ここから本文です

さらに紅葉の光明寺〜

11月18日 (日) 善峰寺を参拝してから・・

京都府長岡京市
西山浄土宗 総本山 光明寺
紅葉の美さで有名で
特別入山期間になっています。

法然上人が初めて「お念仏」の教えを
説いたところで、創建に力を尽くしたのが
法然上人の教えで出家をした
平家物語などで有名な熊谷次郎直実だと
お寺の説明書きに書かれています。

総門
イメージ 1
珍しい紋が印象的

お寺の説明によると・・
「杏葉紋」(ぎょうようもん)と呼ばれる紋で
「ギョウヨウ」はアジア大陸から伝えられた外来語で
馬具の飾りを図案化したもの。
法然上人の生家の家紋だったので
浄土系寺院では広く用いられている、とのこと。

なだらかで広々とした「女人坂」
御影堂へと続いています。
イメージ 2
この小石は信者の方々が
運んで埋めたものだそうです。

「紅葉の特別入山」は今年11月10日〜12月2日。
ふだん入れない御影堂と釈迦堂を結ぶ回廊などにも
入ることができます。

イメージ 7

たくさんの吊り灯篭

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

イメージ 8

立派な菊もたくさん
イメージ 9


イメージ 10

「もみじの参道」
イメージ 11

真っ赤な紅葉は
まだもう少し先のようですが
十分美しい。

新緑の季節もよさそう
イメージ 12

ベストシーズンなら↓
イメージ 13

このお寺はペットはダメなので
私だけ拝観してマルは夫と
外で待ってました。


光明寺すぐ近く大勢の人で賑わっていた
おかきで有名 「小倉山荘」の竹生の郷本館
イメージ 14
約800坪の敷地に立派なお庭や建物

カフェ、洋風菓子、生菓子、おかきなど
美味しそうなものがいっぱい。

立派な懸崖菊
イメージ 15

立派な枝垂れ桜の季節は
更に混んでいそうです。

イメージ 16


この記事に

11月18日 日曜日
昼から天気は曇りでしたが

京都西山の善峯(よしみね)寺
イメージ 5
抱っこしていれば犬OK
マルも紅葉狩り〜

私は秋、春に続いて3回目の善峯寺です。
桜や紫陽花、紅葉で有名

室町時代には僧坊が50以上
あったそうですが、応仁の乱で
大半が焼けてしまい
江戸時代、徳川綱吉の生母桂昌院の
寄進で、多くの建物が復興

立派な山門
イメージ 9


イメージ 8



イメージ 1


イメージ 2

ここを上ると薬師堂
イメージ 3
江戸時代、京都に住んでいた本庄氏が
この薬師如来にお参りして生まれた女子が
後に五代将軍徳川綱吉の生母 桂昌院になったことから
「出世」薬師如来と言われているそうです。

この石畳、毎回印象的で写真に撮る〜
イメージ 4


イメージ 6

かなり山奥ですが京都市西京区
イメージ 7
駐車場に車がいっぱい
山深い場所なので
すでに散っていたモミジもありました。



この記事に

朝のマル〜

だいたいここにいる〜
イメージ 1

自家製クッションなので
薄くて安定がイマイチですが。
イメージ 2

夜〜
なぜか今夜はマルがラブのハウスに。
隣のピンクはマルのハウス
イメージ 3
ラブが、以前冬はこのハウスに入って寝ていたと
母が言うので、実家から持って来たのですが
今のラブにはサイズ的に無理っぽいし
入る気配はゼロ

ラブが入って寝ていたというのは
子犬の頃のことかも

その一応ラブのハウスで、くつろぐマル
イメージ 4

マルを隣のハウスに移動させて
無理やり1匹1軒
イメージ 5
2匹とも無理やり感いっぱいの表情

でもふだんマルは
よくピンクのハウスに入ってる
イメージ 6
あごをのせて寝心地いいみたい

小柄なので広さに余裕がある
イメージ 7

で、来客置いてみた〜
イメージ 8

「じゃ一緒に、寝よか〜」
イメージ 9



この記事に

大阪の北浜界隈の
画廊をいくつか巡るイベント

日頃、あまり馴染みがなくて
敷居の高い画廊を
イベント担当者と参加者が一緒に4、5か所巡ります。

画廊 大千
「第十七章 〜先達の作家たち〜
ポン・デザール展」開催中
イメージ 1
とっても高級そうな画廊でした。
でも作品数が少なめ・・って思っていたら

画廊の方の話では
この5人の方々は巨匠で
完成する作品も少なくて
東京でもこのメンバーでの作品展は
滅多に無いそうです。

最近の額は、ガラスの代わりに
アクリル板を使うのが主流らしく
(重い、地震などで割れるなどの理由)
そのアクリル板も高級なものは
人の影や照明などが写り込まないのだそうです。

そう言えば、美術館などで絵を観ていても
人影などが写り込むってことないなぁと。

雑居ビルの3階のモダンな画廊
福住画廊
「金子 潤展」開催中
イメージ 2
この方は名古屋生まれですが
現在アメリカを代表する陶芸家だそうです。
高さ2mを越える巨大な陶芸のアート作品は
パブリックアートとしても人気なのだとか。

上の写真右側の作品のサイズは
約33×25×18㎝
描かれている点々が不思議に立体的
なんとか家にも置けそうなサイズですが
値段がもう半端なかった!

イメージ 3


画廊の方は地震がおきると困る・・と
展示の台や柱に工夫を凝らしているのだと。
イメージ 4

こちらも知る人ぞ知るって感じの
ビル9階にある ギャラリー風
「岸本 恵美子展」開催中
イメージ 5

このアーティストは
ダンサーの踊る姿をクロッキーして
そのイメージを作品にしているそうです。
個展初日には画廊でダンサーのパフォーマンスと
クロッキーのコラボイベントがあったそうです。

谷崎画廊
「和気史郎 没後30年追悼展」開催中
イメージ 6

このギャラリーは何年か前に
この場所に移転してきたそうです。
建物のこだわりは、この画廊のオーナーが
縁あって、お客さんである
某大会社社長の屋敷から要らなくなってもらい受けた
たくさんの高級瓦を使ったことだそうです。

イメージ 7
見えにくいですがこの瓦

京阪電車 なにわ橋駅 地下コンコースにある
アートエリアB1
「超・都市計画」開催中
イメージ 8

オスカー・ピータース氏による
木組みローラーコースター型の
大型インスタレーション「Underground」
イメージ 9


ローラーコースターに
いろいろな物が乗って滑走していました。
イメージ 10

乗っているものは一般公募で
選ばれたものだそうです。

イメージ 11

巨匠から現代アートまで
いろいろなアート作品に触れることができ
画廊の方とも気軽にお話しできました。
でも・・やっぱり画廊って不思議な世界です。


この記事に

やりくり リース〜

夏暑くて、花どころではなく
ストックのドライフラワーは
ほとんどありませんが・・・

庭のサネカズラやツルニチニチソウを
丸めたので、リースを
作ってみたくなって・・

メインは先日も使った
赤く色付いたドライのアジサイ
イメージ 1
買ってきた
サンキライの赤い実やピンクペッパーの実
かなり前の紫のスターチス

イメージ 2

こちらもアジサイがメイン
イメージ 3

かなり前のドライの
赤い千日紅も総動員

イメージ 4

↑この二つのリースが
上品めの色合いだったので・・

残っていたドライフラワーをかき集め
最近ドライにしたばかりのバラ
(下あたりのオレンジ色)
派手色のリース
イメージ 5


イメージ 6

派手めの色合いになるように
残っていた少ないドライフラワーで
なんとか埋めました〜

イメージ 7

この記事に

西宮北口のプレラホール
六甲ヒルズ室内オーケストラのコンサート
イメージ 1

アマチュアオーケストラで
無料演奏会ですがとても立派なチラシ

演奏曲にも惹かれたのですが
以前私のチェロの先生のコンサートで
一緒に出演されていたソプラノ 無量井英美さんが
客演というので行ってみました。

先生のコンサートでの
この方の歌声がソフトで澄みわたって
とても素晴らしく心地よかったのです。


イメージ 2

曲目はヴィヴァルディやバッハ中心

昔はヴィヴァルディの作品=「四季」
って感じに思ってましたが
チェロを習い始めてから
たくさん名曲があること知りました。

2部の始まりはヴィヴァルディの連続
イメージ 3

この後は無量井さんの独唱付き
バッハのカンタータや
ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」
そしてアンコールはやはりヘンデルの
オペラのアリア「私を泣かせてください」

2時間ほど美声や演奏を堪能しました。

どこかでたまたまチラシをもらったら
ソプラノの方を知っていたので行ってみた
演奏会でしたが・・

演奏が始めると
チェロパートに知っている人が!
私のチェロの先生が、私とは違う教室で
教えている人で、たまに先生のコンサートや
弾き合い会で見かける年配の男性

その弾き合い会の時は
皆と同じくらいの曲を弾いているのに
この演奏会では2時間ずっと
5人ほどのチェロパートで
大曲の演奏をしていて
ほんとはすごい人だったんだ〜と。

演奏技術もすごいけど
私、5分ほどチェロ弾いたら飽きて
ちょっと休憩するのに
あんな長い時間よく弾ける〜って
ヘンなことにも感動しました
( T_T)\(^-^ )


この記事に

赤さ がすごい〜

たまたま売っているのを
見つけて買ってきました〜
イメージ 1
ビーツ

大きさも色合いもサツマイモに似てます。


そのままさっと茹でて
皮をむくと濃紫色
イメージ 2

短冊切り
イメージ 3

ビーツはさとう大根とも言われますが
ホウレンソウと同じ仲間だそうです。

「食べる輸血」と言われるほど
リン、マグネシウム、カルシウム、鉄
カリウム、ビタミンA・C、ナイアシンなどが豊富。

赤い色素成分 ベタシアニンは
強い抗酸化成分があるそうです。

今、私的にはちょっとロシアブームで
ロシア料理 ボルシチに
イメージ 4
サワークリームとディルを添えて
トマトジュースとビーツでかなりの赤さ

翌日
イメージ 5
更に赤さ進行
ジャガイモは切ってみると中まで赤い


この記事に

ヒイラギの実
すっかり赤く色づきました〜イメージ 1

ところが、一大事!

早起きの夫によると・・
最近朝早く ヒヨドリが
ヒイラギの実を食べに来てるらしい。

ヒヨドリ、私が朝寝坊ってこと
知ってるみたい。。
庭の目立つ場所に置いているから
食べやすいのかもしれません。

毎年2月ごろには鳥に食べられて
ヒイラギやナンテンの実が無くなるのは
寒い時期で食べ物が少ないので
しょうがない。
でも今年はまだ11月、しかも暖かいし
食べに来るのちょっと早い!

・・ってことで
100円ショップで買った防鳥ネット
イメージ 3
見た目も悪いし、あまりしたくないけど
せめてクリスマスまでは
赤い実を残しておきたい。

色づいたオリーブの実
イメージ 2
こちらは今の所 食べられる気配ナシ

ビオラやアリッサムが広がって
ムーミンとニワトリに迫ってる
イメージ 5

そろそろ場所を替えないと
イメージ 4

チェリーセージ
イメージ 6

ゼラニウム
イメージ 7
ゼラニウムと言えば
やっぱりこの色や葉の模様〜


この記事に

裸んぼう・・または自然な姿
イメージ 1
着替えるために服脱いだところ

服を着るよ!と言っても・・
伸びして時間を稼ぎまくる
イメージ 2
服を着せるのは
小柄なマルの居場所が目立つように、
体舐めてばかりするのを防ぐため、
そして私的な好み。

そろそろ寒いし服、着ましょう〜
イメージ 8
「。。。。」

嫌がってた割には、服を気にせず
のんびりリラックス
イメージ 10

リラックマ的にのんびり〜
大あくび
イメージ 9

ラブとお揃いのリラックマの服
安物なのでわりと薄手
イメージ 3

ラブの服はちょっと小さめで
布を足してサイズ大きめにしてます。

リラックマコンビ
イメージ 4

リラックマコンビで
散歩に出発〜
イメージ 6
ラブも散歩では元気に歩く

桜の葉っぱ、たくさん落ちてます。
イメージ 5
今朝はちょっと寒い。。

「着るならそろそろ冬物〜」
イメージ 7

リラックマ服コンビ
次回は春かな

この記事に

習い始めて・・たぶん3年ほど
市のセンターでの水彩色鉛筆画

人気の講座でいつも満席、
ほとんどは10年以上通ってる人たち。

水彩色鉛筆は、乾いた状態では普通の
色鉛筆ですが、筆などで濡らすと
水彩絵の具のようなタッチになります。
水彩色鉛筆は混色もできるけれど
色が濁るので、たくさん色数あると便利みたい。

時々先生を通じて画材を買う機会があるので
今回は水彩色鉛筆を5色頼んでました。
イメージ 1
教室で使っているのは
ドイツ製のファーバー・カステル社

他の人たちはものすごい色数持ってます。
最初講座に入る時に24色セットを買い
その後、別メーカーの24色セットを
友だちから もう使わないからともらったり・・

私、本数はなんとなく増えたけれど
入門セット的な色合いが重なってます。

ばらで買い足そうと画材屋さんに行っても、
自分の持っている色がどれかわからなくて
なかなか買い足せずにいました。

でも今回は!
イメージ 4
先輩方をまねて、先生が配る
注文票をコピーして自分の持っている
ファーバーカステル社の鉛筆の色を確認。
持ってない色を5色注文しました。

ただ、持ってないってだけで
具体的な色はこれではわかりませんが。


左から
テラコッタ、フクシア、ミドルパープルピンク
バイオレット、ターコイスブルー
イメージ 2
筆でも色が塗りやすくするために
鉛筆の一部を深く削ります。
(どの教室でもこうするのかどうかは
ちょっとわかりません)


手持ちのレモン色的な3本
上からファーバー・カステル社
その下2本はもらいもの
ドイツのステッドラー社、イギリスのダーウェント社
イメージ 3
色鉛筆の側面などに筆のマークがあるのが
水彩色鉛筆ということを示してます。

色数が増えるとちょっと
上手く描けそうな気分・・?
でも現実は厳しい。。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事