ここから本文です
エリザベスのガレージ
今日もいい日でありますように〜(^−^)

書庫全体表示

イメージ 1

待っていました。この季節(*^^*)
ぐうたらの私にぴったりの、超簡単で、美味しいジャムが作れます。

無花果(いちじく)を冷やしてそのまま食べるのもいいかと思うのですが、私はジャムにして食べるのが一番好きです。自分家で作れば、好きな甘さで出来るし、3年ほど前からやみつきになっています。

パンや、ヨーグルトにどっぷりたっぷりつけて、あっという間になくなってしまうので、安いものをみつけると、5,6パックまとめて買って、大量に作って保存したりもしています。

《簡単いちじくジャムの作り方》

 ’磴辰討た無花果の皮をむいて、お鍋にどんどんいれていきます。

◆.哀薀縫紂偲を全体にかかる位入れます。(いつも分量はきちんと測らないので適当です。多分、いちじく2パック10から12個くらいに対して、カップ半分強位だとおもわれます。

 液体のレモン汁をいれます。我が家は、生レモンではなく、容器に入っていて、いつでも直ぐ使えるものを使用しています。

ぁ仝紊浪个砲け、甘味具合を確認しながら時々かき混ぜながら15分から20分で出来上がり〜♪

よく、熱い内に容器にと書いてありますが、我が家は冷めてから容器に移しています。
数日で直ぐに食べきってしまうので、傷む暇がないようです。

市販のものより、ちょっととろみが柔らかい感じがしますが、ヨーグルトの相性は抜群です(*'ー'*)
1パック198円位で売っていると、飛びついてしまいます(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

後、皮をむいた無花果を赤ワインとお砂糖で5分から10分位ことこと煮て(この時、キッチンペーパーで落し蓋をする)冷蔵庫に冷やしておくと、コンポートのデザートとして頂けます。

無花果がひたひたに漬かる位の赤ワインの量です。アルコールを飛ばしてしまうので、酔っ払う事もありません。そして、甘さ加減も自分で少しづつお砂糖を足して決めます。

美味しくない桃に当ってしまった時も、こうすると美味しく食べられます。
よろしかったら、ご賞味あれ〜(^0^*

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事