ももざくら

『いわしの命の日記』を始めました✨

全体表示

[ リスト ]

『にゃっ展』が始まり、搬送などの準備と初日、合わせ
て3日間だけでも疲れてしまい……本当に大変でした。

お手伝いをして下さっている皆さんは遠くは三重県から
泊まり掛けでお手伝いをして下さっていました。そんな
皆さんを気遣い、不備のないようにとゃん太さんは万
な準備をしていました。睡眠も食事も削っていました。

だから、大変でも毎年皆さんはお手伝いをして下さるん
だなと感じました。

そんな、大変な時にももざくらのコーナを担当していた
が……初日が終わり、家へ帰るとウーロンは真っ黒いウン
チをしていました。
最後は側にいてあげたいと思い、二日目は皆さんにお願
いをして、ウーロンの側にいる事にしました。

翌日の午後になり、口、鼻から血が溢れていて……大量な
血も吐き、下痢も血だらけでした………神様、どうか苦し
ませないでと何回お願いをしたか

そして、夜、9時過ぎにウーロンは腕の中で亡くなりま
した。まだ、6歳くらいだった

生まれて持った病気だったかもしれませんが、血液検査を
していたら、もう少し長生き、楽に生きられたかもしれな

飼い主さんの娘さんと息子さん、世話していた彼女さんは
ウーロンを気にかけてくれていて、先週の日曜日には息子
さんと彼女さんが会いに来てくれました。

みんなから愛され、最後まで気にかけてもらったウーロン
は幸せです。

子犬の頃のウーロン 抱っこしてみたかった
イメージ 1



お母さんの帰りを待っていたウーロン
イメージ 5



我が家に来て、ようやく慣れた頃 勝手口で私の事を
観察しているウーロン
イメージ 2



車に乗ることにも慣れ、自分から乗って、窓の外を楽し
そうに見ているウーロン
イメージ 3


ご飯を食べないウーロンを心配して、ワンフォーアキタ
鈴木明子さんがフード、水分補給の飲料を送って来て下さ
いました。自宅で皮下点滴もしましたが……
イメージ 6




7月13日 ウーロンは腎不全の苦しさから解放されました。
今度は好きなものを好きなだけ食べようね。肥満になっても
いいからね。
イメージ 4

体を綺麗にし、お洒落をさせて、大好きなボールと骨を
持たせました。
何匹も看取って来ましたが……耐えられなくなります。

明日、にゃっ展のお手伝いは難しいかなと思っていたが、
ウーロンは分かっていたかのように……僕はもう行くから、
手伝って来てね……と言って天国へ旅立っていったんだと
思いました。

ありがとう……ウーロン
よく頑張った、また、会おうね
にゃっ展頑張るからね‼️

ウーロンが生きていた事を忘れないよ🐕

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事