猟奇的な小悪魔

ももとこももと時々旦那☆

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

17歳バトン。

うわぎはおるさんとこからバトンをぶんどってきました(笑)
(うわぎはおるさんのブログはこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/uwagihaoru)

高校2年生にターイムスリップ!!


■17歳の頃、何をしていましたか?


一に勉強二に勉強、三四がなくて五に勉強。
ホントです(笑)。
実は進学校に通っていて、朝は7時半からゼロ時間目。
その後、ホームルームをして1時間目から通常授業。
通常授業終了後、部活動に参加(ちなみに吹奏楽部でトランペット吹いてました)。
でもその部活動は高2の夏で引退。
それからは授業後、4時ぐらいから7時ぐらいまで補習授業。
帰ってからは翌日の授業や補習の予習。
テストでもないのに2時や3時まで追われてた日もあります。
テストは中間テスト・実力テスト(200点満点で半分は課題点)・期末テストと毎月ありました。

まあ私は力の抜き方を知っていたので辛くはなかったですけど(笑)
そんな状況も楽しめるタイプだったので(笑)


■17歳の頃、何を考えていましたか?


とりあえず希望する大学に入って勉強したいって思ってました。
高1までは教師になりたかったんですが、考え方が変わったのもこの時期です。

ちゃんと恋もしていましたよ。
あの人は今、どうしているんだろう・・・(遠い目)。


■17歳のイベントと言えば?


個人的イベントはないです。
そうそう、小室ファミリー絶頂期だったと思います。
カラオケでよく歌いました。

キティラー高校生が増えたのもこの時代です。
そして私は今もキティラーです *^_^*
周りの友達は、キティーちゃんを見ると反射的にももを思い出すようになってしまいました。

そういえば今はなきポケベル、みんな持ってたなぁ。


■17歳でやり残したことは何ですか?


特にないかな。
精一杯生きましたし、楽しかったです。
辛いことを忘れているだけかも(笑)


■17歳に戻ったら何をする?


バイトして、17歳ファッションを満喫する!


■17歳に戻っていただく人は誰ですか?


色々聞いてみたい人はいるんですが、懐古したい人は勝手にバトンをぶんどっちゃってください♪

開く コメント(4)

いなか浜。

いなか浜は、日本一の海がめの産卵地で、屋久島で一番大きく美しい砂浜として観光客に人気があります。
なので行くのを楽しみにしていました。
しかしこの日は台風の影響であいにく波が高い。
困ったなぁ・・・。
イメージ 1

イメージ 2


といいつつも、とりあえず岩場の安全なところで水遊びだけはしました。
水はちょっと冷たいですが、なかなか気持ちいいです。
海に入るなんて十うん年ぶりですよ。

にしても美しい・・・。

海の近くの浜は砂ではなく、細かい石のようです。
よくみると・・・。
イメージ 3

貝殻拾いなんて女の子遊びもしちゃいました(笑)

ちなみにこの海岸は遠浅ではなく急に深みになっており、海水浴には適さないそうです。
しかしちゃんと遠浅になっている場所もあるので、海水浴をするならちゃんと確認してから泳がなければなりません。
それに外海なので注意が必要です。

イメージ 4

私たちは見ませんでしたが、ここで見る夕日はとってもきれいだそうです。

開く コメント(10)

カヤック後、昼食に来たのは「れんが屋」。
ここではシカ肉料理を食べることができます。

私たちが頼んだのは、ミックス焼肉定食1450円。
イメージ 1
シカ、豚、牛肉が入っています。
一番右がシカ肉です。
+350円でライスをとりめし(人気商品らしい)にできるというので、そうしてみました。
イメージ 2
とりめしはたれが少々濃いです。
もう少し薄味でもよかったかも。

シカ肉はあっさりしていて食べやすいです。
食感も柔らかいです。
おいしかったですよ♪
イメージ 3

シカ肉のたたきもありましたが注文しませんでした。
食べてみたら良かった・・・と今となって後悔しています T_T

こんなところでもカレーライスを食べるKちゃん。
人それぞれですけど・・・。
イメージ 4

開く コメント(10)

カヤック&救助犬。

9月24日(土)、屋久島の旅3日目。
この日は朝からカヤックをしました。
朝8時に待ち合わせ場所に集合し、安房川へ移動しました。
イメージ 1

カヤックの写真は残念ながらないんですよ。
デジカメは濡れるので置いていけとみんなにとめられました T_T
友達の使い捨てカメラで写真は撮ったのですが、まだ現像していないそうです ^^;

結論 → カヤックは楽しかった!


ライフジャケットと、カヤック用の足袋を身につけ、簡単な説明を受けて、川にくり出します。
使用するカヤックは2種類あって、安定しているのと、安定感は劣るものの小回りがきくもの、どちらかを選ばせてくれました。
全員、初心者のくせに小回りがきく方を選択。
まあ、なんとかなるでしょう。

安房川の下流から海にかけて漕ぎました。
マスがいましたよ!(たぶん)

ちょうど海と川が合流するところなので、水がしょっぱいです。
9月の下旬なので、水は冷ため。
アホな私たちはガイドの先生を無視してレースはするわ、わざと衝突はするわでかなり迷惑な客だったに違いない(笑)

そんなアホなことをしていたら、Kくんが転覆!!
ほんまに転覆する人なんかいるんやーと遠くでしみじみしていた私(←ひどいやつ)。

ライフジャケットを着用していたので問題はないのですが、カヤックに登るのが大変。
なかなか登れません。
海が近かったので、深すぎて足なんてつきません。
その姿を見て、絶対に転覆するものかと誓いました(笑)

ある程度進んだところで、次は方向転換をし、川の上流に向かって進むことになりました。
↓イメージ画像です。
お世話になったカヤック屋さんのページからぱくってきましたm(_ _)m
イメージ 2

そうそう、このカヤック屋さんは救助犬の育成もしているので、救助犬の卵、ラブラドールレトリバーのルビーが同行してくれました。
はじめはガイドさんのカヤックに乗せててもらったルビーですが、川の上流へ向かう時はカヤックを降ろされ、犬かきをすることに。
その姿がかわいいのなんの。
でもさすが救助犬の卵ですね、早いし、持久力があります。
この子は11日前に九州の警察犬訓練所から来たばかりです。
まだ1歳ぐらいで、私たちと一緒によく遊んでくれました。
あ、ちなみにKくんが転覆した時は、まったく無視でしたよ(爆)

さて、ちょうどいい岩場に来たところでカヤックを降りて休憩。
ガイドさんがシュノーケルを貸してくれたので、川の中で遊びました。
水がつめた〜いっ >_<
でもライフジャケットを着けて泳ぐと楽チンですねー。
絶対沈みません(あたりまえか)。

キャーキャー遊んだ後は、ガイドさんがお湯を沸かしてお茶を入れてくれました。
水が冷たかったので、ありがたかったです *^_^*

さて、まったりしたところで、別の岩場へ移動。
そしてルビーは犬かき。

ここでは屋久杉の流木集めをしました。
屋久杉とは、樹齢1000年以上の杉で、1000年以下は小杉と言います。
標高600メートル〜1300メートルのところに自生しているそうです。

屋久杉を見分ける方法は、木片を岩にこすりつけて木の匂いで判断します。
屋久杉特有の上品で神秘的な香りがするんです。
ガイドさんが「匂い見本」を作ってくださって、みんなで屋久杉集めに熱中。
意外と楽しい♪
私が拾ったのはこんなのです。
とってもいい香りがします(癒)。
イメージ 3

流木集めの後、ルビーの救助犬訓練をさせてもらいました。
誰かが遭難したと仮定し、1人ひとり、少し離れた岩場にうずくまって身を潜めます。
探しに来てくれたルビーは人間を確認後吠えることになりますが、吠えない場合、小声で「吠えろ」と言ってあげます。
ちゃんと吠えられたら、あらかじめ渡されたおやつを食べさせてあげます。
ルビーはちゃんとできましたよ♪
立派な救助犬になってもらいたいです。

その後、みんなで出発地点に戻りました。
ようやく団体行動ができて、まとまって漕いでいけました(笑)
ルビーもようやくガイドさんのカヤックに乗せてもらえましたよ。
お疲れ様。

12:00、これでカヤックは終了。
楽しかったなぁ〜。

今回お世話になったのはアースリーカンパニーさん→http://yakushima.org/kykguide.htm
犬とカヤックしたい人はぜひ♪

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事