女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

スポーツ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全504ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


 平野美宇選手がアジア選手権で優勝しました。

 今や世界で圧倒的と言われている 丁寧選手

 リオデジャネイロオリンピック、ワールドカップ、

 世界選手権と

 全てに優勝しています。

 世界ランキングでも当然の一意の選手です。

 その選手を準決勝で破り、準決勝では

 世界ランキングの 2位の朱雨玲を

 ストレートで破り

 決勝では 世界ランキング5位の陳夢

 も、またストレートで破り優勝しました。

 全日本選手権では 世界ラインキング4位の

 石川佳純を破っています。

 ワールドツアーを史上最年少で

 優勝をしています。

 彼女の今後が楽しみですね。

 5月には世界選手権があります。

 まずは、ここで平野選手と巻き返しを

 期待したい、石川佳純選手、伊藤美誠選手の

 活躍も待ちたいです。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 「卓球・アジア選手権」(15日、無錫)

 女子シングルス決勝が行われ、平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク5位の陳夢(中国)を3−0(11−9、11−8、11−7)で下し、初優勝した。


 日本勢の優勝は1996年の小山ちれ以来、21年ぶり。平野は準々決勝で世界ランク1位でリオ五輪女王の丁寧をフルゲームの末、撃破。準決勝では同2位の朱雨玲をストレートで下した。中国での開催。常に「加油!(中国語で頑張れ!)」が響き渡る大アウエーの中、中国勢を3連破しての快挙となった。

 非中国人としては3人目のアジア選手権制覇に、国際連盟もホームページで「中国の支配を打ち破り、卓球界を驚かせた」と、称賛した。その攻撃的なスタイルに「平野がテーブルから退くことはなかった。特にサーブではさまざまなスピンを利かせ、陳夢に最大の課題を与えた」と評した。

 また中国のコー・リンヒィ監督の「平野は試合を支配した。彼女のテクニックは我々よりも先進的だ」と、完敗を認めるコメントを紹介。「トッププレーヤーに対する3連勝は彼女の能力の証明。これから彼女の強みを勉強しなければならない」と、中国にとって最大の敵となったようだ。

 試合後、平野は「すごくうれしくて、驚いてます。中国選手に勝てるとは思ってなかった。(準々決勝で勝った)丁寧選手には勝ったこともなかったので。去年、中国リーグに参加して多くを学べたことが、今回の勝利に関係していると思う」と、笑顔満開。5月に開幕するの世界選手権に向け「アジア選手権で優勝できたので、このいいパフォーマンスを続けて世界選手権のタイトルに向けて頑張りたい」と、意気込んだ。

 ベスト4 でがっかりした方も

 多かったと思います。

 テレビ朝日には救世主のような

 WBCの放映でしたね

 大健闘でしょう。

 あれほど鉄壁といわれた

 日本の守備が

 最後のゲームで綻んだのも

 何か象徴的な気がします。

 結局は自責点 『0』で

 負けてしまいました。

 エラーが無ければ・・・・・

 と、スポーツにタラレバは

 禁句です。

 写真をお楽しみください。
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、米国が8-0でプエルトリコに快勝。準決勝で侍ジャパンを破って初の決勝進出を果たした野球の母国が、悲願の世界一に輝いた。先発のマーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)が6回まで無安打に抑えるなど、7回途中1安打無失点の快投。救援陣も無失点リレーを見せ、打線も8得点を奪う完勝だった。

 4大会目にして初の世界に輝き、野球の母国の面目躍如。マーリンズでワールドシリーズ制覇も経験している名将ジム・リーランド監督は試合後に「(優勝は)とてもスペシャルな瞬間だった。ワールドシリーズ制覇とは別の素晴らしさがある。我々が勝者になれたことが本当に嬉しい。素晴らしきアメリカを再び取り戻したかった」と喜びを噛み締めた。

 1次ラウンドでドミニカ共和国に逆転負けを喫したが、2次ラウンドでリベンジして準決勝進出。2次ラウンドで敗れたプエルトリコにも決勝で快勝した。準決勝では過去2回優勝の日本との熱戦を2-1で制し、初の決勝進出を果たしていた。

 準決勝の後には、苦しめられた侍ジャパンの野球、投手陣について「本当に感銘を受けた」と素直に称えていた指揮官。決勝ではストローマンの快投、打線の爆発と投打が噛み合い、7戦全勝だったプエルトリコに快勝。野球の母国がついに世界一の称号を手にした。

 試合を見ていてぐったりとしてしまいました。

 一緒にプレ-をしているような気持ちになって

 しまうほどの素晴らしいゲームでした。

 先行しても、点を取っても

 追いつかれることの繰り返し。

 この日の中田は凄かった!

 彼をなぜ敬遠しなかったのか

 当たりだすと止まらない選手ですからね・・・

 さて、次は又キュ−バ戦です。

 再び撃破してほしいデイですね。




 テレビ朝日系で12日に生中継された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦「日本―オランダ」の平均視聴率は今大会最高の25・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。また、瞬間最高視聴率は32・6%を記録した。

 瞬間最高視聴率を記録したのは午後11時5分、日本が6―5と1点リードした9回裏。この回から登板した則本が1死一、三塁から5番・グリゴリアスを左飛に打ち取った場面だった。

 平均視聴率25・2%は今大会最高。7日の1次ラウンド初戦、キューバ戦(TBS系列)で平均22・2%、同第2戦のオーストラリア戦(TBS系)では平均21・2%をマーク。10日にテレビ朝日系で生中継された同最終戦「日本―中国」の平均視聴率は18・0%と20%台到達はならなかったが、4戦中3戦で20%台の大台突破となった。

 9回に同点に追いつかれた侍ジャパンは、延長11回から大会史上初のタイブレークに突入し、1死二、三塁で中田翔内野手(27=日本ハム)が左前へ決勝2点打を放って8―6で勝利。過去最長4時間46分の死闘を制し、開幕4連勝。決勝トーナメント進出へ向け、大きな1勝を挙げた。


  情けない!
 
 悲しい。。。。。

 もったいない、、、

 一生を左右する ・・・

 こんな事で、、、

 リオは絶望視!!

 意識が欠如しているというか

 馬鹿すぎる!!!

 甘いというか、日本のスポーツ界は

 どうなっているのか!?

 これも二人だけではなく

 他にもいるらしい!!!

イメージ 1

イメージ 2

  バドミントンのリオデジャネイロ五輪男子シングルス代表を確実としていた桃田賢斗(21)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一(26)が、違法性が疑われるカジノ店に出入りしていた件について、日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事(63)が7日、都内の連盟事務所で対応した。
 これまで2人の賭博行為を耳にしたことは「全くないです。驚いています」とし、「国民のみなさん、バドミントンファンのみなさんに対し申し訳ない。現段階では、厳しい処分を下そうと思う」とした。
 桃田は、昨年のスーパーシリーズファイナルを日本男子で初制覇するなど、リオ五輪のメダル有力候補だが、代表として「推薦はできない」と出場が厳しい見解を示した。協会は10日に緊急理事会を開き、処分を協議する。

 「こんなことはどこの世界でもやってますよ。官僚であろう政治家であろうとね」

 少なくとも私の周囲では

 こんなことは行われていません。

 あなたの常識は 世間の

 非常識です!!

 この人はいつも世間とずれている。

 サンデーモーニング自体が

 世間とずれたオジサンたちの集合体の番組

 それにしても、フアンが 反対するからやめた方がいいって

 どういう感覚なのでしょう。

 失礼ですが 完全にぼけていますね。

 三浦選手問題も 知らないことを平気で知ったかぶりで

 トンチンカンな解説 まあ、MC含めて そろそろ 

 バングをを再編すべきでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

 野球評論家の張本勲氏(75)が20日、TBS系「サンデーモーニング」の人気コーナー「御意見番スポーツ」に出演し、プロ野球の「声出し」に絡んだ金銭授受問題に触れ「勘違いしてもらいたくないんですよ。野球賭博と一緒にしてもらいたくない」と、野球賭博問題とは一線を画して考えるべきと訴えた。

 張本氏はプロ野球・熊崎勝彦コミッショナーのアドバイザーに就任。野球賭博への関与など、球界の有害行為根絶に向けて意見を述べる立場となった。18日には熊崎コミッショナーと意見交換もしている。

 しかし、「声出しに絡む金銭授受」は、試合前の円陣での声出し役に、連勝が続けば“ご祝儀”を渡すというもの。野球の勝敗に賭けていたわけではない。張本氏は「こんなことはどこの世界でもやってますよ。官僚であろう政治家であろうとね」と力説した。

 ただ、金銭のやりとりを続けることには反対の立場。「ファンあってのプロ野球ですから、プロ野球のファンがダメだよと言ったらやめた方がいい」と、ファンに疑念を抱かれないよう、廃止するべきという考え。「そのためには選手会が動かないと。球団とかコミッショナー事務局に任せっきりで。自分たちの問題ですから」と、選手会に「喝」を入れた。

 熊崎コミッショナーにも同様の提言をしたといい、「ファンの話を聞いて、選手会がまとめて、やめるならやめる。ファンがやめた方がいいという声が圧倒的に多いそうですから、やめた方がいいと思います」と述べた。

全504ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事