女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

えんたーてぃめんとetc

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 以前から噂があった

 加藤綾子がとうとう退社

 独立ですか。

 テレビ東京にも負けて

 唯一 人気の女子アナを

 局内に 確保していた

 最後の砦も ついに

 陥落ですか。

 他には何も いい所がない

 フジは 酷使しすぎでしょう。

 彼女が倒れるまで

 使ってその後も休みも与えない。

 まあ、こうなるのは当然でしょうね。

 これでフジの 取り柄が

 何も無くなった!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 1月22日、フジテレビ加藤綾子アナウンサーが4月末に同社を退社することが発表された。

 この日、加藤アナはメインキャスターを務める『めざましテレビ』で、「入社した2008年から『めざましテレビ』を担当させていただきまして、2011年10月から毎日出演させていただいたこの番組を、このたび離れることになりました。あと2カ月ちょっと、4月1日まではこれまで通りがんばりますので、みなさん、これからもどうぞよろしくお願いいたします」と、同番組から卒業することを発表した。
 その後、フジは加藤アナが4月いっぱいで退社、『めざまし』以外のレギュラー番組については5月以降も引き続き出演する予定であることを発表した。かねてから噂されていた加藤アナの退社については、昨年7月にも「9月で退社」と報じられ、フジの亀山千広社長が否定する騒動になっていた。
 いよいよ現実となった人気者・加藤アナの流出は、フジにとって相当な痛手に違いないだろう。
「フジは11年に7年続いた年間視聴率3冠の座を逸し、日本テレビテレビ朝日の後塵を拝してきました。それ以降、視聴率下落が止まらないフジは番組の制作費を軒並み削っており、5年前と比べて20%以上削減したケースもあります。予算減少はテレビ業界全体的な流れではありますが、さらに最近のフジは制作会社などの下請けに無茶な要求をするなど、業界内の評判も芳しくありません。ビジネス誌の『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)には『王者フジはなぜ凋落したか』という特集を組まれる始末です。
 同誌も報じていましたが、テレビ東京の人気ドラマ『孤独のグルメ』シリーズは、もともとフジサンケイグループの出版社の雑誌で連載されていたため、当初はフジでドラマ化する動きがありました。しかし、幹部が『面白くないから』という理由で却下、結果的にテレ東で放送されたのです。みすみす人気コンテンツを逃すフジ上層部の眼力のなさは、もはや業界内でお笑い種になっています。当然、社内の空気は険悪で、現場からは『上は何もわかってない』『センスのなさが絶望的』と不満が渦巻いています」(テレビ局関係者)

視聴者「これでフジを観る理由がなくなった」


 そんなフジにとって、「唯一の希望といえるのが、加藤アナの存在だった」と語るのは、週刊誌記者だ。

 「就職活動では民放3社から内定を得て“スーパー綾子”と呼ばれた加藤アナは、情報サイト『オリコンスタイル』の『好きな女性アナウンサーランキング』でV2を達成、その後も3年連続2位と抜群の安定感を誇っています。『ホンマでっか!?TV』で共演している明石家さんまのほか、志村けんや石橋貴明(とんねるず)からも絶大な信頼を得ており、宮根誠司アナがその手腕を絶賛したこともありました。
 フジがそんな加藤アナを特番などで重用し、フル回転させ酷使してきたことは誰の目にも明らかです。かつてフジの人気アナだった高島彩や内田恭子も加藤アナ同様に酷使され、それが退社に至った大きな原因といわれています。そうしたフジの体質は、変わっていないのです。
 加藤アナは14年10月の『めざまし』放送中に体調不良で退席するなど、負担が心配されたこともありましたが、フジにとって加藤アナは絶対的なエースであり、かつて“女子アナ王国”といわれたブランドを維持するための最後の砦だったのです。
『めざまし』の後任について、フジは『決まり次第公表する』としていますが、現時点では永島優美アナや宮澤智アナが有力視されています。しかし、永島アナは昨年終了した冠番組『ユミパン』が視聴率1%台を記録するなど低人気は明らかで、宮澤アナも読売ジャイアンツ・小林誠司捕手との熱愛発覚で大ひんしゅくを買った経緯があります。そもそも、加藤アナの後釜は誰が座っても見劣りするでしょうが、『これでフジを観る理由がなくなった』『フジの終わりの始まり』『フジ凋落にとどめを刺す一撃』などと、視聴者は言いたい放題です」(週刊誌記者)

フリー女子アナ市場はカトパンが独走か


 また、加藤アナは退社後フリーとなり、女優・篠原涼子らが所属する芸能事務所、ジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属すると報じられている。フリー女子アナ受難の時代といわれるが、これで勢力図は変わるのだろうか。

 「最近では、局アナとして人気を博した田中みな実や川田裕美がフリーに転身しましたが、いずれも苦戦しています。田中はTBS退社後に初司会を務めた『ザワつく!?ウィークエンドTV ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)が昨年8月で打ち切りになり、川田も『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のアシスタント時代のほうが存在感がありました。
 前述のように、業界全体的に経費削減の流れがあるため、各局ともにフリーアナの起用には消極的です。しかし、加藤アナとなれば別格でしょう。今回の独立に際しては、芸能プロダクションなど10社以上からオファーがあったといわれますが、今後は各局でカトパン争奪戦が繰り広げられ、その煽りを食う人材も当然出てきます。フリー女子アナ市場は淘汰が進み、その結果、加藤アナの一強になる公算が大きいでしょう」(前出のテレビ局関係者)
 フジ退社後の加藤アナがどんな活躍を見せるのか、注目したいところだ。
(文=編集部)

開く コメント(2)


 タレントの皆さんは 彼女の擁護を

 していますが、『彼女がいい子に間違いがない』

 これって 重大犯罪の後の

 近所の証言と同じですよね。

 見た目や普段がいい人だから

 悪いことをするはずがないって。。。。

 そんなことを理解していないのか

 自分がいい人に見られたいのか

 そんな思惑があるのでしょうか。

 彼女の行動はどう見ても

 女としては悪女です。

 それを誰も指摘しない。

 していることが悪であれば

 ダメなんです!!!

 そんなことも分からない 芸能界

 特殊な世界で 自分たちは

 選ばれた人間だと錯覚している。

 犯罪種が多いのが あなたたちの世界と

 一般の方は思っていますよ。

 厳しい親なら 芸能界に勧めたりしませんからね。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 1月7日発売の「週刊文春」報道により明るみになった、タレントのベッキーとゲスの極み乙女。ヴォーカル・川谷絵音の不倫問題。同誌は14日発売号で川谷の妻の独占インタビューを掲載したが、さらに現在発売中の21日発売号では、超弩級の“文春砲”を炸裂させている。 

最新号に掲載されたのは、「『ありがとう文春!』だってゲス&ベッキー“禁断愛”は終わらない」と題する記事。「週刊文春」の報道を受けてベッキーが謝罪会見を開いた1月6日の前日に交わされた2人のLINEのやり取りがスクリーンショットと共に掲載されているという、衝撃の内容だ。

2人がLINEで交わした会話は、「週刊文春」の報道は堂々とできるきっかけになったと考えていることや、不倫であることを認める言葉、一時的に会えなくなっているのは遠距離恋愛程度にしか考えていないこと、さらには「ありがとう文春!」「天才だね!文春!」「センテンス スプリング!」など、まさかの「週刊文春」への感謝も飛び出しているという。 

今回、最新号の「週刊文春」の内容が広く知られると、ネットは改めて騒然。「あまりにゲスい…」「ベッキーもうダメだろこれ」「文春砲が特大すぎて眠さ吹き飛んだ(苦笑)」「ありがとう文春!には草だ」「面白ネタばかりでこっちもありがとう文春!だよ!」「ありがとう文春は流行る」「前向きすぎるだろwww」などの声が続々と上がっている。

また、その語感の良さから、「ありがとう文春!」「センテンス スプリング!」のワードだけツイートするネットユーザーも多く、1月21日午前7時30分現在、Yahoo!リアルタイム検索「話題なう」でも上位にランクイン。大きな反響を呼んでいる。

開く コメント(0)


 これがマスコミの正体

 自分たちの都合で物事を

 考え左右する。

 物の値上げにはいろいろと茶々を入れるのに

 新聞の値上げは突然何の

 前触れもなくする。

 これがマスコミの自分たちに都合がいい

 やりかた。

 それがそのまま テレビ朝日には

 伝統として残っている。

 テレビ、新聞以外に

 情報を得る手段がなかった

 時代とは違い 今は

 ネットやその他の方法があります。

 情報リテラシーができる

 国民にはとっくにばれていますよ。

イメージ 2

イメージ 3

1993年9月21日 、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
テレビ朝日 報道局長の椿貞良が、 総選挙時の局の報道姿勢 に関して
「 小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。 
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、 
なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる
手助けになるような報道をしようではないか 」 
との方針で局内をまとめたという趣旨の発言を行う。
日本の放送史上で初めて、放送法違反による
放送免許取消し処分が本格的に検討された事件である。


イメージ 1


 椿貞良さん(つばき・さだよし=元テレビ朝日取締役報道局長)が12月10日死去、79歳。葬儀はすでに営まれた。

 1960年、日本教育テレビ(現テレビ朝日)に入社。北京支局長、報道局長などを歴任。取締役報道局長だった93年に日本民間放送連盟の会合で、総選挙報道について「反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか。指示ではないが、そういう考え方を話した」などと発言し、責任をとって辞任。

 国会に証人喚問され、テレビ報道の公平公正が問われるなど波紋を呼んだ。この「椿発言」問題が、放送倫理・番組向上機構(BPO)の前身である、放送と人権等権利に関する委員会機構(BRO)設立の遠因になった。

開く コメント(2)



 白人というのは 元々

 コンプレックスが強い人種なのでしょう。

 黒人はもちろん日本人も 黄色人種として

 ノーベル賞を与えようとはしませんでしたし

 オリンピックでも 不利にされる

 まあ、これは100年たっても変わらないのでしょうか。

 日本でも ミスユニバースが話題に

 一方では陸上や サッカー・ラグビーにも

 純粋な日本人ではない人の

 活躍も目覚ましいですね。

イメージ 1

イメージ 2


 米国の第88回アカデミー賞の演技部門の候補者20人が、2年連続で全員白人だったことが波紋を呼んでいる。黒人の映画監督スパイク・リー氏らが抗議し、2月28日のアカデミー賞授賞式をボイコットすると表明。これを受け主催者は、選考メンバーの人種などを多様化すると発表した。
 昨年のアカデミー賞の名誉賞を受賞した社会派として知られるリー氏は、「我々(黒人)は、演技が出来ないとでも?」などと抗議。黒人女優ジェイダ・ピンケット・スミスさんもフェイスブックのビデオメッセージで抗議し、授賞式をボイコットすると訴えた。
 同賞選考メンバーは俳優や監督、音楽家など映画業界の人々だが、詳細は非公開。ロサンゼルス・タイムズ紙によると、2012年時点での選考メンバーは6千人以上おり、そのうち白人が94%、男性77%、平均年齢62歳と伝えている。
 賞を主催する映画芸術科学アカデミーのシェリル・ブーン・アイザックス会長は18日に声明を出し、候補者全員が白人になったことについて「胸が張り裂けそうで、失望している」などと表明。選考メンバーは、性別や人種などで多様性があるよう見直すと表明した。(ロサンゼルス=平山亜理)

開く コメント(0)


 結局は ジャニーズ事務所の勢力争いに

 SMAPが巻き込まれたという顛末

 バカバカしすぎです。

 国民的なアイドルを自分たちのものとする。

 まあ、利益を貪って

 それ以上に自分の権利を

 周囲にまき散らす。

 そしてその最も根源が

 メリー喜多川副社長 のようですね。

 事務所での実力者は私だということを

 示したいのでしょう。

 彼女がいる限りは

 SMAPはもちろん

 今後もトラブルが続くことになりそうです。

 それにしても、その犠牲に

 SMAPがなってしまうとは

 情けなく悲しいですね。 




 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


 〈SMAP解散〉──衝撃的な見出しとともに、国民的アイドルグループ・SMAPの中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)が所属するジャニーズ事務所から独立し、木村拓哉(43)だけが残るという一報は、一般紙でも報じられる“大事件”となった。
 発端は「SMAPの育ての親」といわれる女性チーフマネジャー・I女史と同事務所の副社長・メリー喜多川氏との確執だった。
 それが表沙汰になったのは、2015年1月に『週刊文春』が報じた〈ジャニーズ女帝 メリー喜多川 怒りの独白5時間〉という記事だった。
 メリー氏はインタビューで、〈派閥があるなら、それは私の管理不足です。事実なら許せないことですし(中略)今日、(I女史)を辞めさせますよ〉と述べたうえで、〈私の娘(藤島ジュリー景子)が(会社を)継いで何がおかしいの?(中略)次期社長ですよ〉とジュリー氏こそが後継者だと明言した。
「もともとI女史は、ジャニーズ所属タレントだったフォーリーブスの熱烈な追っかけで、その縁でジャニーズ事務所で働くようになったそうです。そんな彼女が後継者と指名する自分の娘と肩を並べるようになったのが、メリー氏は気に入らなかったのでしょう。この記事が出て以降、I女史は“もう事務所にはいられない”と漏らすようになった」(芸能関係者)
 そしてI女史はSMAPの映像作品を製作・管理するジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」の役員を辞任。ジャニーズ事務所の退社も決まっている。
 確執の中で、SMAPメンバーもそれぞれの決断を迫られる。
「草なぎや稲垣は不祥事(*注)を起こしたときに助けてもらったという恩義があり、I女史に付いていくという意思が強かったそうです。数多くのバラエティ番組のMCを務める中居は、独立してもやっていけるかどうかをかなり考えたようです。
 I女史の立場が悪くなり始めた昨年初めの頃からタモリ、ダウンタウン・松本人志といった大物芸人と今まで以上に親交を深め、業界に影響力を持つ重鎮らにも相談していたとの話がある。その感触から“ジャニーズを辞めても干されないだろう”と踏んだわけです」(芸能ジャーナリスト)
【*注:稲垣は2001年8月、駐車禁止違反で警察官に免許の提示を求められたが、車を発進させたため、公務執行妨害と道路交通法違反で現行犯逮捕された。草なぎは2009年4月に泥酔し、公園で裸になり大騒ぎして公然わいせつ罪で現行犯逮捕された】

 一方で“残留”を貫いたのが木村だった。
「木村は“ジャニーさんやメリーさんは裏切れない”と終始話していた。また妻の工藤静香とメリー氏は懇意の仲であるため、彼女から説得されたという説もあります」(同前)
 ところが、独立話に対するメリー氏の反応は、中居の予想をはるかに上回る凄まじいものだったようだ。
「メリーさんは、I女史と4人のメンバーは絶対に芸能界で仕事をさせないと激怒した。他の大手プロダクションの社長にも、その話はすぐに伝わったようです」(前出・芸能関係者)
 タレントのわがままで自由にプロダクションを移籍することを許せば、売れる前の投資費用を回収できない。そのため芸能界にはタレントの独立を認めず、逆らって独立すれば仕事を干すという不文律がある。
「その点はライバル会社とはいえ利害は共通する。有力プロダクションに拾ってもらえる可能性はゼロだ、と独立を画策したメンバーたちも悟ったようです。テレビ局も嵐などジャニーズの他のタレントに出演拒否されたら困るので、4人を使わないでしょう。その感触が伝わって、中居らの気持ちは一転、グラグラに揺れたようです」(同前)
 この分裂騒動の行方は本稿締め切り時点で見えてこない。だが、I女史と4人のメンバーには、もはや「行くも地獄、帰るも地獄」の未来しかないようだ。
※週刊ポスト2016年1月29日号

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事