元寇の役をモティーフにした歴史ゲームのリアルさについて書いているが今日はヒーローの鎌倉武士の見目・形についてそのリアルさを考えてみる。

 まずヒーローの騎馬武者の正装である。このようになっている。

イメージ 1

 鎧甲冑を身に着けた正式の重装の騎馬武者である。元寇の役の騎馬武者を同時代に描かれた絵巻物(蒙古襲来絵詞)で探すと

イメージ 2

 ほぼ正確。元寇時代の武闘が中心のゲームだけに鎧甲冑は史実に基づいていると考えられる。

 このヒーロー、対馬の友軍が全滅した後、一人で神出鬼没、元軍に対するわけだが、その時は動きにくい「重装の甲冑」はつけていない軽装である。江戸時代の宮本武蔵風だが中世にそのような身なりはありか?やはり絵巻物で探してみる。

 まず、そのヒーローの格好はこのようなもの

イメージ 3

  綾藺笠(あやいがさ)をかぶり、蓑で背を覆っている。同時代の一遍上人絵伝で探すと、まずよく似た笠が出てくる。だからこれは正しい。

イメージ 4

 背に背負う蓑だがこれは中世絵巻で旅人はこのような姿をして旅行している人が多く頻繁に出てくる。からこれもあり。絵巻物で出てくるいくつかの例を示す。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 次に服装だがこれは見るところどう見ても江戸時代の武士そのもの。中世の武士の普段着も正装も「直垂」か「水干」のようなもの、この袴は違和感がある。

イメージ 8

 当時の武士の服装、直垂、水干

イメージ 9

イメージ 10

 他に武士の魂(こんな言葉が広がったのも江戸時代からだが)である刀、これも握り手の装飾といい比較的まっすぐな刀身といい、これは近世の刀剣である。鎌倉時代の刀はもう少し反りがあるし、もちろん握り手の装飾も違う。
 この時代、旅行する武士は刀の鞘に毛鞘を巻いて使っている。このヒーローも直垂に、反りの強い刀を差し、下の絵巻に見るような毛鞘を使えばいかにも鎌倉時代の武士っぽく見えるのに残念。

 同時代の武士の刀の毛鞘

イメージ 11

イメージ 12

この記事に

 朝、8時前、ゴミ出しで外へ出ようかと思っていると、つけっぱなしのテレビがピロピロピロと鳴り、緊急地震速報が画面に表示された。大阪震源と言っている。そして5秒以上たって家が揺れだした。そんな激しい揺れではなかったが天井からぶら下がっている蛍光灯のスイッチの紐が揺れている。しかしすぐおさまった。

 続報を聞くと大阪の高槻、枚方などでは数人の死者もでていてかなりな被害のようだ。震度6弱、マグニチュード6.1と言っていた。大阪では大正12年の観測以来最大級の地震らしい。平成7年の阪神大震災の時より震度が大きいとは驚きだ。

 このところちょっと嫌な小地震がつづいている、先日は関東の方で断層がかなり歪んでズレが大きくなっているといっていた。そして今日の大阪の地震である。

 地震の親玉は南海トラフで起きる大地震で規模はマグニチュード8〜9と言われる。これが起こる予兆ではないだろうか。一か月ほど前にある政府機関が南海大地震が起こった場合の被害の想定を発表していた。津波や揺れで西日本の太平洋岸が壊滅的打撃を受け、最悪の場合、日本の国民所得はアフリカの最貧国並みに落ちるそうである。

 えらいこっちゃ、そうなったらジジイの年金支出どころでなくなるわな、これからどないなるんやろ。人生残り少ないのにワイの死ぬまで待ってくれへんやろか。

この記事に

 ゲーム中下のようなシーンが出てくる。鎌倉時代に荷車はあったのか。近世朝鮮に荷車がなかったのは有名な話ですが、はたして日本の中世(13世紀ころ)に車などあるのでしょうか。平安時代から乗車専用の牛車などがあったのは、みなさん古典文学などでほとんどの人は知っていますが、これが荷車となるとさて?

 まずゲーム中(時代は鎌倉時代1274年)の風景の中の荷車を見てみましょう。左に見えていますね。

イメージ 1

 そしてちょうど同じ時代にわりと写実的に作られた絵巻物(一遍上人絵伝)の中に出てくる牛に牽かせた荷車を見てみましょう。場所は京都堀川あたりです。

イメージ 2

 確かにこの時代に荷車はありました。スポークも車軸もあります。(細かく見るとスポークの数が上は12本、下は16本になっています)。だから風景の中に出てきてもおかしくはありません。ただ細かいことを言えば荷車が(牛に牽かすことが多い)使われたのは主に畿内、それも京都周辺です。辺境の地対馬で農村に荷車が転がっているというのは時代的にちょっと違和感があります。江戸時代なら自然なんでしょうが鎌倉時代だとちょっと無理な気がします。 

この記事に

 ゲームの中で主人公の鎌倉武士が馬に乗るところ

 まず、馬の右手から走ってくる

イメージ 1

 そして右から飛び乗る

イメージ 2

 古今東西、乗馬は主流が左乗りです。江戸時代まで右乗りが主流だった日本は世界史的には少数派です。1274年の日本が舞台の歴史ゲームでもちゃんとその右乗りを踏襲しています。

 右乗りだから、この武士、馬の口取りも右手からとっています。

イメージ 3

 鎌倉時代の絵巻物から実際の馬の乗り方、扱い方を見てみますと

 馬の口を取る下人・郎等(騎馬武者の従者、騎馬武者はいません)はすべて主人の馬の口を右からとっていますね。

 そしてちょっと見にくいですが騎馬武者が乗馬するところ、馬の右から乗っています。そばに下人がいて騎馬武者のお尻を押し上げているのが見えるでしょうか。

イメージ 4

 ゲームでもちゃんと鎌倉時代の武士の乗馬のやり方にならっています。歴史ファンにはこのこだわりがうれしいですね。

この記事に

 3日前にプレステ4の歴史ゲームのおもしろさについて述べたがヨウツベでプロモーションの第二弾をみてさらにビックリ。中世日本の自然な風景がリアルに広がっている。日本人で歴史好きの私から見れば、鎌倉時代と江戸時代の混乱もあるが、そこはまあいい。ただ日本情緒がちょっと露出過剰気味であり、日本人ならちょっと鼻につく人がいるかもしれない。しかしそれは世界の多くのゲームプレーヤーに向けての供給なので、これぞ中世日本だ、という脚色が過度になるのは仕方あるまい。

 百聞は一見に如かずで8分余りのゲームプロモーションだが見てください。


 甲冑やモンゴル兵のコスチュームはよくできているが、主人公鎌倉武士の服装はこれは江戸時代の武士で浪人っぽいですね。刀も古刀ではなくこれも江戸時代の武士の刀ですね。鎌倉武士なら直垂か水干っぽい服にしてほしかったです。細かいところを言うと大八車が出てきますがこれも江戸時代っぽいです。鎌倉時代にも牛車や荷車はありましたが形態が違います。

 ただこれはすご〜〜〜い、と感心したリアルさがあります。上記の動画を見て気づかれましたか?それは鎌倉武士は馬の轡についた手綱は馬の右からもって馬を牽くというところ、そして馬も右から乗ります。世界的には乗馬は馬の左からがほとんどです。たた明治以前の日本だけ世界の主流と違って馬の右から手綱を取り、乗馬も右からでした。これは忠実に守っていますね。よくこんなところを再現しましたね。乗馬は左からの常識から言えばおかしいが、これぞ中世日本だ!と思わせます。

 これは鎌倉時代の元寇に侵された日本の対馬が舞台の、基本的には格闘ゲームだが、プロモーションの解説の人に言わせると、この広がる中世日本の風景はオープンスペースなので(どの程度か知らないが)、例えば風景の隅に綺麗な滝があったり、花畑があれば、格闘の道を離れてそちらへ行って鑑賞できて動き回れるそうです。

 また真っ白のススキの原に鹿が出てきますね、その動物を(これもどの程度までかしらないが)追いながら乗馬を楽しめるそうです。
 ハラハラ落ちる紅葉を立ち止まって愛で、廃寺の裏庭も散歩できるかもしれませんね。ただしどの程度までそのような歴史風景のオープンスペースが自由に広がり、ゲーマーの自由意思によってどこまで散策できるか、また格闘とは違う動きができるか、わかりません。何せまだ発売されていないのですからね。

 でもこのような歴史ゲームがどんどん進化して地理空間、登場人物、登場動物などが広がり自由度が増しプレーヤーの自由意思に沿ってアッチャコチャ行けるならなんと素晴らしいことでしょう、ほんとに歴史が好きでその時代に行ってみたいと熱望しているものからしたらたまりませんね。

 プレステ4とこのソフトを買ってやってみたくなりました。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事