ここから本文です
気まぐれハムライフ
アマチュア無線(CWメイン)&フリーライセンス(CB、DCR、特小)の移動運用をしています

書庫全体表示

先日TSS経由で旧無線機の増設で申請したのは保証願の機種(旧無線機)と技適機種(旧無線機)です。
新スプリアスの申請をしょうと思い総合通信局にTELして登録上の無線機の旧スプリアス対象機種を問い合わせしたら全て新スプリアス機になっていました。

ちなみに技適機種の申請(増設)はJRADの様にシリアルナンバーは記入せずに通常の申請方法(工事設計書添付)で申請書は作成しました。
(変更の種別:■増設、技術基準適合証明番号:02KN***)

以前総合通信局に問い合わせした時に全て新スプリアスと言っていたのは間違いなかったです。

保証願の機種の他に2年に1度電源を入れるか?のハンディ機を含めて5台申請して3000円で新スプリアス申請が出来たのでラッキーでした。

この記事に

  • 顔アイコン

    そうですか、TSSの方はシリアルナンバーは不要ですか。
    申請料が同じとすればTSSの方が楽そうですね。私もこっちにするかな。

    ja0**l

    2017/12/5(火) 午後 6:11

    返信する
  • > ja0**lさん
    こんばんは。
    TSSの変更申請は台数の制限はなく何台でも3000円です。
    保証願の機種のみ新スプリアス扱いになると思っていたら総合通信局に申請を出す技適機種(5Wハンディ機)も全て新スプリアスとして処理されました。

    FQW4410

    2017/12/5(火) 午後 7:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事