ここから本文です

書庫KOHARU2

すべて表示





夜眠るときこどもたち2頭はソファで寝ていますが、定位置はこうです。
これは昼間の写真ですが左のチェックのベッドに楓、右に颯くん。

イメージ 4




パパさんは起きているうちはソファの颯くんの定位置に座っているため、
そこが空くまでは(パパさんが寝室にいくまで)
颯くんは別な場所でくつろぎながら待っています。

パパさんが立っていなくなるとこうしてやってきて飛び乗るのですが・・・
昨晩は・・・・・

イメージ 1




それまでチェックのベッドで丸くなっていた楓が、
いきなりびよ〜〜〜〜〜〜んと伸びました。
前足も後ろ足も最大限伸ばしているのでソファを占領してしまっている〜!

イメージ 2



これ、絶対にわざとなんですよ
颯くんをソファに乗せたくないんです。
その証拠に、ただくつろいで伸びているときは頭もコテンと倒すのですが
昨晩は顔を上げて「ドヤ顔」で颯くんを見下ろしていました。

イメージ 3




その「わざと」の空気を感じてキュンキュンスンスン
と情けない声で泣く颯くんなのでした。
ソファの前を右往左往。

イメージ 1



でも、飛び乗ろうと思えば隙間がない訳ではない。
楓よりも強い立場の小春だったらそういう隙間に平気で飛び乗っていくのでしょうが
颯くんは楓よりも弱いので怒られるのが怖くてそれが出来ないの(笑)


楓は策士、って前にも書いたけど
こういう風に地味にわからないように意地悪してる、みたいなところがまさにそう。
飼い主に対しては健気過ぎるくらいに良い子だから、
少しこういうところが見えると逆にそこも可愛いし、面白いけどね。


そういえば小春はそういう意地悪なところはないね。
その代り、ものすごくはっきりと恐ろしいときがあるけどね(笑)

イメージ 5



イメージ 6

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事