モモタロウ島

新モモタロウ島(F2ブログ)、モモタロウ島(アメブロ)も立ち上げました。しばらくは本ブログ「モモタロウ島」と3刀流です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 昭和天皇や安倍総理大臣を貶め、慰安婦像を展示する…「あいちトリエンナーレ」主催者代表 大村秀章知事のやり口は、極めて卑劣   2019.8.9 夕刊フジより抜粋
イメージ 1展示中止となった、あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」(共同)
先週、愛知県で開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」がとんでもない事態となっている。

イメージ 5筆者も月曜に急遽(きゅうきょ)、名古屋市へ飛び、河村たかし市長に面会してきた。 
簡単に経緯を整理すると、8月1日にオープンした「あいちトリエンナーレ」は、3年に1度、愛知県と名古屋市などの自治体が中心となって開催される現代美術の祭典だ。
今回で3度目となる。過去2回は美術専門家の監督によって大過なく終了したが、今回はどういう経緯か、美術監督にジャーナリストの津田大介氏を迎える異色の体制で臨むこととなった。 
その津田氏肝いりの企画展「表現の不自由展・その後」の内容が開幕直後に「大炎上」し、わずか3日で展示中止となったのだ。
イメージ 2
 筆者は一足遅く、件の企画展を見ることはできなかった。
そこで、実際に展示を見て、実行主体の愛知県に物申した
河村 名古屋市長の感想を紹介したい。
イメージ 6「そりゃもうビックリこいたわね! あんなもん、ダメに決まっとる。税金使って、名古屋市と愛知県が主催しているとみえるイベントで、まるで慰安婦について 韓国側の主張を正しいと認めて政治宣伝するような展示をして、いいわけがない」 
そもそも、あの慰安婦像を「芸術だ」とする知見とはどういうものか。



筆者は、ツイッターで津田監督に尋ねたがイメージ 9いまのところ回答はない。



イメージ 8一方、実行委員会にも諮らず、独断で企画展中止を決めた「愛知県の大村秀章 知事」は、 河村 名古屋市長や、同じくこの展示を問題視している「大阪市の松井一郎市長」「吉村洋文 大阪府知事」らの発言を「憲法21条が定める『検閲の禁止』にあたる恐れがあり、表現の自由を害するもの」と批判した
筆者含め、この発言に納得がいかない国民は多い。



イメージ 4



































河村市長は言う表現の自由は、相互承認あってのものだ。
芸術ならどこで何をやってもいいわけではなく、公共の福祉に反するものはアカンとされる。   
その観点から、日本の公共イベントで、天皇陛下のお顔を焼くなんて展示が自由に許されるわけがない
イメージ 7









多くの国民が河村市長と同じ感覚を抱くはずだが、不思議とマスメディアの扱いはそうではない。
特に、朝日新聞と系列のテレビなどは、大村知事を大擁護し、河村市長をたたいて「表現の自由を守れ!」と大騒ぎしている。
この件はまだ取材途中だが、騒動の根っこが少し見えてきた。
問題の企画展には、トリエンナーレ全体の実行委員会と別に、実行委員会がある。
今般の中止に対し、「法的措置も辞さない」構えだと報じられた、その実行委員会のメンバーを見て、なるほどと合点がいった。
過激な反天皇活動にも名を連ねる人物や、NHKで2001年に放送されて大騒動に発展した「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」に関する番組の元プロデューサーの名前がある。
年後には、朝日新聞がこの番組について「安倍晋三氏と中川昭一氏が政治介入した」と報じ、安倍、中川両氏が事実誤認として、朝日新聞に訂正と謝罪を求める事態となった、いわくつきの番組だ。
企画展を見たある人は「反日左翼のプロパガンダ展」と感想を語った。このような展示を許した大村知事の見解をただしたい。
イメージ 3

筆者 有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす』(産経新聞出版)、『「小池劇場」の真実』(幻冬舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』(産経新聞出版)など多数。
2019.7.25 北海道(道央地区)13:50 の 雨雲レーダーを見ていてビックリ !!
この雨雲は、いったい何だろう‥ 真ん中が空白で、放射状に雨雲が広がっている。

イメージ 1


イメージ 2

もちろん、ここは晴れ間が出ています。これって‥本当に自然現象??
ドップラーレーダーなどによる気象改変装置の存在も取りざたされていますが‥昔は、新聞に堂々と載っていましたし、北京五輪の時に気象改変装置が活躍したのは有名な話ではあります。
こんなことを考えたりしています???
本当に不思議な雨雲レーダーの画像でした。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
クレー射撃 (スキート)の後編です。

前編で申し上げたように、基本的に散弾銃(ショットガン)は、たくさんの細かい弾粒を飛ばして高速で移動する獲物を捕らえるための銃で、ライフル銃は1発の弾で遠くの獲物を捕らえる目的の銃です。

イメージ 1散弾銃は銃口(絞り)の開き具合を選ぶことで散弾の広がりを調整して飛距離変えることが出来るものもあります。



ここが、クレー射撃の面白いところで‥飛行するクレー(獲物)は、その実像に狙いを付けて、撃っても当たらないのです。
ちょうど、クルマを運転していて‥ここでブレーキをかけようと思った瞬間から、ブレーキを踏むまでの時間(空走距離)と制動が働き停止するまでの時間(制動距離)がかかり‥停止するまでに、かなりクルマが進んでいる状況を想像していただければ分かりやすいかもしれません。  

クレーを発見して、脳からの指令が指先に伝わって‥引き金(トリガー)を引くまでの時間➕銃口から弾が飛び出した弾丸がクレーに命中するまでの合計時間がかかります。

そんな訳で、飛行するクレーの実像を狙っても、弾がクレーに到達する間に、クレーがかなり先に進んでいて、弾がクレーの後ろに当たってしてしまうのです。
イメージ 2射手から見て‥飛行するクレーの角度、スピードどなどを予測して、クレーの前方を撃つ必要があります。これを「狙い超し」と言います。
実際には飛行するクレーの飛行線をトレースし、クレーを追い越した瞬間に引き金を引く訳です。


そして、撃ったあとも銃がクレーの前をイメージ 3走っていなければなりません。
撃った瞬間に銃が止まってしまうと‥やはりクレー後ろ側を撃ってしまいます。

さらに、難題があります。飛行するクレーは次第に降下していくことです。
例えば、クレーが左側(プールハウス)から出た場合は、センターポール(⑧番射台)あたりから‥急速に下降していきます。

イメージ 4

①番射台の場合は、あたまの後ろ側の高い位置から前方に飛び出してきますから、クレーは上から下に落ちるので‥狙い越しは「クレーの右左ではなく、クレーの下側」となります。
撃ち方は人夫々ですが、降下していくクレーの30センチほど下方を撃つ感じです。(前回の動画を参照)

②番射台プール(左側)から出たクレーは、斜め後ろ側から撃つことになりますから、クレーを追い越し様に撃たなければなりません。
クレーは右側に進みながら落ちていくので、非常に早く感じますが、その錯覚に騙されないで下さい。
クレーを飛ばしておいてから、追いかけ‥追い越した瞬間にクレーを叩き割る感じ‥下側を撃つのがコツです。 (前回の動画を参照)
③番射台は‥狙い超しが大きくなりますが基本は同じです。

イメージ 5④番射台プール(右側)は、射手に対してクレーは直角(真横)になりますから‥今度は右側への狙い越しを大きく取り、やや下方を狙うのです。
クレーを飛ばしておいてから追いかけ‥追い越してから1メートルくらい前を撃つ感じです。
さらに、銃口はクレーの10センチほど下側を滑らせます。もちろん撃ってからも銃を止めてはいけません。

⑤〜⑥番射台‥右側のマーク射出口イメージ 6から飛び出すクレーは、 基本的には、クレーの前方を撃ちます。
早く撃つことが出来なくて、センターラインを越えてしまった場合は、やはり落ち始めるので 、クレーのやや下側を狙うようにします。
ダブルの左(プール‥右の図)は、降下していますから下側、狙い超しは少しだけ前を‥「少し前方の下側」を撃ちます。
(動画を参照)

 https://youtu.be/_qYiH7d2VbM ☜動画はYouTubeで拡大するとクレーが良く見えます。        


基本的にはプール(右側)は別名「ハイハウス」と言われるように‥射出口は上側に設置されており、飛び出したクレーは、次第に降下していきます。
マーク(右側)な「ローハウス」と呼ばれ‥射出口は下側に設置されており、飛び出したクレーは初めは、上がっていきますが、センターポールを過ぎた辺りから次第に降下し始めます。

「7番の射台」は最初に足元から飛び出し前方に逃げていくようなクレー(マーク)と正面(プール)から向かって来るように見えるクレーとの2枚を撃ちます。(ダブルのみ) 

次は、最も難易度が高いと言われる「4番射台 ダブル×2」です。
先ほどの「4番射台は左右(プール・マーク)を1枚づつ撃ちましたが、
今度は左右同時に射出されるクレーを2発の弾で撃ち落とします。
初めは「左⇒右(プール⇒マーク)」次は「右⇒左(マーク⇒プール)」
合計4枚です。
1枚撃ちの場合は、センターポールの前で撃ちますが、
2枚撃(ダブル)の後矢は、すでに進む速度が低下し、どんどん降下しているので‥基本的に「狙い越しは小さく➕かなり下側」を狙うことになります。
ここの射台で、運命が大きく分かれます。
イメージ 7上級者では最後まで殆ど満点で‥なかなか決着がつかないから作られたと言われている「最高難易度」の射台です。
最初のクレーを早く撃ち落さなければ、2枚目のクレーが遠くに行ってしまいます。
ワールドカップやオリンピックの代表選手は、両方からのクレーが真中付近に来た時に、「パン・パン」と連続で撃ちます。まさに、神業です。

「8番射台」は少し特殊です。
真中に立ち(図の参照)、プールとマークのクレーを各1枚でつ撃ちます。
頭の真上を飛んでいくように見えます(実際は斜め上方)。
距離がかなり短いので、狙いをつける時間は、ほんの僅かしかありません。
イメージ 8狙い超しや上下の調整は不要! 銃を槍だと思って突き刺すような感じで撃ちます。
頬付けすれば‥銃床が肩に付いていなくても問題ありません。
撃った後に肩で受け止める感じです。
この時、自分より前方で撃ち落とさなければファール(失中)となります。







最後にクレー射撃の基礎知識ですが‥基本的にはプール(向かって左側)は別名「ハイハウス」と言われるように‥射出口は上側に設置されており、飛び出したクレーは、次第に降下していきます。
マーク(右側)は「ローハウス」と呼ばれ‥射出口は下側に設置されており、飛び出したクレーは初めは、上がっていきますが、センターポールを過ぎた辺りから次第に降下し始めます。

また、クレー(皿)の飛行速度ですが‥クレー射撃場合は野球のスピードガン計測(時速‥km)とは違い、射出されたクレーが何メートル飛んで地面に落ちるかで‥スピード調節を行います。
例えば‥「速度を65mに設定」と言えば、射出されたクレーは65mまで飛んで地面に落ちるということです。
したがって、60mより65m‥68mとクレーの速度も上がります。
実際に、60mと68mの違いを野球に例えれば‥カーブとストレートくらいの速度差があるように感じるものです。
後編では、少し専門的な情報になりましたが、少し練習すればすぐに上達することが出来ますよ。

【ご参考まで】
イメージ 9クレー射撃には、私がやっている「スキート競技」の他に「トラップ競技」があります。
自分の足元から15m先に設置されたクレー放出機から‥さらに前方へクレーを飛ばします。
カッコいい競技です。



スキートは、クレーが射出されるまで銃イメージ 11を構えてはいけません。
銃床は腰の辺り(規定あり)まで下しておかなければなりません。(右図)







イメージ 12トラップは、最初から銃を構えることが出来ます。(左図)
また、銃身のリヴ(照星・照門)
が、スキートよりも高くなっています。これは遠くにあるクレーの下狙うための設計です。


トラップ競技は、射出されるクレーは1枚です。直進の他に右側・左側へとランダムに発射されるので結構難しいものです。
1枚のクレーに2発まで撃つことができます。

そのほかに、トラップ競技から進化した
「ダブルトラップ」や「ウサギ」の如く高速で地面を転がるクレーを撃つ「ラビット」などもあります。

イメージ 10

競技によって銃身や銃床の形状が異なります。
イメージ 1「クレー射撃」をご存ですか? 
射出機から打ち出される「お皿」(クレー・ピジョン)を散弾銃(ショツトガン)で撃ち落とし点数を競うスポーツです‥以下は ブログでご覧下さい。


今回は、試しに記事を「FC2」ブログに書いてみました。
下記のURLをクリックして下さい。

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事