女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

私なりに世の中を考える

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
 北朝鮮でこれだけの

 緊張感があるのに

 未だ、森友問題や

 長島党脱退問題って…

 民進党はボケていますね。

 とうとう、アメリカの最終兵器と言われる

 シールズまで参加してきました。

 彼らは オサマ・ビン・ラディンの

 暗殺を請け負った

 海軍の精鋭部隊である

 当然、刈り上げ君の

  命も風前の灯でしょうか。

 また、日本のマスコミも

 アメリカは本気ではやらないと言っている

 あれ、あなたたちって

 シリアの爆撃をしないって言っていましたよね

 その、間違いを誰も謝罪していませんが

 まあこれがいつものマスゴミですか。

 どこまで平和ボケなのか

 呆れるばかりです。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 北朝鮮の核・ミサイルによる挑発行為の抑止には、米国の軍事的な圧力に加え、中国の実質的な関与が欠かせない。
 トランプ米政権が原子力空母「カールビンソン」を朝鮮半島近海に派遣した。
 艦載機約90機を擁するカールビンソンは、伴走するミサイル駆逐艦とともに圧倒的な打撃力を有する。化学兵器の使用が疑われるシリアのアサド政権を攻撃した直後の派遣は、軍事行動も辞さない姿勢を北朝鮮に示す狙いがある。
 オバマ前政権の「戦略的忍耐」政策は、北朝鮮への圧力を欠いたため、十分に機能しなかった。これを転換したことは、北朝鮮への一定の 牽制 けんせい 効果につながろう。
 先進7か国(G7)外相会合は、北朝鮮の核実験・ミサイル発射を「新たな段階の挑戦」と位置付ける共同声明を採択した。
 G7が北朝鮮に関する現状認識を共有したことは、国際社会の対北朝鮮包囲網を強化するうえで、重要な一歩となる。
 より大切なのは、この包囲網に中国を確実に組み込むことだ。
 岸田外相はティラーソン米国務長官との会談で、中国に対し、さらに大きな役割を果たすよう働きかけることで一致した。
 中国は、原油供給や貿易、金融取引の制限など、様々かつ有力な北朝鮮制裁の手段を持つ。米中首脳会談では、北朝鮮への圧力強化に後ろ向きだったが、国際社会は中国に具体的な行動を粘り強く促すことが求められる。
 無論、米国の軍事行動は、日韓両国にとって、北朝鮮の報復攻撃など大きなリスクを伴う。日米韓3か国が十分に意見交換し、効果的な戦略を練る必要がある。
 北朝鮮外務省は、米空母派遣について、「我々に手出しする者に最も強硬に立ち向かう」と、核兵器開発継続の方針を 喧伝 けんでん した。
 核・ミサイル分野で協力関係にあった友好国のシリアが攻撃されたのは衝撃だっただろう。
 北朝鮮は従来、米国の武力行使はないと見越して軍事挑発を繰り返してきた。こうした無謀な振る舞いを続けるつもりなのか。
 朝鮮労働党の金正恩委員長は11日、最高指導者就任から5年を迎えた。今月は、金日成主席の生誕105年や軍創建記念日という重要日程を控える。
 懸念されるのは、若くて経験に乏しい金委員長が、米国の圧力に反発し、暴走することである。核実験や新型長距離弾道ミサイルの発射実験などの愚挙に出ても、何も得るものはない。

 シベリア抑留では 5万4667人もの死亡者となる

 犠牲者が出ている。

 日本の新聞社はなぜか、こういう 人たちの事を

 報じることはほとんどない。

 日本の新聞社なのに、なぜか

 インチキの慰安婦問題などと

 ぼけた報道ばかりしているから

 朝日新聞社などは 

 読む人が激減している

 朝日新聞には東大から

 志望者もないという

 恥ずかしいと思わないことが

 会社の堕落を物語っている。

イメージ 1


 厚生労働省は7日、第2次世界大戦後に旧ソ連に抑留され、収容所などで死亡した日本人のうち、新たに1093人の名簿を発表した。
 ロシア政府から提供された資料を翻訳したもので、同省は今後、日本側の資料と照合するなどして身元の特定を進める。
 公表されたのは、厚労省が2013〜15年度にロシア側から入手した7件の名簿を翻訳、整理したもので、カタカナ表記の氏名や死亡日などが記されている。地域別では、旧ソ連のシベリア地域が1054人で大半を占め、このほか、中国・大連が37人、南樺太(現サハリン)は2人だった。
 これにより、シベリア地域の死亡者名簿は延べ5万4667人となり、このうち身元が特定されたのは計3万8332人となった。
 シベリア抑留では、約57万5000人がソ連領やモンゴルに連行され、重労働や飢えなどにより約5万5000人が死亡したとされる。
 国は1991年以降、旧ソ連側から公的な記録の提供を受けて死亡者名簿の調査を本格化。戦後70年となった2015年からは、身元の特定前であっても名簿の情報を積極的に公表する姿勢に転換し、毎年春にまとめて公表している。

  内容がよく分からないうちに

 軽々に書くことはやめようと

 考えていました。

 引率の先生方も

 それなりに 熟慮した

 結果だと信じていました。

 ところが会見を聞いてみると

 情けないというか

 これほどの大事故を起こしてしまった

 反省と謝罪がほとんどない

 一番、気になったのは

 雪崩注意報が出ていたのに

 雪崩は100%ないと思っていた

 それを聞いた時です。

 どんな時でもどんな山でも

 最高の備えをするべきです。

 私は登山の専門家では

 ありませんが、ビーコンも
 
 持たせなかった。

 これを悔いている様子が全くない

 それにしても、こんな教師に

 命を託してしまった

 生徒が気の毒でなりません。

 謹んでお悔みを申し上げます。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
 
イメージ 4

雪崩で8人死亡 山岳部顧問「大丈夫だろうと判断」

 栃木県那須町で山岳部の高校生ら8人が雪崩に巻き込まれて死亡した事故で、現場の責任者だった教師が会見し、「大丈夫だろうと判断した」と当時の状況を説明しました。

 大田原高校山岳部・猪瀬修一顧問:「歩行訓練はスキー場の雪崩が起きやすい地点を私たちのなかで認知していた部分があり、そこに近付かないということで大丈夫だろうと、その場では判断した」
 那須町のスキー場で雪崩に巻き込まれた高校生は、県の高校体育連盟が主催する春山登山の講習会に参加し、雪をかき分けて進むラッセル訓練をしていました。29日の会見で、現場の責任者だった教師は、雪崩の危険性については長年の経験から判断していたと説明しました。警察は、当時の判断に誤りがなかったか、この教師らから事情を聴いて捜査を進めています。一方、県の教育委員会は、事故の再発を防止するために検証委員会を設置し、詳しい経緯を調査するとしています。


 沖縄の人たちには 申し訳ない気持ち

 それはいつもあります。

 しかし、それに乗じて

 金儲けや 中国・南北朝鮮の

 餌食にされないかと

 心配です。

 そこにバカ社民党などが

 加わっています。

 拉致問題にも関して

 何を考えているのか

 早く、いなくなってほしい。


イメージ 1

イメージ 2


 警察庁によると沖縄の米軍基地反対運動で逮捕されたのは41人でその中の4人が韓国籍だということがわかった。つまり、5万円の日当もらって仕事としてこの沖縄の米軍基地反対運動をしているということ。逮捕されたの中で4人ということは実際、もっと多くの韓国人が米軍基地反対運動にいることになる。さらに帰化人も含まれているとなると相当な数になるだろうな。
なんで韓国人が沖縄の米軍基地反対運動にいる理由は知らないが日当をもらって参加している以上はのりこえネットの代表はしっかりと説明をする責任があるんじゃないか。とりあえず逮捕された韓国籍は入国禁止措置で強制送還は当たり前として、これ共謀罪の案件として成り立つんだろうか。先日、共謀罪が閣議決定してこれから法案として審議されるわけだが、明らかに日当をもらって仕事をしている以上はテロ組織だよな。
 背後に中国か韓国、それとも北朝鮮かは定かではないが、少なくとも、沖縄の人々に別な外国籍が混じっている証拠にはなる。そもそも、多国籍以前に沖縄のことについてなぜか住居移転してきている他県民もいらない。どう考えても金もらっているやっているのだからテロ活動の一部だよな。
沖縄人ももっと声をあげたほうがいい。テレビでは報道されない自由が行使されて中々、多くの日本人に伝わらないのだが管理人のようなサイトは取り上げていくだろうし、そういった草の根運動は韓国経済を見ながらしっかり継続していく。しかし、沖縄の実態は想像しているよりも酷い有様ということだな。本当にそのうち沖縄が外国人に乗っ取られるな。

 
 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。
国会で取り上げられるほど事態は緊急だということだ。共謀罪の適用はもちろんだが、この活動に参加していた外国人の実態は全て把握して数を明らかにしてもらいたい。後は他県民と沖縄県民の割合とかも。もっと多くの実態を知るときがきているのだ。

 裁判所は何を考えているのか

 保釈中にも犯罪を犯している

 こんな輩になぜか 7年の

 求刑に対して 4年6か月??

 裁判官って これほど世間の

 常識からずれているのか

 かれが 4年6か月後に

 出てきて、また強姦事件を

 犯したら、この裁判官は

 どう責任をとるのか

 まあ、、仕方がない。。。。

 で終わるんでしょうね。

 その上にこの裁判官たちは

 保釈中にも事件を

 起こさせたという このことにも

 責任を取るべきです。

 こういう裁判官ばかりだから

 裁判員制度も出来たのに

 それを悉く 無視した 判決ばかり

 裁判官制度を廃止してもいいんじゃないかな。

 少なくとも、再犯したケースでは

 責任を取るべきです。

 彼が30・31歳で世の中に

 出てきたら。。。想像しただけで

 怖ろしい。。。。。

イメージ 1


 連続強姦(ごうかん)致傷事件で懲役9年の実刑判決を受けて控訴中に保釈され、その約2週間後に再び女性に暴行したとして、強姦と監禁の罪に問われた無職永井優輝被告(27)に対し、東京地裁は21日、懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を言い渡した。

 大川隆男裁判長は「強姦致傷事件の控訴中に犯行に及んでおり、性犯罪に対する抵抗心が弱く、順法精神も低下している」と述べた。

 永井被告は昨年1月29日、大阪市内の自宅で20歳代の女性3人に乱暴したとして、大阪地裁の裁判員裁判で懲役9年の判決を言い渡された。被告側が控訴して保釈請求し、同地裁が同年2月1日、保釈を許可。東京地裁判決によると、永井被告は2週間後の同月15日、東京都新宿区のホテル客室に女性(当時22歳)を誘い込み、乱暴した。

 大阪の事件はその後、控訴や上告が棄却され、1審判決が確定した。東京の事件の判決が確定した場合、大阪の事件の刑期と合算されて執行される。

 東京の事件で弁護側は「女性と合意があった。強姦も監禁もしていない」と無罪を主張。判決は、強姦罪について、女性が交際相手に助けを求めるメッセージを送信していたことなどから、合意はなかったと判断。一方、監禁罪については、「威圧的言動はなかった」として成立を否定した。

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事