女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


 平野美宇選手がアジア選手権で優勝しました。

 今や世界で圧倒的と言われている 丁寧選手

 リオデジャネイロオリンピック、ワールドカップ、

 世界選手権と

 全てに優勝しています。

 世界ランキングでも当然の一意の選手です。

 その選手を準決勝で破り、準決勝では

 世界ランキングの 2位の朱雨玲を

 ストレートで破り

 決勝では 世界ランキング5位の陳夢

 も、またストレートで破り優勝しました。

 全日本選手権では 世界ラインキング4位の

 石川佳純を破っています。

 ワールドツアーを史上最年少で

 優勝をしています。

 彼女の今後が楽しみですね。

 5月には世界選手権があります。

 まずは、ここで平野選手と巻き返しを

 期待したい、石川佳純選手、伊藤美誠選手の

 活躍も待ちたいです。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 「卓球・アジア選手権」(15日、無錫)

 女子シングルス決勝が行われ、平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク5位の陳夢(中国)を3−0(11−9、11−8、11−7)で下し、初優勝した。


 日本勢の優勝は1996年の小山ちれ以来、21年ぶり。平野は準々決勝で世界ランク1位でリオ五輪女王の丁寧をフルゲームの末、撃破。準決勝では同2位の朱雨玲をストレートで下した。中国での開催。常に「加油!(中国語で頑張れ!)」が響き渡る大アウエーの中、中国勢を3連破しての快挙となった。

 非中国人としては3人目のアジア選手権制覇に、国際連盟もホームページで「中国の支配を打ち破り、卓球界を驚かせた」と、称賛した。その攻撃的なスタイルに「平野がテーブルから退くことはなかった。特にサーブではさまざまなスピンを利かせ、陳夢に最大の課題を与えた」と評した。

 また中国のコー・リンヒィ監督の「平野は試合を支配した。彼女のテクニックは我々よりも先進的だ」と、完敗を認めるコメントを紹介。「トッププレーヤーに対する3連勝は彼女の能力の証明。これから彼女の強みを勉強しなければならない」と、中国にとって最大の敵となったようだ。

 試合後、平野は「すごくうれしくて、驚いてます。中国選手に勝てるとは思ってなかった。(準々決勝で勝った)丁寧選手には勝ったこともなかったので。去年、中国リーグに参加して多くを学べたことが、今回の勝利に関係していると思う」と、笑顔満開。5月に開幕するの世界選手権に向け「アジア選手権で優勝できたので、このいいパフォーマンスを続けて世界選手権のタイトルに向けて頑張りたい」と、意気込んだ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事