女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

えんたーてぃめんとetc

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 馬鹿ですね〜〜〜

 視聴率が悪いのは 大震災の所為?!?!?

 言うに事欠いても マスコミ関係が言っては

 いけない言葉でしょう。

 日枝会長と 亀山千広社長

 二人ともにグダグダですからね

 亀山って乗っ取り犯でしょう。

 開き直っていますが

 騙して社長の椅子に座って

 今では 自分の会社として振舞ってる

 その子分の亀山って・・・・

 まあ、まともな放送局ではありませんね。

 韓流ブームが去ってしまうと

 一気に下り坂ですね。

 次はお二人が辞めてから考えたほうがいいのでは

 ないのかなあ〜〜

イメージ 1

イメージ 2


 フジテレビの亀山千広社長(59)が27日、定例社長会見に臨んだ。開局以来初めて営業利益で赤字に転落したことについて、視聴率低下のきっかけは何と思うかと質問を受け、私見とした上で「(東日本大震災のあった)3月11日ではないかなと思います。やっぱり、今までの押し出してきたワクワク感だったり、ドキドキ感だったり、少し浮き世離れしたお祭り感がどこかで絵空事に見えてしまうようになったのかなと思います」と述べた。
 フジテレビと言えば、1980年代以降で特に「オレたちひょうきん族」やバラエティー番組や「月9」に代表されるようなトレンディードラマなど、スターが顔をそろえる“派手な”キャスティングが局の特徴となっていた。「楽しくなければテレビじゃない」とのキャッチコピーもあった。
 亀山社長は「すべてが震災(が原因)ではないと思う」とした上で、「その時、(視聴者の)気持ちをくみ取ることができていたのか、いないのか。テレビを楽しみにしていた人たちの期待感は助け合ってる人たちや頑張ってる人を応援することだと思うんですよね」と、震災後のニーズをとらえきれなかったと反省した。
 テレビ離れが指摘される10代、20代をメーンターゲットにしていることが原因ではとの質問も出たが、「誤解があると思うが、10代、20代がメーンターゲットではないです」と明言。番組の枠ごとに、ターゲットを明確にしていると説明し、「お年寄りにも目を向けてもらいたいし、(製作スタッフには)実家にいるお父さん、お母さんにほめてもらう番組をつくることが、その層を取り込むことになると口酸っぱく言っている。ただ、若い人も意識しないと、未来につながらない」と語った。

開く コメント(2)


 そろそろ芸能界から消えて欲しい

 ナンバーワンの タレントですね。

 ずっと はやった曲も無いのに

 紅白に出ている。

 恥ずかしくないんでしょうか。

 又吉のときのコメント


 ほぼ毎週 問題発言を繰り返しながら

 まだ続ける気なの?!

 まあ他人に対する言葉使いも

 ほぼ、まともではない

 見たくないですね!

イメージ 1


   TBSの情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」は2015年11月22日、放送倫理・番組向上機構(BPO)から17日に受けた、過去の番組に対する人権侵害の指摘と是正勧告について、同日放送の番組の最後にアナウンサーがBPOの勧告に触れ、「真摯に受け止め、今後の番組作りに生かします」とコメントした。

   しかし、謝罪の言葉はなく、和田アキ子さんら出演者が言及することもなかった。このため、ツイッターなどネットには視聴者からの反発が続々投稿されている。

和田アキ子さんら出演者はBPO勧告について言及しなかった
「真摯に受け止め、今後の番組作りに生かします」

   番組はゲストの拍手に迎えられた和田アキ子さんが登場してスタート。和田さんが「今日も元気に生放送!アッコにおまかせ!」とタイトルコールしたり、オープニングでゲストの服装をいじるなどして笑いを取ったり、普段とまるで同じだった。

   先週の「ニュースランキング」トップ10でも、BPOからの勧告を話題として取り上げず、エンディングまで出演者が言及することはなかった。結局、最後の最後で国山ハセンアナウンサーが経緯に触れ、

「真摯に受け止め、今後の番組作りに生かします」
と述べて、番組は終了した。

   この放送内容にツイッターなどネットは大荒れ。放送前から、ネットでは謝罪があるのかどうか注目されていたこともあり、視聴者の反応は厳しいものが目立った。

   放送を見ていた人からは

「他のニュースは取り扱って自分とこの番組がBPO勧告受けたニュースは無視ってずるいな」
「番組冒頭からハイテンションおちゃらけ進行でBPO勧告ぶっちぎり無視」
といった書き込みが相次いだ。国山アナのコメントに直接謝罪する言葉がなかっただけに「言い訳しまくり」「謝ってるようで謝ってなかったな」といった指摘もあった。

開く コメント(2)


 これ笑い話にしていますが 

 完全に 『クレーマー』 か

 犯罪でしょう。

 話の中では出てきていませんが

 様子では 無料で持ってきていたようです。

 という事は ただで 氷をよこせと言っている。

 それに文句を言っているって・・・・

 無料で毎日頂いても感謝も無い。 

 それを平気で話題にしているこの人たちは

 完全に狂っていますよね。
 
 自分達の現状は 世間から

 乖離していると 分かってないようです。

イメージ 1


 21日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、岡村隆史の取った奇妙な行動が明らかとなる場面があった。

 同番組のコーナー「本当にあったフジ縛霊の怖い話」では、フジテレビの社員食堂に勤務する女性スタッフの体験を再現したVTRが流された。

 VTRによると、岡村は怒りをにじませた様子で社食を訪れ、「どうも。フジテレビのために連日監禁状態で頑張っている、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの岡村と申します」と自己紹介すると、氷をコップいっぱいにもらって立ち去っていったというのだ。

 当時、フジテレビは「FNS27時間テレビ」の準備まっただ中であり、岡村は連日リハーサル室で踊りの練習に励んでいたそうだ。

 岡村はその後も同様の自己紹介を繰り返しつつ、決まって氷をもらいに社食を訪れた。結局、女性は恐怖から勤務を休む事態となったという。

 VTR後、岡村は一連の行動について「事実です」と完全に認めた上で、真相を明らかにした。

 そのころ、岡村は踊りに耐えられる肉体を作ろうとプロテインを常用していたという。しかし、プロテインがぬるいとおいしくないため、ADに氷を持ってこさせたところ、カップにほんの2、3個しか入ってなかったそうだ。

 その翌日から、岡村は自分で氷を取りに行くことにしたそう。そしてその度に、例の自己紹介とともに氷を要求していたという。ADではなく、社食のスタッフに苛立ちをぶつけたことに対して、出演者から次々に「関係ないやん!」「氷くださいだけでいいじゃないですか!」という批判の声が飛んでいた。

開く コメント(0)


 私たちからすれば どうでもいい話題ですが

 あまりにテレビなどで 何度もニュースを

 流されるものですから 気になってしまいます。

 それにしても どう転んでも

 誰も幸せになれない 裁判です。

 結婚後200日を超えた時に出来た

 子供は その夫の子となるようです。

 また何の因果か 今回のケースでは

 ちょうど200日目に生まれたと言う事です。

 DNAとしての結果も 大沢の子ではないと言う事で

 親子関係が認められないとなりました。

 こうなる事は 喜多嶋舞は 分かっていたのでしょう。

 女であれば 夫の子ではないと 知っていたはずです。

 自分の出生を 両親が裁判をしている。

 取り合うのであれば まだ救いはある気がします。

 今回はそこも 含めて哀しい裁判ですね。

 彼の将来が心配です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 元光GENJIメンバーの俳優、大沢樹生(みきお)さん(46)が元妻の女優、喜多嶋舞さん(43)の産んだ長男(18)を相手取り、親子関係がないことの確認を求めていた訴訟の判決が19日、東京家裁であった。

 蓮井俊治裁判官は「長男は結婚から200日目に生まれてはいるが、大沢さんが長男の生物学的父親ではないとのDNA鑑定の結果がある以上、2人には親子関係が存在しないと認めるのが相当だ」として、大沢さん側の主張を認めた。

開く コメント(1)


 この人ってどんどん胡散臭くなりますね。

 出だしに 前任者の 久米宏に

 ダメ出しをされ その時は

 落ち込んだようですが

 いつの間にか開き直ったのか

 もはや悪の権化ですね。

 テレビ朝日にさえも

 『悪いことは悪いと私は必ず言います』

 なんて、格好をつけていましたが

 いまや、局の言う事は羊のように従順です。

 古館の会社には 年間 30億円支払われているそうですから

 そりゃ〜逆らえませんよね。

 今回の発言は さも自分は 弱いものの味方的な

 発言によって 自分は知識人であるという

 アピールにしか見えません。

 IS を『無辜の民』と言っていますが

 完全に狂ってしまいましたか、

 後藤健二・湯川遥菜が拉致され 

 惨殺されたことを忘れましたか。

 彼らの主張『異宗教人とは根絶やしにする』

 ということを認めるという事ですね。

 乙武をはじめ こういう発言で

 自分の価値が上がると思うんでしょうね。

 厭らしい人間に成り果てていますね。

 すでに こんな番組は見限っていますが

 それにしても堕落してる。


イメージ 1

 16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、古舘伊知郎氏がフランスによる過激派組織ISIL(イスラム国)への空爆を「テロ」と表現した。

番組では、現地時間13日にフランスのパリで起きた同時テロ事件を取り上げ、VTRで当時の現地の様子や、テロを計画したとするISILに所属する容疑者の実態などを報じた。

フランスは、自国へのテロ計画があるとして、9月27日からシリア領内のISILに空爆を踏み切っている。テロ発生後にも、フランス軍はラッカにあるISILの訓練施設や司令部などを攻撃した。同国のファビウス外相は「ひどい攻撃を受けた。このまま引き下がるわけにはいかない」との声明を出している。

VTR後、古舘氏は報道には多角的な見方が重要とし、「本当に残忍で許すまじテロを行なったのはとんでもないこと」だと断った一方で「アメリカやロシアなどの有志連合国の誤爆によって、無辜の民が殺される、皆殺しの目に遭うことも反対から見ればテロですよね」と意見を述べた。

すると中東の国際関係に精通した同志社大学大学院教授・内藤正典氏は「まったくその通りです」とこの意見を支持し、「私たちは『テロ』とは、テロ組織を指して言っていますが、昨年のガザとイスラエルの紛争のとき、ガザの子どもが500人は亡くなった。ご遺族からすればこれがテロでなくて何でしょうか」と疑問を投げかけた。

さらに内藤氏は、これまでには黙殺にあった死者が膨大にいるといい、「テロの肯定はできないが、そういう犠牲になる人たちの目線では、有志連合がやっていようが、フランスがやっていようが同じくテロじゃないか」と、誰の手であろうと無実の人が殺される攻撃はテロであると断言していた。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事