借金サラリーマンの更正日記

600万円の借金を抱えたサラリーマンの更正を誓った日々を綴ります

全体表示

[ リスト ]

先の見えない闇

ご訪問頂きありがとうございます。

更新に時間が掛かってしまいました。
当時のことを思い出すと、短期間で本当にいろいろあったので
なかなか文章にできませんでした。

少しずつ過去を振り返りながら、自分の甘さを痛感しながら
後悔していることが少しずつ整理できればと考えます。

それでは、過去を振り返ります。

病院に呼び出された私は久しぶりに会った母の元気な顔をみて
安心しました。

検査も一通り終わり、やっとこれから治療にはいるという説明を
昨日きいて 母は前向きになっていました。

病室でお弁当を買って、一緒に食べたとき 母はしっかりと
食事をとっていたため、少し安心しました。

一時間ほどして、父からそろそろ帰ろうかといわれ 私と父は
また近いうちにくるよといって病室をでました。

ロビーに降りて、父は近くの喫茶店に私を誘いました。

そこで、これから迎える厳しい現実を聞くのでした。

喫茶店に入るなり、母のこれからの治療計画についてでした。
白血病は血液のがんといわれ、明日から母は抗がん剤を
投与されるとのことでした。

抗がん剤は悪性のがん細胞を殺す非常に効果的な治療ですが
同時に正常な細胞にも作用します。

私は病気についての知識が全くなかったのですが、ドラマ等で
抗がん剤の存在をなんとなく知っていました。

しかし、それは髪の毛が抜けたり 物凄い副作用があるという
すごく心配な治療であるイメージがありました。

父の相談は、まさにその副作用についてでした。
告知していない母にとって、どう説明したらよいのか。
母は前向きに治療に耐えることができるのか。
告知せず、このままでよいのか。

父の話に私はなにも答えることができませんでした…



 ランキングに参加しています。
 どうか、クリックしてください。
    ↓    
 https://life.blogmura.com/debt/img/debt88_31.gif
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ(文字をクリック)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事