ここから本文です
また、自転車生活始めました。
ぼちぼちと自転車と釣り等楽しんでいます。

書庫タックス ネオ スマート

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

毎日ZWIFTレース参加しています。

確実に    少しずつ  ちょっぴりだけ

進歩していますが

   やばいよ〜くらい追い込んで スズメの…。


もとい  アリンコの涙くらいの進歩


   でも、でも  こんなのが嬉しいんです。


なんか  生きてるって。  自転車最高!!!


禁断の昼休み

イメージ 1


いつもはサイクルウエアに着替えて気合い入れて漕ぎますが、今日のお昼は私服でゆるーく走行していると、アメリカ人のA.Haleさん(女性)が一緒に走ってくれました。暗がりを2人っきりで…。いやぁ〜ん  ということで、たまにはゆっくり走るのも悪くないようです(笑


イメージ 2

2012モデルのiMacでバーチャルトレーニングのzwiftの同期についてですが

内臓bluetoothのバージョンが合わず同期できない状態だったので
最新iMacと同期させたものを画面共有するというかなり際どい使い方をしていて
若干動きがコマ送りのような動画でしたが、気になるほどでもないので
あきらめておりました。

そうしたら、前回の投稿でブロ友のじてんしゃ小僧さんから
これを使うといいですよと勧められたのが、写真のものです。

イメージ 1

これで繋がりますとのことで、すぐに購入!本日自宅に届きましタァ!

ワクワク、ワクワク! 早速繋いでみましょう!

イメージ 2


使い方は簡単、後ろのUSBに差し込んでbluetoothを環境設定で繋ぐだけ♪〜

それで〜 zweft立ち上げると〜自動同期〜っとなりぃ〜〜


…………………………………………………………………………………。

…………………………………………………………………………………?

ん?  繋がんない???

で、説明書をよく見ると使用環境がOS X10.4〜10.9までとのこと。
時間かけて10.13まで上げたのが仇になってしまいました。

仕方ない、タイムマシーンで10.7まで戻って繋ぐとbluetoothが繋がりました。
で、zweftを繋ぐと〜  使用環境は10.9からとのこと。

ん〜〜〜〜ん  なかなかうまくいきません。まるで365歩のマーチです。

仕方なく10.9にバージョンアップ使用とすると有料になってしまいます。
でも、10.11は無料でできるんです。

bluetoothUSBアタプターは10.9までとのことでしたが、ダメ元で10.11に
上げてみました。

そしてzweft立ち上げるとなんと同期したんです。
ハートレートセンサー、ケイデンスセンサーも問題なく同期

これで綺麗な画面で完璧に動くようになりました。

じてんしゃ小僧さん誠にありがとうございました。最高です!

おかげさまで、昨日はロンドンの街の中を
今朝は、セントラルパークを走ってきました(笑

イメージ 3

イメージ 4

zweftネタが続きましたので、次回は違うネタにしますね。
ありがとうございました。


Tacxを購入し、いざBluetoothで同期させようと思ったところ
問題が出てしまいました。

まずは問題なくBluetooth接続できるもの

1)仕事用に使っている最新のiMac

2)自分用のiPhone7

+++++++++++++++++++++++++++++++

同期できないもの

2012年購入のiMac 27インチモニター


仕事用で近く時自転車があるのは邪魔なのでこちらとの同期なし

iPhoneはハンドルに固定すれば使用できるのでOKという感じですが
スマホ画面だけでは、役不足


そのあと、スマホとTVを有線で繋ぐ方法も試みるも、月500円の別途契約をしなくてはならないので、ちょっと面倒なのでペケ。

なので、同期できないPCを使用できればベストなんです。

色々試行錯誤しましたが、突破口が見つかったのでご報告しますね。

[我が家の解決方法]

BluetoothがつながるPCとTacxスマートローラーを同期させ
繋がったiMacと繋がらないiMacとを画面共有させて
同じ画面を共有する方法です。

これで大きな問題が解決いたしました。



こちらで無事解決いたしましたので、
同じような悩みの方は参考にしてみてください。

今は、バーチャルコースを走るZwiftとTacxのアプリでリアルコースを走ることのできるもので楽しんでいます。

こちらがTacxの無料アプリです。

イメージ 1

4つのコースをダウンロードできます。(有料バージョンもあります。)

例えば右下のものをクリックするとコース案内が出てきます。

イメージ 2

・このコースでは、全てを走るタイプ1
・ヒルクライムだけのタイプ2
・平地+ヒルクライムのタイプ3
・平地のみフルコースのタイプ4
・平地の約半分を走るタイプ5

の5つのコースを選択できます。

スタートするとペダリングスピードに合わせてリアルコースが進み始め
坂道、下り坂、でこぼこ道、スリッピーな道などZweftと同じように再現されます。

イメージ 3

イメージ 4

まだ始めたばかりなので、景色も綺麗なTacxのアプリに
癒されながら、走っています。

同じ負荷でペダリングしていてもスポーツジムの何も景色の変わらないところで
練習するのと景色が動きながら練習するのでは、モチベーションと苦しさが全く違うように感じます。



きっと何年か先には、サイコンをつけて実際に走ったコースなどGPSの
履歴からリアルにスマートローラーで再現することが
できるようになると予測できます。

そうなると、家にいながら先週走ったヤビツ峠を走ろうとかできてしまう
世の中になりそうですね。

ん〜〜ん すごい時代になりそうだ…。

とりあえず、ローラー台をする環境が出来上がり始めました。

イメージ 1

・ZweftをやるためのPC

・風を送る扇風機

・防振マット(アルインコ製)

・あまり必要を感じませんがBrytonのサイコン

イメージ 4


・ブルートゥース対応のBryton製ケイデンスセンサーとハートレート
 (これはタックスス マート ネオと同期できます。)

・iPhone

                           以上です。


只今一番の問題は、古いi Macとタック スネ オスマートの
ブルートゥースが同期しないため、一番の楽しみのZweftが
大画面で楽しめないこと。

イメージ 2

iPhoneと仕事用の最新iMacはブルートゥースの同期とタックス ネオ スマートと
Zweftは使えるので、古い iMacのOSを最新まで上げられるか問い合わせ中なので
しばらくは、スマホをハンドルの固定し小さな画面で我慢ですが、
楽しみたいと思います。




昨日と今日はTacxのアプリを使ってトレーニングしております。 



あ〜早く大きな画面で楽しみたいです。

イメージ 3


イメージ 5


次は防振対策について

けっこう防振マットって高いので、ホームセンターでキャンピングマット使ったらどうだろうとか、ニトリの床マットを使ったらどうだろうとか、色々悩みましたが
結果色々小細工するとあまり安くならないことがわかったので、アルインコ製のマットの評価がいいので購入しました。


イメージ 6

防振マットの使い方も検索していくと2枚重ねや、防振ブロックと組み合わせたり
色々苦労されているようでした。

私の場合は、防振マット+硬い板の組み合わせです。

なぜこの組み合わせに至ったかですが、フロントタイヤの固定ブロックには
500円玉程度の大きさの接点が4箇所ついており、本体の方も500円玉より2回りほど大きな接点が4箇所あります。

イメージ 7


なのでこのまま防振マットの直接置いた場合、接点の部分が潰れて薄くなって
防振の性能があまり効果がなくなってしまうんです。

なので、板を敷いて重さがマットに均等にかかるようにしました。
実態、20kgの本体+バイク+体重でもマットがほとんど潰れなくなりました。

また、タックス スマート ネオ最大の特徴である振動再生も
硬い板の上なのでダイレクトに伝わってくるはず(萌え

イメージ 8

イメージ 9

実際漕いで見ると、チェーンや変速の音が一番うるさいくらいで
振動と本機の音はものすごく静かでした。

この方法おすすめです。

ただ、うちにあった端材を使ったため2ピースになってしまいましたが
そのうちもう少しかっこ良く作りたいと思います。

本日、スマホとハンドルを固定するのを注文したので
また進化したら報告いたします。

それでは、また〜♪〜


#Tacx neo smart  #Zweft


全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事