momolog

関西の園芸とガーデニングの情報を発信しています。植物のことを知って植物にかかわる人のことを知って、もっと植物を好きになってほしい

宝塚GF跡地庭園シーズンズ保全

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

3月25日、26日の間だけ宝塚市が宝塚ガーデンフィールズ英国風ナチュラル庭園シーズンズのサマーハウス周りを開放してくださいました。
2003年から2013年までの10年間(厳密に言うと9年間)ポール・スミザー氏が設計・監修を行った美しき庭園シーズンズ。
閉園からやっと訪れることができました。
しかし。。。

イメージ 1

無残に切られたトサミズキ

イメージ 2

無残に切られたサルカコッカ

イメージ 3

適当な高さで切り戻されたカシワバアジサイ

イメージ 4

イメージ 11

地際まできり戻されたイングリッシュブルーベル

ほとんどの木々が無残な剪定をされています。
まるで日本庭園のように下草は何もなければ綺麗だろうと地際まで切り戻された植物達。
ワークショップの初期段階から、あれほど宝塚市にはこの庭園のことを理解しない安い値段で仕事を引き受けるような業者には植栽管理を任せて欲しくないといってきたにもかかわらず、去年までこの庭の面倒をみてくれていた、もともとシーズンズの建設に関わっていた業者をはずして、入札の一番安い業者を雇った結果がこれです。
特記仕様書に「高質な庭園」と書いておきながら、やってることは13年間育まれてきた庭を一瞬でだめにする植栽管理。言ってることと、やっていることが乖離しすぎているのではないでしょうか。

宝塚市の監査が安い業者にしたそうですが、じゃあ宝塚市の情報統制はいったいどうなっているのか?
こうなることは、さんざん言われてきたでしょう。
切られた木は、もう元に戻らないのですよ。

今現在この庭を管理している業者は、この庭を入札で取ったときに、あるいはとる前に、この庭がどのように管理されている庭であるか勉強したのだろうか?
物言わぬ植物だからといって虐待してもいいわけでなく、これがプロフェッショナルの仕事ですか?

イメージ 5

ここにあるモミジは、宝塚ファミリーランド時代の茶室の横にあって丸く刈り込まれていたものを、樹形をもどすために13年間(シーズンズ時10年+前の業者管理3年)がんばってきたのに、また無残に切られるとは。。。。

幼木から樹形を維持して育ててきたフイリミズキも、ポールさんが切る必要はあまり無いといっていたアメリカハナズオウシルバークラウドも、美しい木陰を作っていたフォレストバンシーも。。。

鳥取の緑化フェアで湖山池ナチュラルガーデンを造った際も、鳥取で一番を名乗る造園会社が杜撰な石積みを作って大顰蹙をかっていました。
100年以上それ以上残るポールさんの庭で、プロフェショナルに値しない仕事が、長い年月人の目にさらされることをこの造園会社はどのように考えているのでしょうね。

両者とも、まともな仕事をしないなら、この業界から去って欲しいです。

庭を残すのはサマーハウスの周りだけ、みごとに宝塚市の青写真は完成に近づいていますね。
たしかに木々を残すなど配慮はしていただいていますが、はじめから全部残すつもりで議論すれば(少なくとも市民側の多数はそうであった)、温室も無駄につぶされることはなかったはず。

残念ながら、このまま市の建物の建設計画が進めば、シークレットガーデンやその周りを囲むガーデンルームスの石壁、モッコウバラのアーチ、ロビニア・アーチのロングウォークはすべて撤去されます。

返す返すもお願いですが、他市他県の人間が何を言っても宝塚市は意に介しません。
宝塚市民だけが市政を動かせます。
ぜひ次の選挙では、この庭をつぶしにかかった現行政から、この庭園を守るといってくれるひとに投票をお願いいたします。
宝塚市民にお願いです。足元にある大事なものをしっかりと見てください。

イメージ 6

クリスマスローズ満開です。

イメージ 7

この庭の冬の名物、ヘレボラス(クリスマスローズ)アグチフォリウスの大株

イメージ 8

エキウム元気です。

イメージ 9

サンシュユ、変な剪定されても健気に咲いてます。

イメージ 10

今日は、小さな子供さんをつれたご家族も多く来られました。
子供さんはみんな、このサマーハウスのまわりの入り組んだ空間を喜んで走り回るんですね。
曲がった後にまた新しい景色が見えるというポールさんのガーデンデザイン。
子供たちの好奇心を、ものすごくかき立てるのではないでしょうか。

現市長は、この子供たちのすがたを見てどう思うんでしょうね。
彼女の中には、何も無いただっぴろい芝生を駆け回る子供のすがたがあるようですが、子供にとってどっちが刺激的かどうか再考してみてはどうでしょうか。





この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1
写真撮影K氏 2015.12.01 

どんなにこの庭が破壊されたとしても、ポール・スミザー氏であれば、必ずこの庭を再生できると私は信じています。なぜなら、ポール・スミザー氏がつくる庭は、人々が破壊してきた日本の自然を再生しているに他ならないのですから。

自分で植物を育てたこともないのに、図面に丸や三角を描いてランドスケープデザインと言っているゼネコンの何と多いことか。おかげさまで日本はどこもかしこも同じような風景です。

シーズンズはなんと個性的な庭であろうか。
なぜ宝塚市民は、この庭をもっと大切に思ってくれないのか。
シーズンズは、まさに「宝塚の庭」、世界に惚れるナチュラルガーデンなのですよ。






この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ガーデンフィールズ跡地へのパブリックコメントの募集が始まりました。

このパブリックコメントは、宝塚市民だけでなく、市外のみなさんの声も、宝塚市に届けることが出来ます。(全国の皆さんの声を届けることが出来ます。)
上記リンクから宝塚市のサイトにジャンプしていただき、コメント用紙をダウンロードし、市役所政策推進課へ持参・郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で送ることが可能です。締め切りは、1月21日となります。

このパブリックコメント募集の冒頭には、『宝塚植物園』、『ファミリーランド』の記載はあっても、ポール・スミザー氏が設計・10年間監修されてきた『英国風ナチュラル庭園シーズンズ』があったことは、なぜか一言も触れられていません。
シーズンズもこの場所の記憶(を引き継ぐようにポールさんが設計された歴史)の一部であり、多くの人が継続して残して欲しいと応援してくださった庭園です。
ワークショップでもたくさんの市民が訴えかけたことであるはずなのに、宝塚市やこの庭の植栽を担当するe-designには、(有識者会議での発言を聞いたかぎりでは)ポールさんやシーズンズへのリスペクトは見受けられません。

なによりも私たちが望むことは、宝塚市が再度ポール・スミザー氏を起用し、庭の再生を行ってくださることではないのでしょうか。

この場所には、残してほしい樹木や草花、素晴らしい景観がたくさんあります。
植物の保護、景観(ガーデンデザイン)の維持、管理者の必要性、この庭を設計・監修してくださったポール・スミザー氏のコンセプトや理念の継承など。
シーズンズを愛する私たちの声が、少しでも宝塚市に届いてくれるように、このブログを見てくださっている皆様の想いを宝塚市に届けていただければとおもいます。

イメージ 2

転載してくださる方は、よろしくお願い致します。





この記事に

開く コメント(0)

本日、宝塚市宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用基本計画・基本設計策定業務プロポーザル審査結果が発表されました。
第一契約候補者は、東畑建築事務所・地域計画建築研究所(アルパック)・E−DESIGN設計共同体です。
まずは、ご報告まで。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

Goolemapが更新されました。
Googlemap上に残っていた美しいシーズンズの庭園の姿は、NHKプロフェッショナル仕事の流儀でも放映された映像の姿に変わりました。
この映像が次の更新まで、このまま何年か残るのですね。

宝塚市のある市民のかたはこう言われました。

「ブルドーザーで、壊されたシーズンの敷地を目にした時に浮かんだのは、東北の大津波・震災で跡形もなく消し去られた無残な町の姿でした。

 宝塚では、それを宝塚市の人間が行っているという事実に、ほんとうに怒りを感じています。」


イメージ 2


イメージ 1


イメージ 3

せめて今残っているシーズンズを大事にして欲しいと心から願わずにはいられません。
宝塚市のもっと大勢の方々に、自分の足元にポール・スミザー氏のつくられた素晴らしい庭園があることをわかって欲しい。
壊すのはたった1日もかからなくても、自然や環境は創ろうとすると1年やそこらでできるものではないのです。
どうか、壊さないでください。大切にしてください。

有識者会議の議事録を読んでください。

「手塚治虫記念館のコンセプトと英国風ナチュラル庭園のコンセプトの共通性、手塚治虫とポール・スミザーの自然観は共通するのではないかと考えている。それらはまさに未来志向と言える。」
ここに、未来志向に逆行した、花いっぱい・農薬いっぱい・光熱費いっぱいな庭を造るひとを呼んでこないでください。

 

この記事に

開く コメント(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事