ここから本文です
法医学者の悩み事
地味な仕事してますが、よろしくおねがいします

書庫全体表示

大野病院事件 被告、罪状を否認 (2007年01月27日 朝日新聞)

 県立大野病院で04年に女性(当時29)が帝王切開手術中に死亡した事件で26日、業務上過失致死と医師法(異状死体の届け出義務)違反の罪に問われた、産科医加藤克彦被告(39)の初公判が福島地裁(大澤廣裁判長)で開かれた。加藤被告は「適切な処置だった」などと述べ、起訴事実を否認。公判後の記者会見でも、医療行為としての正当性を繰り返し主張した。

 −手術の正当性主張 事件後初めて公の場に−

 「患者さんのご冥福を心からお祈りし、ご遺族に心よりお悔やみ申し上げます」
 加藤医師は初公判終了後に開かれた弁護側の記者会見で、帝王切開手術中に死亡した女性と遺族に対する思いを語り、深々と頭を下げた。
 これまで加藤医師は公の場での発言を避けてきたが、「逮捕からほぼ1年がたち、気持ちの整理もついた。ご声援頂いた医療関係者の方々に元気な所を見せたい」として、会見に踏み切った。
 加藤医師は、全国の産科医から寄せられる支援に対し、「心強く思っております」と述べ、全国的に産科医が減少し、医療現場の負担が増していることについて「今回の事件が一因となってしまった。申し訳なくも感じています」と話した。
 この日の検察側の冒頭陳述で、手術後、院長らに「やっちゃった」「最悪」などと話したと指摘された点について、記者から「医療ミスという認識があったのか」と問われると、加藤医師はきっぱりした口調で「ミスをしたという認識はありません。正しい医療行為をしたと思っています」と言い切った。
 争点の一つ、胎盤をはがす際にクーパー(手術用ハサミ)を使用した理由について「その場の状況で適切だと考えた」と説明。「勾留(こう・りゅう)中は取り調べに対し、『クーパーの使用は不適切だった』と言ったが、今はそういうことは考えていない」として、医療行為としての正当性を主張した。
 また、手術前に先輩医師から「応援の産科医を派遣した方がいい」という助言を受けながら、応援を呼ばなかった点について、加藤医師は「タイミングを逸してしまった」と弁明した。
 逮捕以来、産科医としての仕事から遠ざかっているが、「いい勉強の機会ととらえたい」と述べた。「産科という学問は好きですし、婦人科の患者さんと話をするのは好きなので、またやりたいという気持ちはある」と話した。

 一方、福島地検側は公判終了後、「我々としても医療関係者が日夜困難な症例に取り組まれていることは十分認識している。しかし、今回の事件は、医師に課せられた最低限の注意義務を怠ったもので、被告の刑事責任を問わなければならないと判断した」とする異例のコメントを発表した。

 −遺族「真相を明らかに」

 亡くなった女性の父親(56)楢葉町在住は初公判直前、朝日新聞の取材に対し、次のように話した。
 私たち遺族は手術室で何が起きていたのか、それを正確に知りたいのです。なぜ加藤医師は、手術の途中で、ほかの医師に応援を頼まなかったのか。なぜ、やったこともない癒着胎盤の手術を強行したのか。娘は、実験台になったようなものじゃないですか。いろいろな疑問について、裁判でぜひ明らかにしていただきたい。
 娘が死んだ04年12月17日夜、遺体に対面しました。娘は歯を食いしばっていた。それを見て、娘はこんな形で死んでいくのが本当に悔しかったんだと思いました。母親として、もっと生きていたかったんだと。あの時、私は、絶対に真相を明らかにするから、と娘に誓ったのです。
 でも、私が調べ始めたとたん、医師や県の人たちが壁のように立ちはだかり、何が起きたのか全く見えなくなってしまった。捜査が始まるまでは本当に手探りでした。ですから今回、警察には大変感謝しています。

>>>>
ご遺族の言葉が、なんともいえなく心に響く。この事例でも、真実が知りたいから訴訟が起きた。検察が起訴をした結果、その結果はともあれ、真実究明は裁判で行われるので、遺族にとってはありがたいことなのだろう。しかし、問題は、この事件以外でも多くの医療事故事件があり、ほとんどのケースでは、警察が捜査中ということで、カルテ情報や司法解剖の結果などの情報が開示されていないということである。このような状態では、遺族の抱く医療に対する不審は増すばかりだろう。犯罪捜査の目的だけではなく、医療の安全・安心のために真実究明を実施する新たな仕組み作りが求められている。ただ、その際、強制捜査権限をその機関に付与しなければ、国民から真に信頼される機関にはなりえないので、警察に取って代わることはありえないだろう。その点を考えながら制度設計しなくてはいけない。

  • 顔アイコン

    >ご遺族の言葉が、なんともいえなく心に響く。この事例でも、真実が知 >りたいから訴訟が起きた。検察が起訴をした結果、その結果はともあれ、 >真実究明は裁判で行われるので、遺族にとってはありがたいことなのだ >ろう。 誤解があるようですので,書きます. 刑事訴訟ですので,「真実が知りたいから訴訟が起きた」は間違いです. また,「裁判で真実が究明される」ということも正しくないでしょう.裁判は勝つための戦いです.今回の件でも検察は自分たちに不利な証拠(文献etc.)の採用に同意していません.お互い不利なものは出さず,勝負するわけですから.しかも裁判では医学的に正しいものが必ず正しいと判断される保証は全くありません.真実は表に現れないでしょう. 法医学の先生なら我々臨床医よりも法律のことを知っておく必要があるのではないでしょうか? 削除

    [ Level3 ]

    2007/1/29(月) 午前 8:07

    返信する
  • 顔アイコン

    あなたの親族が病院で医療事故で亡くなったかも知れない場合、どのように真実を知るのでしょうか?現行制度のままでは、裁判以外に方法がないので遺族が困っているのが現実です。その意味で新たなシステム作りをしようという動きが出ているのではないでしょうか?もし、法律をよくご存知でしたら、具体的にあるべきしくみに関して記載していただければありがたいです。

    [ ももちゃん ]

    2007/1/29(月) 午前 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    どうも意図が伝わっていないようです.「民事裁判」は家族が原告ですし,訴えるのも家族です.しかし「刑事裁判」は違うでしょう,ということです.家族が訴えたのではないのですね.警察・検察は「犯罪の疑いがある」ということで逮捕・起訴したのです.彼らにとって真実などもはやどうでも良いのでしょう.手段を選んでいないようですし.「有罪にすることだけ」が彼らの目的です. 第3者機関を早く創設すべきなんでしょうが,現在の状況ではまともに機能するかどうか期待薄でしょうね.しかしそのようなものができないと「真実の探求」は難しいでしょう. 我々臨床医なら医療事故で親族を失った場合,その経過から何があったかをおおよそ推定できるでしょう.「過失があったのか」やむを得ない事故であったのか判断できます.それが臨床医だと私は思っています. 「法医学の先生」は非医療者的発想なんですね. 削除

    [ Level3 ]

    2007/1/29(月) 午後 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    検察が動くケースは、遺族か弁護士が証拠保全を求めて告発した結果であることが多いようです。現状では、民事での証拠保全が不完全で、刑事手続による証拠保全が最も信頼度が高いためのようです。新制度の設計では、刑事手続に負けない証拠保全能力と、その結果の民事手続への開示が求められています。それなしでは永遠に刑事手続は排除できないでしょう。ところで、臨床医の親戚が医療事故の被害者になった時に、かなりえげつない方法で警察を使ってきた事がありました。全員があなたのように良い先生とばかりは限らないようです。

    [ ももちゃん ]

    2007/1/29(月) 午後 6:16

    返信する
  • 顔アイコン

    時々拝見してます。法医の先生へのバッシング、時々酷いですね。今の時代は、そうでないことを祈りますが、私の同級生で医師になった人の中には、お金で大学に入ってしまった人もいました(自分で言ってる)。国立大も研究ばかりして、患者を診ないとこも一杯ありました。そんなので、医療のレベルが維持できるのか疑問でしたが、今はそのしっぺ返しが来ているようにも感じます。ま、だからと言って真面目な医師まで逮捕されるのは気の毒でもあり複雑な気分です。

    [ やぶけん ]

    2007/1/29(月) 午後 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございます。そうなんですよね。法医学はどういうわけか嫌われてます。警察の手先と思われているんでしょう。多くの法医学者が、これまで医師の権利を守る方向で働いてきましたが、知られていないようです。近年、臨床は専門化が進んだため、医療事故の鑑定を臨床医に振り始めた鑑定人も多いのですが、その結果、鑑定する臨床医が「俺ならミスらない」とうかつな発言をする機会も増えた感じがします。法医学がなければ、臨床はますます苦境に陥るかもしれません。

    [ ももちゃん ]

    2007/1/29(月) 午後 9:20

    返信する
  • 顔アイコン

    法医学者になりたい!という医学生を育てる課題も国にあると思います。 臨床だけでは、医療事故に対して虚偽を発表する恐れがあると思います。 そして、協力できる関係が構築されることを願って止みません。本来の医師の姿に、私たちは、立ち止まり、考えて行きましょう。 削除

    [ donarudo-dabinchi ]

    2007/1/30(火) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    法医学者になりたくて大学に入学してくる学生も実際にいるんですよね(笑)。ただ、他の臨床科と違ってポジション確保もできないので、断っているケースも多いようです。本当はもっと入ってもらわないと、死因究明のための解剖数は増えませんし、結果、遺族の医療不信も増大してしまうんですが。

    [ ももちゃん ]

    2007/1/30(火) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    法医学に興味があったけど、喰えないので麻酔科医になった bambooといいます。初めまして >真実究明を全ての死亡事例で行えないのか? まず、すべての死亡事例を解剖するだけの法医学畑のマンパワーがありますでしょうか。すべてを解剖する必要があるかどうかは判りませんが、何らかの調査をするにはマンパワーが必要で、コストもかかります。 日本はそのようなコストを無視して経済大国もどきになった国じゃないでしょうか。監察医制度すらほとんど無いのはご存じの通りです。

    [ ane*_*amb*o ]

    2007/2/2(金) 午前 4:57

    返信する
  • 顔アイコン

    それから、遺族が真実を知りたいというのもちょっと違うと思います。 最近の訴訟時の家族の発言を見ると、結局悲しみに耐えきれずに、誰かのせいにしたがっているのだと思います。裁判で真実を明らかにしたいのなら、敗訴しても、それが真実だと納得するはずですが、そうではないのではありませんか?

    [ ane*_*amb*o ]

    2007/2/2(金) 午前 4:59

    返信する
  • 顔アイコン

    これだけだと臨床医がかばい合いをしていると思われるでしょうから、臨床医にとって都合の悪いことも書きましょう。実は臨床医の技術には極めて大きな差があります。各医師によっても違いますし、施設によっても違います。程度の低い施設の標準の手術は、腕の良い施設の医療ミスと言っても過言ではありません。何処に標準を置くか決めようがない状態で、ミスかどうか判定のしようがないだろうと思います。長文失礼しました。

    [ ane*_*amb*o ]

    2007/2/2(金) 午前 4:59

    返信する
  • 顔アイコン

    anes bambooさん ありがとうございます。解剖制度の点、医療水準の設定が施設で異なる点、おっしゃるとおりと思います。ただ、今後このままの制度で医療関連死を扱うことは不可能なので、制度の整備が求められているという点は臨床医の先生が求めていることだと思います。また、遺族に関してですが、一度訴訟が起きてしまえば勝ち負けにこだわると思いますが、問題なのは、訴訟手続きなしで解剖など客観的真実究明の手立てがないことです。今後は訴訟が起きる前に真実を知る手立てが必要と思います。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/2(金) 午前 6:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事