momolog

関西の園芸とガーデニングの情報を発信しています。植物のことを知って植物にかかわる人のことを知って、もっと植物を好きになってほしい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 5

宝塚とは対象的に、毎年どんどん美しくなっていく山梨県北杜市清里 萌木の村です。
ポール・スミザー氏が、リデザイン・監修を始められてから6年が過ぎました。

イメージ 1

広場では、今月末から始まるフィールドバレイの舞台設営が始まっています。

イメージ 6

イメージ 7

食べごろのジューンベリー。もちろん庭は無農薬で管理されていますので、食べても問題はありません。

イメージ 8

たくさんの生き物が、この庭の中で生活をしています。

イメージ 2

サーモプシス カロリニアナ Thermopsis caroliniana 北米産のマメ科の植物です。
なかなか迫力のある植物で、黄色の花が特に目を引きます。
このサーモプシスの種は、ROCKで販売されており、ポールさんの事務所GardenRoomsのHPからも購入できます。

イメージ 9

イメージ 3

美しい緑の重なり。

イメージ 4

暑さを忘れさせてjくれるぐらい、清々しい風景ですね。

イメージ 10

昨年の火災から立ち直り、6月9日にグランドオープンしたレストランROCK。
正面のエントランスは、車両と人の動線がきっちりと分けられ、新しい庭が拡張されています。
これからの植物の成長が、とても楽しみです。

今年の夏休みは、ぜひ萌木の村へ。そして満天の星の下でフィールドバレイを楽しんでください。

●【山梨】第27回清里フィールドバレエ
 |期間 2017年7月27日(木)〜8月10日(水) 開場19:00 開演20:00 (8/1,8/8休演)
 |会場 清里高原萌木の村 特設野外劇場
 |お問い合せ・ご予約  萌木の村  TEL.0551-48-2907







この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

あっという間に夏に!

---7月---

■【滋賀】小山内 健 バラの鑑賞会 〜 とっておきのバラトーク 〜
 |日時 2017年7月1日(),2日()am11:00〜12:00 / pm14:30〜15:30
 |場所 ガーデンミュージアム比叡
 |費用 ガイドツアー無料+入園料
 | お問い合わせ・お申込み ガーデンミュージアム比叡 TEL.075-707-7733

■【大阪】薔薇のソムリエ 小山内健の目からウロコのバラ栽培
 |日時 2017年7月9日(日)
 |テーマ 「つるバラの夏剪定。ばっさり切ると元気モリモリ」
 |受講時間 am10:30〜12:00/pm13:30〜15:00
 |定員 各40名 参加にはあらかじめ予約が必要です。
 |受講料 各回¥3,500(税別)
 |会場 京阪園芸 大阪府枚方市伊加賀寿町1-5
 |お申し込み 京阪園芸 TEL:072-844-1781

■【兵庫】六甲オルゴールミュージアム 専属ガーデナーと楽しむ ガーデンガイドとランチ
 |日時 2017年7月22日(土)各am11:00〜 ※ランチ後自由解散
 |料金 1,200円(ランチボックス、ガイド代含む)※別途入館料要
 |定員 各日20名様
 |予約締切 各日、前日まで ※満席の場合はご容赦ください
  花と緑に包まれたミュージアム・ガーデンを専属ガーデナーがご案内します。
  散策の後は、お庭で摘んだハーブを使ってハーブティーを作ります!
  ランチボックスを抱え、池のある中庭でピクニック気分でランチをお召し上がりください。

■【大阪】第7回 サウンドウッズフォーラム − 大阪 −
 |日時 2017年7月22日(土)  13:00〜16:30
 |内容 シンポジウム 日本の森と木材が解く社会課題を考える
 |定員 80名  参加費1,500円(会員1,000円) 
 |会場 エル・おおさか
 |主催 NPO法人サウンドウッズ

●【山梨】第27回清里フィールドバレエ
 |期間 2017年7月27日(木)〜8月10日(水) 開場19:00 開演20:00 (8/1,8/8休演)
 |会場 清里高原萌木の村 特設野外劇場
 |お問い合せ・ご予約  萌木の村  TEL.0551-48-2907



■【大阪】富士フイルムフォトサロン企画展 「バラ大国日本 輝くバラたちの庭」
 |会期 2017年7月28日(金)〜8月9日(水)
 |会場 富士フイルムフォトサロン 大阪

---8月---

【大阪】薔薇のソムリエ 小山内健の目からウロコのバラ栽培
 |日時 2017年8月6日(日)
 |テーマ 夏バテさせないコツetc
 |受講時間 AMクラス10:30〜12:00 / PMクラス  13:30〜15:00
 |定員 AM・PM各40名 参加にはあらかじめ予約が必要です。
 |受講料 各回 3,500円(税別)
 |会場    京阪園芸 大阪府枚方市伊加賀寿町1-5
 |お申し込み 京阪園芸 TEL:072-844-1781

【滋賀】小山内健プレミアム園芸講座
 |日時 2017年8月20日(日) 10:30〜13:00
 |会場 ローザンベリー多和田 カフェEASY TIME
 |定員 30名様まで ※要予約
 |参加費  4,800円(※カフェランチ付き)
 |お申し込み・お問い合わせ ローザンベリー多和田 tel0749-54-2323







この記事に

開く コメント(0)

イメージ 7

そろそろお腹が空いてくるころですが、みなさん何をしてるかというと、庭園内の大島桜のサクランボをつまみ食いさせていただいています。右の木のほうが、おいしいよ〜!

イメージ 8

そして、この実も試食。
スグリ(グーズベリー)かと思いましたが、トゲがなく、味も酸味より甘みがあっておいしいです。
黄実ハスカップ 、黄実ウグイスカズラ、あるいはイエローハニーベリーと呼ばれます。
暑いところが苦手なハスカップ。ここ六甲だからこそ味わえるものでしょうか。

ランチは、館内のシュトラウスカフェのテラスでいただきました。(おいしかったサンドイッチ。しかし、写真が無い・・)

イメージ 9

テラスの横には、グレディツィア (アメリカサイカチ) サンバースト [Gleditsia triacanthos ‘Sunburst’の巨木が。

イメージ 10

こんなに大きくなるんですねぇ。

イメージ 1

ランチの後のティータイムは、このテラスの下で、ガーデンウォーク中に摘んだ新鮮なハーブを使ったハーブティーをいただきましたよ。

イメージ 2

どこかで見たような、テーブルとチェアですねw
イメージ 3

約2時間程でしたが、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ご案内いただいた木村さん、ありがとうございました。
久しぶりのガーデンウォーク、とてもなつかしく、とても楽しかったです。

このイベントは7月にも開催されます。

 |日時 2017年7月22日(土)各am11:00〜 ※ランチ後自由解散
 |料金 1,200円(ランチボックス、ガイド代含む)※別途入館料要
 |定員 各日20名様
 |予約締切 各日、前日まで ※満席の場合はご容赦ください

ぜひ、みなさま7月の暑い夏のひと時を、素敵なナチュラルガーデンでお過ごしください。

六甲オルゴールミュージアムの敷地には、隣接する六甲高山植物園への木道橋があります。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

この木道橋の植栽もとても美しい。さぁ、この道を歩いて、六甲高山植物園へと参りましょう。




この記事に

開く コメント(0)

イメージ 2

このミュージアムのメインガーデンである中庭には、「ヒツジグサの池」とよばれる大きな池があり、その周りを散策できるように遊歩道が設えてあります。

イメージ 8

イメージ 9

エゴノキの下のギボウシに、落ちてくる花が雪のよう。

イメージ 1

ヤグルマソウ(ロジャーシア)の花が咲いていますね。

イメージ 7

リグラリア デンタータ デスデモナ?あるいはブリットマリークロフォードかな?

イメージ 5

バラ好きの方には必見のこんなバラもあるのですよ。名前はぜひ来て見てみてください。

イメージ 3

ここは、3年ほど前に大雨の土砂崩れで植栽が流されてしまい、全面的に手直しをされている場所。
木村さんの植栽のセンスが光ります。

イメージ 10

イメージ 11

葉の組み合わせ、色の組み合わせが目を引く、とても美しい。

イメージ 6

この季節は、やはりアジサイでしょうか。
自生のコアジサイがとてもかわいい。周りの植栽とうまく組み合わされています。

イメージ 4

アメリカアジサイ アナベルもこれからが見ごろですね。






この記事に

開く コメント(0)

六甲山の山頂にある、六甲オルゴールミュージアムへ。
春に行われるイベント、「専属ガーデナーと楽しむ ガーデンガイドとランチ」に参加してきました。

イメージ 1

六甲オルゴールミュージアムには、美しいナチュラルガーデンがあります。
今日ご案内してくださったのは、このお庭のヘッドガーデナーを勤められている、木村さんです。
これから約1時間、一緒にお庭を巡りますよー!


イメージ 2

ミュージアム前の華やかなイングリッシュガーデン。マリーズガーデンと名付けられています。
このミュージアムの持ち主の奥様がイギリスの貴婦人で、ここで庭造りを楽しんでおられるという”物語”を演出されています。

イメージ 3

この場所を気に入ってか、たくさん植えられているゲラニウム。

イメージ 6

ただ今満開で、ブルーのさわやかな色がとても綺麗です。

イメージ 4

アカンサスかと見まごうくらい大きなクラリーセージ。
ヤナギランは、このような涼しいところが好きなんですね。ピンクの綺麗な花を咲かせています。

イメージ 5

みなさんの注目を集めていた、こんな素敵なユリも植えられていましたよ。

イメージ 7

正門側には、川が流れ込む池があり、たくさんの川魚の姿を眺めることが出来ます。
川のせせらぎの音が気持ちよく、高原の涼しさもあいまって、梅雨の暑さを忘れることが出来ますね。

それでは館内を通って、メインガーデンへ。

イメージ 8

館内も花々で飾られていて、自生のスイカズラを使った素敵な花活けがありました。





この記事に

開く コメント(0)

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事