モモタロウ島

新モモタロウ島(F2ブログ)、モモタロウ島(アメブロ)も立ち上げました。しばらくは本ブログ「モモタロウ島」と3刀流です。

全体表示

[ リスト ]

『沖縄戦の報道や歴史教科書はウソ!だらけ』

時系列は遡り…1945(昭和20年)4月1日 
アメリカ軍は、史上最大の艦隊と言われ…
空母40隻以上、戦艦18撃、駆逐艦200隻、輸送船数百隻、巡洋艦、補給艦、阻塞網敷設艦、潜水艦、掃海艇、砲艦、上陸用舟艇、哨戒艇、サルベージ艦、修理艦など強力な火力を持つ艦艇1500隻以上と艦載機1200機、500輌を超える戦車、大砲、ロケット砲など、総兵力 54万8千人という大軍勢が日本の沖縄に近づいていた。
これが「アイスバーグ作戦」(沖縄攻略)。
イメージ 14





アメリカ軍は、史上最大の大兵力で、イメージ 1
沖縄を一週間、長くても一か月前後で陥落させると豪語していました。
200隻以上の戦闘艦艇による猛烈な艦砲射撃と爆撃機による爆撃の支援を受けて沖縄
本島西部の読谷(よみたん)海岸付近に上陸を開始しました。
米軍は猛烈な反撃を予想していました。

イメージ 2ところが、日本軍は沈黙をしたまま一発も撃って来ません。
日本軍守備隊は、圧倒的な物量を誇る米軍をまず上陸させ、間合いを詰めてから一挙にたたく戦術(寝技戦術)に転換していたのです。



米軍の前に日本軍が現れたのは、イメージ 10
上陸してから一週間後のことでした。
日本軍は牛島満中将の率いる陸軍第32軍など、陸海軍合わせた将兵は約11万6400人。


イメージ 3戦車、大砲、対戦車砲などの数では劣っていましたが、勇戦敢闘し、
約10万人の犠牲と引換に、圧倒的に優勢だった米軍に死傷者6万5600人もの大損害を与えました。(米軍は救出後の死亡は負傷として数え、日本軍の負傷兵や降伏した兵士の多くが虐殺されているため殆ど玉砕状態)

イメージ 4日本軍は一方的にやられた訳ではありませんでした。
上陸した米軍の前に、まず立ちはだかったのは、わずか1200人の賀谷興吉中佐率いる、独立歩兵大2大隊、通称「賀谷支隊」でした。
上陸後に本当南部に向かった米陸軍2個師団(約4万人)を翻弄し、
前進を妨害する「遅滞戦闘」を展開して米軍を悩ませ続けました。

さらに、沖縄戦最大級の戦闘の一つ、イメージ 5
本当中部の「嘉数(かかず)高地の戦い」では、トーチカや迫撃砲陣地や棲息壕などを巧みに配置した「反斜面陣地」で待ち構えていました。
この罠にはまった米軍に猛烈な銃火を浴びせたかと思ったら、
イメージ 6今度は壮絶な白兵戦を展開して米軍に多大な損害を与えました。
その後は、一進一退の攻防戦が繰り広げられました。




4月19日の戦闘では、米軍のМ4シャーマンイメージ 7
戦車30輌が嘉数高地に向けて進撃してきましたが、巧みに配置した速射砲や高射砲が狙い撃ちして、何と22輌を破壊するという戦果をあげました。 

イメージ 8日本軍は「沖縄を守る」ため、圧倒的物量と兵力を誇る米軍の前に敢然と立ちはだかったのです。 
4月8日から16日間の戦闘で日本軍は6万4000人もの尊い命を失いましたが、米軍の戦死傷者は2万4000人にも及びました。 

圧倒的な海空軍の支援と、数倍に及ぶ火力のイメージ 9
陸軍兵力を投入しながら、予想をはるかに上回る大損害を被った米軍将兵は、日本軍守備隊の強靭さに震え上がったといいます。 
イメージ 11
上陸した米軍は圧倒的な火力支援を受けながら1日100m進むのが精いっぱいだったと言われています。


最期まで一歩も引かず勇敢に立ち向かったイメージ 12
日本軍でしたが、補給も無く、遂に武器弾薬・食料・医薬品が底をつきました。

そして米軍の沖縄侵攻作戦は計画日数をはるかに上回る「2ヶ月と22日間」に及ぶ死闘と甚大な損害を出して終わりを告げました。

イメージ 13





加えて、40日間休むことなく続けられたイメージ 15
特攻攻撃によって米軍は恐怖のどん底に落とされました。
夜も眠れず発狂する兵士まで出たのです。

日本側の損害は、戦死者 約11万71人、沈没艦艇16隻 破損艦艇4隻 失った特攻機 約2000機。

米軍の損害は、死傷者 約6万5600人(戦死1万2281人)、沈没艦艇 36隻(特攻26・通常攻撃10) 撃破艦艇 368隻(通常攻撃204・特攻164) 失った航空機763機


史実として、第5艦隊司令長官スプルーアンス大将は、ニミッツ太平洋艦隊司令長官に対して、「敵の航空攻撃(特攻)は熟練かつ効果的であって、艦艇の損害きわめて大なる」と報告しています。


特に再度つけ加えておきますが、この戦いで民間人10万人以上の尊い命が失われましたが、その殆どが米軍の艦砲射撃・空襲などによるものでした。
また、最近の研究で日本軍が多くの島民を守りながら戦っていたことも分かっており、日本軍が玉砕した後も多くの島民が生きていた事実が明らかになったのです。
その後、多くの島民が亡くなっていますが、これはアメリカ軍による大虐殺があったことを意味するもので、生き残った多くの沖縄の人々の証言からも明らかになっているのです

また、米兵による沖縄の人々への虐殺・略奪、婦女子に対する強姦が相次いだため、辱めを受けないように自ら命を絶った人々が大勢居たことも事実である。戦後、英雄気取りの米軍はこの事実を隠蔽したのは周知の通りです
戦後、GHQ(連合国軍最高司令官司令部)…簡単にいえばアメリカの日本占領軍によって日本軍が沖縄の人々を盾に使ったなどと、真逆な歴史をでっち上げ、ウソだらけのハリウッド映画を製作し、私達の祖父母(日本人)を悪党に仕立て貶め、沖縄の人々の心を日本から引き離そうと計画したのです

もし、アメリカ軍が映画通りなら、3月10日の東京大空襲のように、老人と女性・子供しか居ない街を周囲から燃やし、人々の退路を断ってから、仕上げに中央に焼夷弾の雨を降らせるなどという恐るべき大虐殺を何故殺笑いながら出来たのでしょう
たった2時間で10万人余の東京都民(一般市民)を焼き殺すなんて…普通の人間ならできないですね 
また8月(終戦の直前)には、老人と女性・子供ばかりの広島と長崎に世界史上例をみない非人道兵器 原子爆弾を落とし20万人の命を奪いました。これが、英雄アメリカ軍のやったことです

アメリカ軍は、自分たちのしでかした人類史上稀に見る残虐行為を払拭するためか…
その後、占領地となった沖縄の人々に反日左翼思想を植え付けました。
その結果、共産主義が蔓延り、現在では沖縄が中国共産党に奪われようとしているのです。
もし、沖縄県が中国に奪われるようなことがあれば、大平洋戦争・沖縄戦の悪夢が甦ると懸念している学者も少なくありません。

二度と同じ過ちを繰り返さないためにも沖縄戦の真実を解き明かし、沖縄県の人々も本州の人々も同じ日本人であるという絆を深めていかなければなりません。

わりに…1946年(昭和21年)5月3日、東京。元アメリカ大統領
ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を3日間にも渡って話し合った記録が残っています。
そのとき、日本人なら誰も思いもしないようなことをフーヴァーは口にしました…「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。
あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、ソ連のレーニンが作った共産主義組織「コミンテルン」に操られて日米戦争を起こさせたのだ
気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、本当にに戦争をやりたくてしょうがなかった…その欲望の結果が日米戦争になったんだ」
その言葉を聞いて、マッカーサーははっきりと同意しました。

私たち日本人は、小さい頃から「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」「日本は残虐な悪い国だ」ということを新聞でも、
テレビでも繰り返し教わってきました

でも、今から数年前、我々が耳にしてきた大東亜戦争(太平洋戦争)の常識とは真逆とも言える証言が、47年公開を禁じられたフーヴァー元大統領の回顧録から次々と浮かび上がりました。

「ハル・ノート」の公開も決定的な証拠になりました。
東京大空襲、沖縄戦、原爆投下、終戦…アメリカではこの証言をもとに、歴史の見方が、世界の見方が少しずつ変わり始めているのです。
ところが、日本の大手メディアは、この期に及んでもこの事実をきちんと取り上げません
大東亜戦争(太平洋戦争)に隠されたその大嘘の数々は挙げるときりがないほどです。(一部、政治ジャーナリスト 藤井厳喜 氏著書より抜粋)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

とても素晴らしい記事を読ませていただきました。ありがとうございます。誠に仰る通りです。私は沖縄で何度もガマにもぐったので,沖縄戦の悲惨さを身に沁み感じすぎ,沖縄を語るのはとても苦手です。
絶望的な戦力差の中,日本はよく戦ったと思います。沖縄を見殺しにしなかったという事実を,声を大にして今後も伝えていき,沖縄県民との絆を深めていくことが大事だと思っています。沖縄県には,現在までつらい思いをさせてきたという事実を本土の人たちにももっと知ってもらうことも必要でしょう。モモタロウ島さんの活躍をお祈りしています。

2019/4/15(月) 午前 6:24 [ toudou455 ]

ナイスっす。
この本は沖縄のひめゆりの塔の売店で買いました。米軍統治下の沖縄の写真集が面白く基地に投石してるシーンが載って居ますが、買いそびれました。

2019/4/15(月) 午前 8:53 [ やくにてるの冒険 ]

顔アイコン

toudou455さん、コメント有難うございます。
そうでしたか〜そんなご経験をされたんですね。過去の辛い経験を忘れることなく、最終的に世界から戦争をなくすことが日本人に課せられた使命だと思っています

2019/4/15(月) 午前 8:57 モモタロウ島

顔アイコン

やくにてるの冒険さん、コメント有難うございます。
やはり、沖縄県の人々はが大嫌いなんですね。また、それに付け込んだにも盗られないように用心しなければなりませんね

2019/4/15(月) 午前 9:04 モモタロウ島


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事