に

 相応しい言葉のようです。

 さあ、今後の 週刊誌の

 内容はもっと 暗部に切り込むようです。

 週刊誌批判をしている

 タレントもいますが、不倫って。。。。。

 法律違反という事を知っているんでしょうか?

 妻のことを心配する コメントは皆無でしたね。

 タレントさんたち 自分たちは特別な存在で

 何をしても許されると勘違いしていませんか。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との“ゲスの極み”な禁断の愛。ベッキーは即座に釈明会見に登場して涙を浮かべるも、記者からの質問は一切受け付けないという一方的なもの。さらに記事にある写真やLINEの熱愛ぶりとはまったく矛盾する「親しい友人関係」との言葉に、記事を読んだネット民からは失笑、嘲笑のコメントが多数書き込まれた。

「間違いなくファンに向けてではなく、広告主に対しての謝罪でしたね。10本のCMを抱えるベッキーですし、対応が早かった点は評価できますが、あの釈明で納得する企業は少ないでしょう」(広告代理店関係者)

 人気凋落必至とあっては、企業も今後の起用について一考するしかないだろう。世間的には2人そろってバッシング一色だが、同じ芸能界のお仲間さん方は、必ずしもそうではないらしい。

「有吉弘行は、ベッキーのツイッターの書き方をマネして『今日も1日、頑張る』と書き込んで揶揄しています。加藤浩次は情報番組のワイプで『ちょっと軽率だったかも』、小倉智昭は『イメージを考えると損』と苦言を呈していました。しかし、武田鉄矢は『一つか二つ悪いことしないと立派な芸能人になれない』と擁護。川谷の奥さんがこれを聞いたら何と思うでしょうか。事情を知らないのに知ったふうなことを言うべきではないですよ。芸人のワッキーもおそらく記事を読んでいなかったのでしょう。『ベッキーを信じましょう』と的外れなツイートをしています」(週刊誌記者)

 ちなみに、1月13日にリリースされる「ゲスの極み乙女。」のアルバムのタイトルは「両成敗」。果たしてベッキーと川谷は、共に相応の罰を受ける覚悟はあるのだろうか。

 今年が厄年だからではないだろうが、ベッキーにとっては波乱の一年の幕開けとなった。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事