ここから本文です
法医学者の悩み事
地味な仕事してますが、よろしくおねがいします

書庫全体表示

先日法医学の関係者から大野病院に関する噂を聞いた。
インターネットで検索すれば出てくることでもあるが、この事件で、検察側の鑑定をした人物は某大学の産婦人科のT教授とのこと。教授だということで、検事は最初その鑑定を大いに信用していたらしいのだが、後になって産婦人科全体が蜂の巣をつついたようになって、検事もびっくりし、大変やばいと思っているらしい。癒着胎盤の経験もないような教授に鑑定依頼するのもおかしいのだが、こうした現象が起こるのも、検事に適正な臨床医を紹介するシステムを構築してこなかったせいである。これは、検察、医療側双方の責任でもある。また、そういう人物を教授にしてしまう、日本の臨床の風土にも問題がないとはいえないだろう。実務のできる方が教授になって欲しいものだ。研究ばかりして実務を知らない方を教授に据えるものだから、検事側の誤解を生みもしている。

また、噂では、このまま放って置くと、医療関連死の死因究明問題は、無過失補償と同様に日本医療機能評価機構に任せようという話になりがちだが、財団法人ゆえ、それでは、公費導入は絶望的で、大変しょぼい制度に終わり、遺族の医療不信が解消することはないらしいとのこと。大変困った問題だ。大幅な方向転換がなければ、臨床医、遺族双方のストレスは減らないだろう。

検察側としては、検事が起訴したものが無罪になると、その検事は出世できなくなる関係上、今回の大野病院事件については、他人事ではなく、彼らなりに反省せざるを得ず、それが原因で厚生労働省に積極的に話しかけているようだ。噂の信憑性はともかくとして、なるほどという感じではある。
ただ、以前あった検事さん達の話では、厚生労働省側にやる気がないということである。せっかく検察側にやる気が出ているのだから、これを契機にしっかりとしたシステムを作って欲しいところだが、厚生労働省側は、法務省ネタに食い込むことが嫌なんだろう。だったら、そろそろ、内閣府あたりの高いレベルで話をしたほうがいいのではないだろうか。そのためにも、与党系の議員さんがしっかり対応すべきなのだが、なんとなく無過失補償だけで喜んでしまっていてその気が失せているようにも見える。
大変先行きが心配だ。

  • 顔アイコン

    厚生労働省にとっては嫌なことなんですかね、不思議な話です。 ところで、無罪が出たから出世できなくなるのではなく、普段からそんな程度の仕事しかしておらず、その一端が一つの事件に典型的に現れるからでしょう。 無罪を出して出世した検事も大勢います。 つまり、無罪が出たとき、「彼に限ってそんな間違いはしない。何か原因があったのだろう」という評価になるか、「あ〜、彼ならあり得ることだね。」という評価になるかの違いで、普段の評価が影響するのでしょう。 削除

    [ 憲四郎 ]

    2007/2/11(日) 午前 11:56

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございます。 その点は医者と一緒なんですね。研修医の時に、刑事訴追されて、罰金刑を喰らった医師でも教授になった方もいます。確かに、1件の間違いはどこの世界でも許されるべきでしょうね。ただ、おそらく、医療関連死問題にはシステム的な問題があり、下手をすると、無罪事例を乱発してしまう恐怖感が検事側にもあるのではないでしょうか。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/11(日) 午後 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    「医療崩壊」で有名な小松氏を検察の方々が招いて、小松氏が講演を行ったと言う話は聞いたことがあります。また、裁判所も医事訴訟には力を入れているようです。検察・裁判所に関してはきちんと話せば耳を傾ける状況にはあるようです。後は国民・政治の問題と、医療界の問題、厚生労働省の問題なのでしょうね。

    [ - ]

    2007/2/11(日) 午後 6:46

    返信する
  • 顔アイコン

    検察、裁判所に関しては、いい方向性のようです。あとは厚生労働省がどうなるか、、、ちょっと心配しながら見ております。 噂では、死後CTを入れる考えがあるような書類が最近でたとか、、、どうなるんでしょう。日本で死後CTを使うと逆に解剖数が増えると指摘する先生もいます。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/11(日) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    その噂はマスコミにも広がっている様ですね 逮捕後と初公判時では同じテレビ番組でも 扱いがまるで違いました 一年前はもう犯罪者吊るし上げモード 初公判時は相当冷静に両論併記でした

    [ inoge ]

    2007/2/13(火) 午前 2:03

    返信する
  • 顔アイコン

    質問です。 1 検察は厚生労働省に何をしてくれと働き掛けているのですか。 2 厚生労働省は何をする気がないのですか。 削除

    [ 一郎 ]

    2007/2/13(火) 午前 2:21

    返信する
  • 顔アイコン

    inakanougekaさま 最初の段階での雰囲気は、やはり、捜査側の情報の秘匿の影響は大きかったと思います。公判が始まり、決定的な逮捕の理由が出てこないので、マスコミもおかしいと思い始めているのだと思います。 一郎さま これは推察ですが、検察は真っ当な死因究明制度と医師へのコンサルトシステムが欲しいようです。一方で厚生労働省は、どちらの面でもちゃんとした案を持っていないようです。医療と刑法、民法の全てに詳しいブレーンが必要なのですが、今のところ参加してないようですし。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/13(火) 午前 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。厚生労働省の対応に関する推測ですが、監察医務院の全国展開をするだけの予算的な裏づけをする根拠が見つからないのではないかと思います。死んだ人をどうするのだという論理に対して優先順位を上げるだけの反論ができないような状況ではないのかなと。 特に、政治と官僚が分断されているような状況では、新たな組織作りを官僚側からは起こしにくいのかなと思います。政治家はどう考えているのでしょう。

    [ lah**napoip* ]

    2007/2/13(火) 午前 9:34

    返信する
  • 顔アイコン

    確かにこの問題、厚生労働省や、法務省、警察庁の縦割り的体質から発生している部分が多いので、もっと包括的に解決する意志が必要です。その意味では、内閣府で解決するか、国会で議論される必要があるのですが、どうも今の与党は官僚に頼る傾向が強くて中々動かない感じです。もっと、与党が動けばよくなるんでしょうね。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/13(火) 午後 6:28

    返信する
  • 顔アイコン

    縦割り問題というのは得てして省庁が批判されることが多いのですが、政治のリーダーシップが不足している事が原因だと思います。政治のリーダーシップが不足しているということは、国民からの働きかけが弱いと言うことでもあると思います。官僚に頼っているのは政治ばかりでなく、国民も同じでしょうね。

    [ - ]

    2007/2/13(火) 午後 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですね。本来官僚を動かすべき立場の国会や内閣がしっかりしていない感じです。ましてや、法医学では最大の被害者は死者で、死人にクチナシのため、問題があっても気づいてもらえません。法医学者も少なすぎますし。マスコミがちゃんと気づいて国民に正しい情報を提供すべきなのですが、テレビでは現実離れしたドラマばかり垂れ流していてそれもこまりものです。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/13(火) 午後 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。状況を良くは分からないので恐縮ですが「今回の大野病院事件については(中略)彼らなりに反省せざるを得ず」と書かれてますが、にわかには信じられません。富岡署が県警本部長賞を表彰しています。この行為は、全く反省なんかしていないばかりか、全国の医師に喧嘩売るよ、という決意表明のように感じるのですが。 削除

    [ poisonous ]

    2007/2/19(月) 午後 3:44

    返信する
  • 顔アイコン

    所轄署レベルと中央の検察レベルの違いはあると思います。 ところで、警察ではとっても下らないことでも表彰状を出す傾向があるので、この件でも、「長い時間かかってお疲れさん」程度の意味で表彰された可能性はあるかもしれません。いつも、そんなものです。

    [ ももちゃん ]

    2007/2/19(月) 午後 5:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事