モモタロウ島

新モモタロウ島(F2ブログ)、モモタロウ島(アメブロ)も立ち上げました。しばらくは本ブログ「モモタロウ島」と3刀流です。

全体表示

[ リスト ]

今週の金曜日、11月23日は戦前の日本では「勤労感謝の日」ではありません
イメージ 1「勤労感謝の日」は戦後…「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあうこと」を趣旨として定められた祝日ですが…実は、この勤労感謝の日というのは「ある日本の伝統的な祭り」を廃止させる目的で占領軍(GHQ)が押し付けた祝日だったことを知っていますか? 
この五穀の収穫を祝うこの祭りの始まりは、なんと飛鳥時代とも言われており…イメージ 4宮中の中で最も重要な祭祀として今もなお、天皇陛下によって厳粛に執り行われています。 
戦前までの日本では、毎年、この祭りで天皇陛下が国民を代表して、新米を神様に奉納し、国民は天皇と共に祝福していました。

『古事記』にも記されているほど太古の昔から、日本人とともに歩んできたこの祭りこそ、11月23日に行われる
🌾新嘗祭(にいなめさい)」です。 
なぜ、これほどまでに日本人にとって重要な新嘗祭が、我々から隠されるようになってしまったのか?
イメージ 2その根元には、戦後日本で行われた「GHQによる占領政策」がありました。占領期の日本では、何が行われていたのか?
なぜ、日本の伝統的な祭祀は隠されるようになったのでしょうか


占領時に  は一体、何を失ってしまったのかイメージ 3
宮中の中で最も重要な祭祀とされている「新嘗祭」日本の伝統文化が分断された当時の状況について、GHQによる「日本人の精神破壊」が行われてしまったことを知ってください 日本をの属国化するためにです。 そして、それは現在も続けられているのです


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事