猟奇的な小悪魔

ももとこももと時々旦那☆

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

来週末は演奏会です。

来週末に演奏会があるのにお稽古に行ってもなければ自主連もしてない私(´Д`)

先週、別件で先生にお会いしたときに、「ももさんはお仕事と育児で大変だから今回は出なくていいわよ」って言ってくださることを期待したものの、次の演奏会の下合わせの相談をされてしまいました(´・ω・`)

で、日もないので夜更けに忍び駒(消音器)を使って連絡しようとしたら…

イメージ 1


糸が2回も切れて心が折れる(笑)。

職場復帰してからのももの生活↓

6時15分 起床
9時15分 出勤
16時 退社
18時30分 保育所お迎え
19時10分 帰宅
19時30分 こももご飯
20時30分 お風呂
21時15分 こもも就寝
21時30分 洗濯
21時45分 夕方作り、こもも用ご飯の下ごしらえ
22時15分 夕食
23時頃 旦那帰宅
23時30分 明日の準備
24時 就寝


お稽古する時間がありません…(´Д`)
でもとにかくあと一週間でなんとか形にせねば。


熱が続いています。

今日で1歳1ヵ月のこもも☆
 
でも38.7℃(´Д`)
土曜日、夕方から咳をし始め、夜中に38.0℃超え。
 
日曜日、38℃後半をウロウロ。
咳少々、鼻ズルズル。
しんどくてお昼寝ができない様子だったので、初めて解熱剤を入れると楽になったのか寝てくれました。
 
月曜日、朝は37.9℃、夕方38.7℃。
グズグズしていたので解熱剤を入れるとヨーグルトを食べて機嫌よく遊び始めました。
イメージ 2
 
 
 
いやしかし、熱があるのに常に食欲がある所がすごい。
朝昼晩、すべて完食。
病院の帰りに娘が好きなパン屋さんにランチに行った時は、席に着いた途端、手を合わせまくってご飯の催促するほど。←「いただきます」覚えたて。
そんなんだからお店のお姉さんが食べ放題のパンを全種類(お皿2枚分)持ってきて行ってくれたじゃないか(笑)
イメージ 1

食後、娘が眠いというのでベビーカーを押してデパ地下をブラブラ。
てっきりそれで寝ると思っていたのに、お店のお姉さんに
めっちゃ笑ってかわいいですね♡さっきから見ていたんですが、通るお店の店員すべてに笑顔を振りまいていましたよ」
と言われてビックリ。
いや、熱がある時はすんなり寝ようよ。
そんなにがんばらんでええんだよ。
 
 
そしていまだに熱が下がらず…。
先輩ママからいただいた脇をアイスノンで冷やすグッズが大活躍です。
おまたと背中には冷却シート。
イメージ 3
明日は解熱してくれるといいな。
もし解熱してなかったら別の病院に行こうかな。
 
がんばれ、こもも。
 

誕生日プレゼント☆

さて、来月はこももの1歳のお誕生日です☆
パチパチパチ〜☆
 
 
というわけでボーネルンドに誕生日プレゼントを探しに行きました。
ボーネルンドではお誕生日30日前から10%オフで購入できます(1回限り)。
しかもペルソナカードとのご優待併用ができて、合計20%オフ!(ただし、併用可能なのは今月末ぐらいまでらしいです。阪急さん、ケチになりましたね…)
 
 
驚いたのがお店のお姉さん。
前に行ったのは3ヵ月ほど前に一回だけ。
それなのに、こもものことを覚えてくれていました!
 
「木馬に上手に乗ってた、こももちゃん!」
スゴイ、スゴ過ぎます…。
前に通っていた子ども服屋さんにも同じように記憶力がすごくいいお姉さんがいてくれて、こもものことや前に買った服を覚えてくれていたんですが、こういう応対をしていただくとまた行きたくなりますね。
 
 
 
さて、まずはキッチン☆
まだ早いんですが、いつか買うならお買得のうちに買おうかと。
(写真はHPからお借りしました)
 
イメージ 2
ホントは木製が欲しかったけど、大きくなったら不要になるので処分しやすいようにプラスチック製にすることにしました(安いし)。
色がカラフルで子どもっぽくてかわいいし♪
「デンマーク製」っていうのもおしゃれな響き(笑)。
 
試しにこももをサンプルの前に座らせてみると…。
 
イメージ 1
 
おおっ!こももが夢中で遊んでいる!
コップと調味料入れだけで(笑)。
税込14,040円でお鍋、フライパン、調味料入れ、おたま、フライ返し、コップなどなど付属品も充実!
こももが気に入ったようなのでキッチンはこれにすることに。
 
 
それから木琴♪
ボーネルンドと言えばおさかなシロフォン♪
税込10,260円。
イメージ 3
ボーネルンドの自信作、専門家の手によって調律されている本格派。
そして可愛い♡
母はこれを買おうと思ったのに…
 
こももが食いついたのは…
 
イメージ 4
パレットシロフォン税込15,120円。
高い方…。
でも自分で叩いてもお店のお姉さんが叩いても大喜び。
 
おさかなシロフォンが1オクターブの音域に対し、パレットシロフォンはプラス6音。
本物志向だったんだね、こもも…。
可愛さはおさかなシロフォンに負けるけど、まあ長い目でみたら音域が広い方がいいか。
 
 
次はお風呂のおもちゃ。
イメージ 5
上からお湯を入れるとおさかなさんたちがクルクル回ります。
こもも大喜び。
 
 
せっかく20%オフなので、お姉さんに相談に乗ってもらいながらあと2点。
 しわくちゃボール(70mm)
税込 810円。
これは中がスポンジになっていて、握るとくしゃくしゃになり、手を放すと元通りまん丸のボールになります。
元々リハビリ用だったものらしいです。
「繰り返し握ることで自然に握力が鍛えられます。このしわくちゃの肌ざわりは、ゾウの皮膚の感覚を再現したもの。赤ちゃんの肌の成長に役立つと考えられています」との説明書き。
難しいことは置いといて、軽いし柔らかいので遊びやすいかも。
イメージ 6
それと写真右、ビルディングカップ。
税込1,404円。
これもこももがサンプルを見て食いついていました。
お家でもお砂場でもお風呂でも使えるそうです。
 
 
こんな感じでいっぱい買いました♪
でもキッチンと木琴はおかーさんと共有だよ、こもも。
小さいころなかったおもちゃがあるとテンション上がります♪
この2つについては配送をお願いしたんですが、届いてみたらお誕生日用にキレイに包装されていました(*^^*)
お誕生日まで開けずに置いておこうと思います☆
でも早く開けたいなぁ〜♡
 
 
ところで今回もお買い物に付き合ってくれたお店のお姉さん、子どもをあやすのがとてもお上手で娘をよく笑わせてくれました。
 
それでもお姉さんったらこんなことを。
「こももちゃんがいっぱい笑ってくれて私が癒されました。こんなに笑ってもらえると嬉しいです」
 
いえいえこちらこそお買い物の相手だけじゃなく、娘の相手をしてもらってありがとうございます。
お姉さん、接客業のカガミだなぁ☆
 
 

6歳児の食事。

前にも同じようなことを書きましたが、またその話です。
書き留めておきたくて書いておきます。
 
昨日は久しぶりに例のシングルマザーの友人とその娘さん6歳とランチに行ってきました。
予定が変わって時間ができたので、朝7時ぐらいに「今日ヒマ?」とLINEすると、すぐに「ヒマ」との返事。
というわけで一緒にランチをすることに。
彼女がカフェに行きたいというのでお目当てのカフェに行きました。
 
彼女が頼んだもの。
 
  ランチセット
  ワッフル
 
そりゃ、6歳の子はまだ大人の一食分は食べられないけど、お昼ごはんにワッフルって…。
きっと朝ごはんもお菓子とかケーキとかだけで済ませているはず(いつもそう)。
このカフェはメニューの種類が少ないのですが、せめてピザやカレー大盛りにして取り分けたらいいのに…。
 
そのワッフル、悪いことにランチより先に出てきちゃいました。
しかもでっかいアイス付き。
6歳児はそれをペロッと完食。
それから私とママのランチが運ばれてきました。
 
ママと6歳児の会話↓
「ごはん食べる?」
「いらない」
「ポタージュスープは?」
「葉っぱみたいだからイヤ」
「マカロニサラダは?」
「マカロニ好きだから食べる」
「ポテトフライは?」
「食べる!」(全部食べた)
 
とまあこんな感じで。
 
 
食後、ランチに付いてるアイスが出てきました。
もちろん6歳児は先に食べているので当然ママ1人で食べると思ったんですが…。
 
「食べる!」
「ダメ、さっき食べたでしょ。これはママの」
「イヤ!食べる!」
 
と言ってきかず、しまいには泣こうとする始末(たぶん嘘泣き)。
 
それでママが折れて、自分はアイスを一口食べただけで6歳児にすべて食べさせました。
 
私が「ママが可哀想だから半分あげたら?」と言っても無視してモグモグ。
いいだろうか、こんなんで。
とりあえずこももには「こももが大きくなってもあんな風にお母さんの分はあげないからね」と言っておきました。
 
大概、こういう時のママさんの言い訳は、
「うち一人っ子だから、こういう時に姉妹のふりしてあげない方がいいのか迷うねん」と。
いや、それは親として食育してあげるべきなのでは…。
そもそもまだ一人前を食べられない子どもとのお昼ごはんなら、取り分けができるお店とか、アラカルトが豊富なお店に行ったらいいのに。
デザートをお昼代わりにするぐらいなら、牛丼とかのお店に行った方がましな気がします。
 
それから6歳児に「ももちゃん食べるの遅ーい」と文句を言われながら(こももにご飯をあげながら食べるので時間がかかるんですよ〜)食事を終え、お店を出ました。
 
 
ママが「これから牧場でも行く?」と提案してくれたんですが、
 
そこでは牧場アイスやデザートを食べられるので、また6歳児が駄々をこねたらめんどくさいと思い、うちに誘いました。
 
途中でおやつを買って行こうかとコンビニに行ったんですが、途中でこももが寝てしまったのでももは車で待機。
「おせんべでも買ってきて」と言ったのに、袋の中はプリンとポテトチップスとジュースとガム。
 
あああ…。
 
しかも、車に乗ったとたん、「お菓子あける!」と駄々。
家がすぐそこなのでそれはやめさせましたが、こっそりガムを噛んでました。
 
 
家に着くと早速ジュースとプリンを食す6歳児。
でもさすがに甘いものを食べ過ぎたのか、半分食べたところでギブアップ。
体が甘いものを拒否する機能があってよかった…。
 
でもそれからしばらく遊んでいたら、
16時ぐらいに「ポテチ食べる!」と。
 
ママさんが袋を開けると、すごい勢いで食べ始めました。
ママが「こももちゃんが食べたらだめだからこぼしたらあかんで」と言ったけど、勢いがいいので粉がポロポロ。
 
それにその手でこもものおもちゃを触るし、こももはお姉ちゃんが食べてると気になって寄って行くし。
 
毎日一緒にいる姉妹じゃないんだから、こももの手前、一日ぐらいお菓子を我慢してくれてもいいのに。
まだこももがポテチを食べられない年齢だからいいけれど、もっと大きくなったら困ります…。
 
というわけで「もうおしまい」というと「イヤ!」と拒否。
 
「袋に入れてあげるから持って帰ったらいいよ。あと一枚だけで今はおしまい」と強制終了させました。
 
ほっといたら一袋全部食べたんだろうな…。
 
 
この子のお菓子に対する執着心は小さいころのまま。
ごねたらもらえるって思ってるのはママが甘やかしたからじゃないのかな…。
 
 
…という話を帰宅した若旦那にブワーッと話しました。
 
「僕らの小さいころはポテチ一袋なんて食べさせてもらえなかったけどねー」
「こももがお菓子ばっかり欲しがったらちゃんと叱ってよ」
「うん」
 
ホントにできるのか、若旦那。
でも同じような意識を持ってる人でよかった。
 
 
やっぱり食育って重要だなと改めて強く思いました。
こももにはちゃんと「おやつの時間」を決めて、ある程度決まった量をあげよう、うん。
 
 

三田屋のステーキ☆

まさかの連日アップ☆
 
今日はこもものならし保育は15時まで。
時間がたっぷりあるので…
イメージ 1
ハム
 
イメージ 2
能舞台
 
イメージ 3
ステーキ
 
イメージ 4
いちごシャーベット
 
うまい!
三田屋はやっぱりうまい!
そしてこももを引き取りに。
今日もご機嫌よく過ごしていたとのこと。
 
それからカフェで…
イメージ 5
イチゴパフェ
 
イメージ 6
こももはおせんべい
 
満足満足♪
 
ならし保育もあとわずか。
この自由な時間、何をしよう(グヒヒ)。
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事