女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

えんたーてぃめんとetc

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 報道ステーションの あまりの偏向報道に

 大口CM契約者の 高須クリニックが

 激怒して止めてしまいました。

 それで少しは反省したてのかと

 思いましたが、 やはり彼らには

 良心は消えうせているようです。

 この番組だけではなく

 テレビ朝日自体が 堕落しているのでしょう。

 世田谷の一家惨殺の事件さえも

 自分達の都合がいいように

 編集してしまう。

 これはマスコミというよりも

 ただの電波の垂れ流しでしかありません。

 そろそろ、テレビ局の免許問題も

 真剣に検討すべきときなのかもしれません。
イメージ 1
イメージ 2

 東京都世田谷区で2000年12月に宮澤みきおさん一家4人が殺害された事件について、テレビ朝日が昨年末、その犯人像を推理する特別番組を放送した。その番組によって名誉などを侵害されたとして、被害者の遺族の入江杏さんが12月14日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に審理を申し立てた。入江さんは申し立て後、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見を開き、「とても辛く、悲しく、メディアに寄せていた信頼が裏切られた」と語った。(文・写真/加藤順子)
●元FBIプロファイラーと被害者実姉が対談したが・・・
入江さんは、宮澤みきおさん(当時44歳)の妻・泰子さん(同41歳)の実姉で、事件当時は宮澤さん宅の隣に住んでいた。事件発覚の前夜も一家と談笑していたが、その翌朝、凄惨な現場を目の当たりにした。
今回、入江さんがBPOに審理を申し立てたのは、2014年12月28日にテレビ朝日系列で放送された『世紀の瞬間&未解決事件 日本の事件スペシャル「世田谷一家殺害事件」』というタイトルの特別番組。テレビ朝日の警視庁担当記者が案内役となり、アメリカから来日した元FBIのプロファイラー、マーク・サファリック氏が、事件現場を訪れたり、当時の捜査関係者に話を聞いたり、CGのシミュレーションを見たりしながら、犯人像に迫っていくという内容だった。
番組の後半で、サファリック氏と入江さんが東京都内のホテルで面談するシーンが放送されたが、その映像の編集の仕方やテロップ、ナレーションに問題があったと、入江さんは指摘している。
番組の中で、サファリック氏は、犯人は宮澤さん夫婦の顔見知りであり、怨恨による凶行であるというプロファイルを示す。犯人像について「メンタル面で問題を抱えた者ではないかと考えている。みきおさんか泰子さんのどちらかが犯人の恨みを買った」と述べている。
それに対して、入江さんは「妹たちには恨まれている節はなかった。経済的なトラブル、金銭トラブル、男女関係なども一切なかった」と怨恨説を否定した。だが、そのあとに続くシーンに問題があったと、入江さんは主張している。
入江さんの発言のあと、サファリック氏が「みきおさん、もしくは泰子さんが、仕事上もしくはプライベートで、●●●へ行ったり、そのような接点は考えられますか?」と質問するシーンが流れた。ただ、「●●●」の部分は「プゥーッ」という規制音でかき消され、テロップも「重要な見解」という言葉に置き換えられていて、肝心の質問の中身がわからないようになっていた。

 それに続いて、入江さんが「考えられないでもないですね」「推測では申し上げられませんけど、少なくとも、礼くんの発達障害を気にかけて・・・」と発言するシーンが流された。ただ、その発言は途中までしか放送されず、代わりに男性ナレーターの声で「具体的な発言のため放送を控えるが、入江さんには思い当たる節もあるという」という説明が付け加えられた。
また、サファリック氏と入江さんの問答のシーンの間、テレビ画面の右上にはずっと、「緊急来日サファリック顔見知り犯行説VS被害者実姉“心当たりある”」というテロップが表示されていた。
●元FBIの説に賛同したかのような「事実と異なる報道をされた」
このようなテレビ朝日の番組編集について、入江さんは、BPOへの申立書のなかで、次のような点が「放送上の被害」であるとしている。
(1)サファリック氏の発言によって、入江さんは犯人に心当たりがあることに気づかされ、「強い怨恨を持つ顔見知り犯行説に賛同した」かのように、事実と異なる報道、公正を欠く放送をされた
(2)殺害された末っ子の礼君の発達障害に関連して、犯人の特定につながる具体的な発言を入江さんが行ったかのように事実と異なる報道、公正を欠く放送をされた
さらに、入江さんは、放送日当日の新聞のラテ欄に載った番組広告も問題視している。
(3)「○○を知らないか?『心当たりがある』遺体現場を見た姉証言」などと番組宣伝を行い、実際にはない発言を番組の目玉として放送した
入江さんの記者会見に同席した代理人の廣田智子弁護士は「88分のインタビューの中から抽出し、テレビ的な手法で『プゥーッ』という規制音を入れたり、コマーシャルで切って何度も印象づけたり、あえて『放送を控える』とすることで、あたかも重要なことを言ったかのようにしている」と、番組の演出方法に問題があると指摘した。
そのうえで、テレビ朝日の番組には、名誉権と自己決定権を侵害した問題と、言ってもいないことを言ったように放送した放送倫理上の問題の2点があると、BPOの審理を申し立てた理由を説明した。
入江さんは、遺族としての悲しみを生きる力に変えようと、犯罪・事故被害者遺族のグリーフケアの活動をおこなってきた。昨年11月にテレビ朝日側から番組制作への協力を依頼され、「自分の活動の背景にある遺族としての思いを伝えてもらえるのなら・・・」と承諾した。ところが、番組が放送されたのを見て、恣意的な編集に驚いたという。

 放送直後にテレビ朝日に抗議し、謝罪を求めたが、「出演料を払う」と言われ、謝罪や訂正は拒否されたという。今年1月、番組制作者側と4回の面談をおこなったが、謝罪と訂正については言及がなかった。さらに代理人を立てて、4月から7月にかけて3回面談をおこなったが、テレビ朝日側の回答は「不適切な取材・編集は存しないものと認識している」という内容だったため、BPOへ申し立てることを決めたという。
入江さんは記者会見で、次のように語った。
「この番組では、あたかも障害を抱えた人に対して、私が偏見を持って犯人と考えているかのような人格として描かれ、自分が思い描く自己像とは正反対の人格が、巨大なメディアにより流布されてしまった。なんとか本来の自己像を取り戻すため、修正の放送をお願いしてきたが、何ら誠意を持った対応を得られず、拒絶された。とても辛く、悲しく、メディアに寄せていた信頼が裏切られた思いだ」
(弁護士ドットコムニュース)

開く コメント(0)

 不思議なもので物は

 腐り始めると あっという間に

 腐りきるんですね。

 それにしても、みっともない

 恥を知らないと言うか

 それだけ追い詰められているんでしょう。

 テレビ離れと言われて久しいですが

 テレビ局が 視聴者を舐めていると言うか

 それとも、亀○千広社長

 元社長日○久もろくなものではない。

 この二人が 退陣をしないと

 良くなることはないのでしょう。

イメージ 1

イメージ 2


 12月13日に放送された、爆笑問題がMCのバラエティ特番「日曜ファミリア『芸能人つまずきビッグデータ』〜世間のギモン 本人にぶつけよう! 私の告白カテにしてねSP〜」(フジテレビ系)は、放送前から波紋を呼んでいた。
 内容は「他人の人生は自分の人生が失敗しないための実用書である!」というテーマに基づき、芸能人が体験談を語るというものだ。
「この中身を聞いて、誰もがテレビ朝日の人気バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』を思い出したでしょうね。『番組をパクッて恥ずかしくないのか』などと言うつもりはありませんが、あのフジテレビが視聴率のためには手段を選ばぬところまで落ちてきたのかと、感慨深く思いました」(広告代理店関係者)
 似通っていたのは内容だけではない。かつて「しくじり先生」に「ホームレス中学生」の印税2億円を8カ月で使い切ってしまったことで出演した麒麟の田村裕が、今回の番組でも失敗した者として出演。同じく「安易な借金で色んな人に迷惑かけちゃった先生」として出演していたカンニング竹山も、オーディエンスとして登場した。
「それまで3本のレギュラー番組があった枠を10月から1本の3時間枠にしたのがこの日曜ファミリアです。国内外からお手軽に集めた映像ものの番組が多く、企画に困っているのでしょう。だからといって、開き直ってパクリと呼ばれる番組を堂々と流す姿勢は、あつかましいにもほどがありますけどね」(週刊誌記者)
 つまずいたまま立ち上がれずにいるのは、フジテレビ自体のようだ。

開く コメント(0)

 
  ロスアンゼルスで逮捕された

 売春婦の 90%以上が

 韓国人だったという事実。

 こういう事からも 当局は

 韓国人の入国には

 神経を尖らせているのでしょう。

 空港職員は 普段から

 売春婦の入国を防げず

 苦々しい思いをしているはず

 そこに 女性が大挙して押しかければ

 誰もが 売春婦集団と思います。

 普段の行いがそれだけ

 アメリカでも 行き渡っていますよ。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


  韓国の女性グループ「Oh My Girl」が米国に入国しようとしたところ、メンバーが「SEX WORKERS」と誤解され、15時間にわたり空港で引き留められたあげく、そのまま帰国する事態となり、波紋を呼んでいる。

 Oh My Girlは今年4月にデビューした8人組。17歳から21歳までの若いグループだ。

 聯合ニュース電子版などが11日伝えたところによると、米現地時間の9日、8人は何の問題もなく、ロサンゼルス国際空港で入国審査を通過したが、税関で職員がメンバーと所蔵事務所のスタッフとの関係を尋ねた際に問題が発生した。

 スタッフの1人が誤ってメンバーたちのことを「SISTER(妹)」と説明したため、税関職員はメンバーたちを「売春婦」ではないかと思い始め、さらにメンバーが持ち込んだ大量の衣装や小道具を調べて一層疑った。

 Oh My Girlは今回の訪米で、新作アルバムのための写真撮影を行い、さらにアジア系米国人芸能関係の表彰イベントにパフォーマーとして参加する予定だった。

 メンバーやスタッフは携帯電話を没収されたため、外部と連絡が取れない状態が続き、結局韓国にそのまま帰国する決断を下した。
 所属事務所のWMエンターテイメントによると、単独コンサートを行うわけでないので今回は公演ビザは必要なかったという。同事務所は、米国の法律事務所を通じて今回の“長時間引き留め”が違法でなかったか、調査してもらうと主張している。
 ちなみに、7月2日付の「夕刊フジ」に掲載されたトニー・マラーノ氏の連載「痛快!テキサス親父」は、米カリフォルニア州立大ロサンゼルス校、ティモシー・リム教授の研究報告書を紹介している。題名は「米国セックス産業の出稼ぎ韓国人女性〜」。マラーノ氏が一番驚いているのは「ロサンゼルス市で逮捕された売春婦の90%以上が韓国人」ということだ。つまり、その手の韓国人女性の入国が多いと思われる空港で、Oh My Girlは明らかに“同類”と疑われたということだろう。

 Oh My Girlは、韓国で2015年にデビューした女性グループの中でも実力・人気ともに備えたグループと知られている。今月初めに開かれた「MAMA」という大規模な音楽イベントでも最優秀新人女性グループ候補に入っていた。

 各メディアで配信された帰国後の写真では、かなり気落ちした様子がうかがえる。今回のトラブルは、現在のところ彼女ら本人に落ち度があったわけではない。今後の活動でぜひ挽回してほしいものだ。

開く コメント(2)



 やっと父親が 分かったようです。

 それにしても、喜多嶋舞さん

 どうしたの??

 男性を見る目が無いですね。

 父親は元ジュノンボーイ審査員特別賞の

 伏石泰宏だったようです。

 芸能界では思うように売れず

 クラブ経営がうまくいかずに

 裏家業に手を出したようです。

 その内容はかなり酷いものだったようです。

 売春はもちろん、乱○パーティを主催して

 それが発覚して逮捕となったようですね。

 

イメージ 1
伏石 泰宏
 
イメージ 2

イメージ 3


 11月19日、東京裁判所で元夫・大沢樹生と長男の“親子関係不存在”の判決を下された喜多嶋舞。これにより裁判は大沢サイドの勝訴となった。
「事の始まりは2013年に遡ります。2人は2005年に9年に及ぶ結婚生活にピリオドを打ち離婚していますが、その3年後に大沢は元モデルの女性と再婚。しかし妻が死産し、また喜多嶋との息子も心の病にかかり、大沢が『これらの原因は自分のDNAに原因があるのでは』と思い調べた結果、明らかに自分とは違うDNAが息子から検出されたのです」(スポーツ紙デスク)
 大沢はもちろん、喜多嶋にとっても寝耳に水の衝撃的な鑑定結果だった。
 喜多嶋は“あくまで大沢の子供”と主張したのだが、このほどの裁判で決着がつく形となった。ここで気になるのが、“喜多嶋の息子はいったい誰の息子なのか?”という疑問だ。
「大沢と結婚当時、喜多嶋は妊娠3カ月でした。大沢と結婚前に、喜多嶋は過去に複数の男性との熱愛が取り沙汰されていました。俳優の西島秀俊、香川照之、保阪尚希など、その数は5、6人にも及ぶと言われています。しかし、最も有力な説が浮上しました。それが週刊誌などで“F”と言われている元タレント。彼は元ジュノンボーイに選出されたこともあるイケメンで、過去に売春防止法違反容疑で逮捕歴のある業界では札付きの問題児として知られた人物です。ネット上では、こうした経歴とともにFの実名が飛び交っています。かつてテレビに出ていた長男の顔とFの顔がそっくりだとも指摘されていますね」(前出・スポーツ紙デスク)
 さらに、F本人も、その噂を裏付けるような証言をしているという。
「Fは実は以前から周りに『自分が喜多嶋を妊娠させてしまった』と語っていたそうです。当時は周囲もあまり信じていなかったようですが、今回の“DNA騒動”を受けて、その話が信憑性を帯びてきたのです」(写真誌記者)
 現在、息子は実の母の喜多嶋とは暮らしておらず、喜多嶋の母である内藤洋子と一緒にアメリカに住んでいる。この騒動での一番の被害者が息子本人であることは間違いない。彼の将来が少しでも明るくなることを願ってやまない。

開く コメント(0)

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 え・・・・自分の言った言葉を

 選んだって。。。。

 そんなレベルだったんですね。

 まあ、鳥越って

 自分の立場が危なくなると

 逃げちゃいますよね。

 攻撃には強いけれど

 守りには弱い人ですね

 それにしても、自分が言った言葉を

 今年の流行語って・・・・

 これを四字熟語では

 『厚顔無恥』といいますよ。

 『アベ政治を許さない』

 どこで流行りましたか?!

 私は周囲で一度も聞いたことが

 ありませんね。


イメージ 1


 1日に発表された「2015ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10には、「アベ政治を許さない」「一億総活躍社会」「SEALDs(シールズ)」といった政治関連の言葉も3語が選ばれた。安全保障関連法制など政治への関心が高まった世相が反映されたという。ただ、「アベ政治を−」は、選考委員長自身が携わった安保反対運動から生まれたスローガンで、“身内びいき”“自画自賛”と受け止められかねない。
 「新語・流行語大賞は日本の社会の現実を映す鏡。日本の社会がトップ10の中から見えてくる。選考委員は、歪みのない現実を映す鏡を作ったつもりだ」
 賞の選考委員長を務めるジャーナリストの鳥越俊太郎氏は1日、東京都内で開かれた表彰式で、こう語った。配布された鳥越氏の選評文には「今年は自民・公明が支える安倍政権が衆・参両院で安保法制を強行採決した結果、国民の反対運度(原文のママ)も広がり、政治関連の言葉がどうしても多数となった」とも記されていた。

 「アベ政治を許さない」は、発案した作家の沢地久枝さんが受賞した。ただ、鳥越氏も沢地さんとともに「『アベ政治を許さない!』国民の一斉行動デー」と題した安保法案抗議運動を呼びかけた一人だ。鳥越氏は「現代用語の基礎知識2016」(自由国民社)のインタビュー記事で、運動の経緯などを説明しつつ、安倍政権の対応を批判している。こうした鳥越氏の主張が選考にどう影響したのか、表彰式では説明されなかった。
 一方、選考委員を務める漫画家、やくみつる氏は選評文で、「そりゃ選考委員のそれぞれには、日頃の政治的スタンスというものがある。しかし、流行語の選考はそれに立脚したものではない」と、賞の“私物化”を否定した。
 その上で、「(選ばれた言葉が)己れ(原文のママ)の意にそぐわぬからといって、それに目クジラ立てているようじゃあ、自由主義国家の名が廃る。『アベ政治を許さない』にしたって、解釈を変えれば『アベ政治をゆるしてやってもよくね?』ともとれる。それくらいの遊び心がなくてどうするよ」と訴えた。

 なお、選考委は「アベ政治を許さない」という言葉の選考理由について、「このフレーズは、要求ではない、追求でもない、つぶやきだ。強要しないつぶやきが、これまでのイデオロギー対立では現れてこない層に共有された」「ヘルメットにタテカン、アジ演説という昭和のアイテムとは違う、多様な意見を包み込む、囲わないゆるさで効果を見せてくれた」などと論評。表彰式終盤には、沢地さんが「『アベ政治を許さない』(に関する活動)を毎月3日にやる。皆さんもご参加ください」と、呼びかける場面もあった。
 なお、昨年の同賞でも、年間大賞に「集団的自衛権」と「ダメよ〜ダメダメ」が選ばれ、鳥越氏は選評で「アベノミクスに始まり、集団的自衛権の閣議決定とどれをとっても国民の過半数が反対している。なのに安倍政権は? ん〜ダメよ〜ダメダメ」などと安倍政権を批判していた。

開く コメント(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事