ここから本文です
風丸写真日記
写真が奏でる風を感じていただけるよう撮り続けています

星降る夜から幻の滝へ

中秋の未明 北関東の夜空にはオリオンがひと際輝いておりました

イメージ 1

冬を代表する星座も夜半過ぎには秋の代名詞ですね

イメージ 2

奥日光

夜明けは戦場ヶ原で迎えます

イメージ 3

陽が高くなるにつれ うっすら靄がたなびきます

イメージ 4


ここからほど近い 湯の滝へ

イメージ 5

奥日光は すでに紅葉の時期を迎えています

イメージ 6

イメージ 7



日光から北へ40キロほど

知人が紹介していた滝が気になり向かってみます


おしらじの滝
イメージ 8

滝そのものは小さなものですが

滝つぼの水が見たこともないような透明感と色彩を放ちます

イメージ 9

季節や天候 時間によっても きっと色が変わるのでしょう

イメージ 10

見下ろすように眺めれば

滝つぼの底の様子までわかるようでした

イメージ 11



間もなく ここも紅葉の季節を迎えそう

色とりどりの落ち葉が織りなす光景はどんなでしょうか

イメージ 12


この記事に

夕暮れ 木更津の海におりました

潮が満ちる時節のようで 映り込みはありませんが これはこれで風情

イメージ 1

成田と羽田 双方の飛行機が行きかうのでしょうか

まだ青い上空はさながら航空ラッシュです

イメージ 2


海に突き出た電柱では カモメと鷺が居場所を争っています

そんな秋のひとコマ

イメージ 3

西の地平に大きな雲がありました

一旦かくれる夕日

イメージ 4

地平線との隙間から沈みゆくお日様が 一日の終わりを告げます

イメージ 5

片割れ時

イメージ 6

イメージ 7

無機質な工場までも美しく見せています

イメージ 8

ここから夜です

と告げるような真っ赤な幕

イメージ 9

移動して野島崎へ

イメージ 10

夜の始まりでないと

天の川が立つ様子は見られなくなりました

イメージ 11


この時間は

首が痛くなるほど見上げなくても アンドロメダが望めます

イメージ 12


ここは白いベンチがフォトスポットらしいです

イメージ 13

イメージ 14


それよりも 

東の空から昇ってきた オリオンとスバルのほうが綺麗だったなぁ

イメージ 15



この記事に

咲くやコスモス

また大きな台風が近づいています

今年は一雨ごとではなく 一台風ごとに季節が進んでいくみたいです


秋の代表花 コスモス

イメージ 1


これほど長い期間 いつでもどこでも楽しめるお花はないかもしれません

咲き始めも可愛らしい

イメージ 2


色の豊富さも魅力です

イメージ 3


彼岸花を背景に

イメージ 4



数ある色の中で 白が一番好きです

イメージ 5

表情豊かなこんなコスモスも

イメージ 6



色の競演

イメージ 7


やはりお日様の光が似合います

イメージ 8



日を浴びて輝くコスモス

イメージ 9



時折見せる優しさも素敵です

イメージ 10



たくさんのコスモスが咲く昭和記念公園

イメージ 11



レモンブライトが真っ盛りでした

イメージ 12


単色の群生もいいものです

イメージ 13



所々に色が僅かに混ざります

イメージ 14



そんな子が妙に愛おしくなったりします

イメージ 15



お食事に 様々な蝶がやってきます

イメージ 16

レモンブライトの旬が去ると

色とりどりのコスモスが公園を埋めていくことでしょう

イメージ 17

イメージ 18


この記事に


本当に本当に不思議な花 彼岸花 

どんな異常気象時にも 何故かお彼岸を狙いすまして咲くんですよね


彼岸入り後の3連休 初日は雨模様

彼岸花のしべは魔法でも使ったかのように水滴を引き寄せます

イメージ 1

イメージ 3



そして今日

日本屈指の彼岸花群生地 巾着田へ出かけてきました

駐車場が混む前 午前5時に現地到着 未明の群生地独特の光景

イメージ 2


今年から三脚類の使用が禁止された巾着田

マナー違反のカメラマンが多かったのかなぁ

ルールはルール、全て手持ちでの撮影です  でも沢山の人が三脚撮影 コラ!!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



赤に赤 カメラくんにとって とっても難しい状況です

でも相棒のPENTAX KPくんは思いのまま 素敵な光景を切り取ってくれました

イメージ 7

朝から晴天の予報でしたが 惜しくも小雨交じり

それでも日の出後に わずかに陽射しも射してくれました

イメージ 8


深紅の中の光と影

イメージ 9

お日様に感謝です

イメージ 10


午前7時を過ぎると 群生地も混雑してきました

そろそろ退散です

イメージ 11



駐車場へ向かう道すがらにも

色とりどりの彼岸花が咲いています

イメージ 12


巾着田から秩父方面へ向かいます

関東では珍しい棚田の光景が残る横瀬町の寺坂棚田へ

イメージ 13


今日は彼岸花まつり

ふもとに設置された駐車場から少々棚田まで歩きます

その途中 蕎麦畑にも彼岸花が咲いていました

イメージ 14



巾着田の彼岸花 それはそれは美しい光景なのですが

田舎育ちの自分には こちらの自然発生のほうがしっくりきてしまいます

イメージ 15


畦道に発見の数々

イメージ 16

イメージ 17

空の色もいい感じ

イメージ 18


なんて幸せな一日でしょう

イメージ 19

イメージ 20




この記事に

山口旅 その後

初めて訪れた山口の地 一日目は角島三昧でしたが、

二日目、三日目は豊かな自然にも恵まれた旅でした


下関市中山渓

イメージ 1

光が柔らかい曇り空

光景の反射をほどよく表現してくれます

イメージ 2

イメージ 3


よく整備された遊歩道を歩いていくと

小さな滝がいくつも現れます

イメージ 5



下流側にある雌滝

イメージ 4


上流側に鎮座する雄滝

イメージ 6


下関市街
イメージ 7

どうしても このイメージに捉われてしまいます

イメージ 8

港の夜

関門橋はどこからでもよく見えます

イメージ 9

雨に濡れる夜景も美しいものです

イメージ 10


三日目の朝

壇ノ浦へ

イメージ 11

九州との距離が本当に近いです

イメージ 12


鉄道橋 道路橋 そして人が歩けるトンネルもありました

向こうは九州 不思議な感覚ですね

イメージ 13



雨の三日目

最後に訪れたのは美祢市 ここは秋芳洞で有名な街ですが

白糸の滝 の看板に惹かれて。。。


イメージ 14

想像よりずっと見事な滝でした

イメージ 15



新緑や紅葉の時期も素敵でしょうね

イメージ 16



後ろ髪を引かれながら 飛行機の時間が迫ります




うどん文化だとばかり思っていた西日本

蕎麦畑の光景に驚きました

イメージ 17

ホタルの名所も随所にあるとか

また訪れたい山口なのでした

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事