ピーチファンド6月

今年も早いもので、もう半分終わってしまいました。時の流れは残酷なほど早いですが、私はいつもと変わらない13歳のフサフサです。

ピーチファンド6月の運用報告です。
まずはパフォーマンス。

イメージ 1

日経平均がジリ上げの展開だったので、ピーチファンドのパフォーマンスは日経平均に追い越されそうです。日経平均が上げてきたおかげで日本株のパフォーマンスはV字回復。ただ、この展開で先物は売買しにくく、6月の売買はゼロでした。我慢の月でしたね。
あと、気になるのは国内リート。先月、下げ止まったかな?って思いましたが、こちらはジリ下げの展開。好調だった不動産市況に何か変化がある予兆でしょうか?多分、地銀が売ってる感じですが、外資も売り越していたような・・・
次は、資産構成。こちらは大きく変わりませんね。

イメージ 2
あと、まだパフォーマンス、資産構成には反映させていませんが、ドル建てで新興国株式のETFを少し買いました。ドル建て資産をどのように反映させようかなと、今、思案中です。

なお、先物は6月の決済ベースの売買はゼロでしたが、昨日、下がったところで買いでエントリーしました。昨日の夜場の終値ベースが月曜日の初値だったら7月は利確でスタートできそうです。
まあ、先物も株も投信も一応自分の中でルールに則ってやってますので、売買できなさそうな時は、じっと我慢ですね。

この記事に

開く コメント(0)

ピーチファンド5月


なんか、5月もあっという間に終わって、ピーチファンド定期更新の時期になってしまいました。
今日からもう6月です。市況は相変わらず膠着状態と言ってもいいのではないかと思います。
ちなみに、明日6月2日は本能寺の変が起きた日です。
相場の明智光秀が出て、市況を混乱させてくれないかなと思う13歳のフサフサです。

さて、ピーチファンド5月の運用状況です。
まずはパフォーマンス。
イメージ 1

我らが日経平均ズは小動きながら下値を切り上げたような感がありますが、上値は重そうですね。
さて、ピーチファンドの方ですが、日本株以外は下げ止まり?のような感じですね。日本株は、もともとの買値より高い値段で買い増ししましたので、年初比のパフォーマンスで行くと、まだまだ厳しいものがあります。
大きく値動きがあった局面は、アメリカのトランプさんの弾劾話がでてきた時の1回だけでした。ですので、先物の売買は5月は1回だけです。
こういう時は我慢ですね。自分が取れると思うような場面が来るまでは、下手に手出ししないことです。私も、昔は衝動で売買したこともありましたが、最近は、13歳にして我慢することを覚えましたね。

次は、資産構成です。
イメージ 2
こちらに大きな変動はありません。
国内債権は日本国債がこれから来年に向けて償還を迎えますので、今は、物価連動債投信を定期的に購入しています。あまり国内債権の比率が下がらないような運用をしています。
あとの資産は、現在の評価額>買付で含み益の出ているものが多いので、買い増しは控えています。

あまりに動かない相場にイライラする毎日ですが、なんかあるとしたら外的要因でしょうね。焦らず、じっと時を待つ13歳のフサフサでした。



この記事に

開く コメント(0)

久しぶりに雑談

月一の定期更新以外の更新です。
なんか、とある便所の落書きでこのブログが少し話題にされてましたので。

そもそも、ピーチファンドの始まりは、2007年。
NHKドラマ「ハゲタカ」を便所の落書きで実況しながら見ていてときのことでした。

大空電気のカメラレンズ事業部を救うために、柴田恭兵演ずる柴野さんがホライズンをクビになった鷲津さんをたきつけたシーンがありました。
そこで出てきたのが「鷲津ファンドを立ち上げます」と言うセリフ。

咄嗟に便所に「ピーチファンドを立ち上げます」と書いたのが始まりでしたね。

で、当時は2005年の郵政解散後の相場に徹底的に「売り」で立ち向かい大損ぶっこいてて、、便所の落書きで、「投機から投資に変えたほうがいいんじゃない?」みたいな落書きがあったので、じゃあ投資的なものをやってみようかなと。

それで、適当に外債とか海外リートの投資信託とか買ってましたね。
その後、リーマンショックを無事乗り越えたピーチファンドでしたが、2011年の大震災、ではなく、その後の原発事故。原発1機飛ぶごとに資産がポポポポーンって消えて、翌2012年ぐらいに必死に立て直しして、今の形で報告するようになったのが2013年。それからもう4年立ちます。

この4年はそこそこ順調ですが、こういう時に気の緩みが出やすいので、これを期に初心を思い出してみようかなと。

そうか、途中でちょっと途切れたけれどピーチファンド設立10周年でしたね。
今、13歳だから3歳の頃からやってたんですね、こんなこと。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事