ここから本文です
風丸写真日記
写真が奏でる風を感じていただけるよう撮り続けています
もうすぐ夏至 季節は梅雨の真っ只中

空梅雨だった昨年に比べ 今年は梅雨らしい梅雨です

この雨を一番喜んでいるのは彼らかもしれません

イメージ 1


東京都あきる野市

五日市駅からほど近い山中 紫陽花の楽園がありました

イメージ 2


南沢あじさい山

半世紀前 この地で生まれ育った南澤忠一さんが ご先祖さまのご供養にと

育て始めた花計画 自然の山を切り開くところから始まったそうです

イメージ 3

一人きりで育てた紫陽花が

今では一万株にもなったそうです

イメージ 4



同じようなお話を聞いたことがあるなぁ

そう、個人の山で育てた花卉を一般の人たちに公開してくれた

福島市の花見山を思い出します

イメージ 5


あじさい山の登り口にある忠一さんの自宅には

仮設のトイレを設け、錦鯉が泳ぐ池を中心に小さな庭園が設けられています

イメージ 6


所々にある可愛らしいポールも手作りなのでしょう

イメージ 7

伺った日は ちょうど雨上がり

イメージ 8

元気に育った紫陽花が

水滴のアートを見せてくれました

イメージ 9

イメージ 10

秋の紅葉シーズンも楽しみですね

イメージ 11


朝靄の残るお山

イメージ 12

ジオラマにみえる 庭園にあったお家

イメージ 13


来客者を笑顔で迎えてくれる忠一さんの愛情が伝わってきます

イメージ 14

イメージ 15


この記事に

梅雨入り前の梅雨支度

6月に入りました

梅雨入り前の晴天が続いていますが 季節を待ちきれず

紫陽花の花が咲き始めています

イメージ 1


鎌倉 明月院

イメージ 2

訪れた時期が早かったので

明月院ブルーにはもう少し

イメージ 3

イメージ 4

長谷寺は さらに一週間くらい遅れて見頃でしょうか

イメージ 5

イメージ 6

明月院の統一されたブルーに対し

こちらは色とりどり

イメージ 7


見頃時期には人がいっぱいで

ゆっくり撮影とはいかないでしょうね

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


都内の白山神社

イメージ 11


こんな色合いの紫陽花もあるのですね

イメージ 12


例年より一週間くらい早目に盛りを迎えそうです

イメージ 13

イメージ 14


白山浅間神社には来週から入れそうです

イメージ 15

イメージ 16

街中のどこでも楽しめるのが紫陽花の魅力

イメージ 17


彼らに精気を吹きこむ季節がもうすぐです

イメージ 18


この記事に

埼玉県飯能市 スポーツ施設の一角に 日本とは思えない異空間があります

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 

近年改名された公園です 由来はムーミンの作者 トーベヤンソンであることは

言うまでもありません

イメージ 1


間もなくオープンする施設の色も この光景に溶け込みます

イメージ 2

スナフキンが釣りをしていたとしても

きっと何の違和感もないでしょう

イメージ 3


公園内の建物は とても不思議な形をしています

イメージ 4




公園の周りは 街の中とは思えないような森に囲まれています

イメージ 5

森へ続く橋のトンネルから見る風景

イメージ 6


この公園はムーミン谷を再現したものではないそうです

イメージ 7

ムーミン童話を下敷きにした北欧童話の世界

イメージ 8

そして来年の春 同じ飯能市内にムーミンバレーパークが開園するそうです



飯能市内を流れる入間川

その上流に素敵な渓谷があることを知りました


有間渓谷

イメージ 9


渓流沿いの広範囲が観光釣り場 キャンプ場になっているのですが

ありがちな集客施設ではないことに驚きました

イメージ 10



釣りを楽しむ人 キャンプを楽しむ人

そして写真を楽しむ人が それぞれ満足できる渓流です

イメージ 11


イメージ 12


渓流沿いの山道を龍神淵へ向かって歩きます

イメージ 13

施設が途切れ 自然のままの渓谷が続きます


谷を見下ろしながら ついつい足が進みます

イメージ 14

路の片側は見事な森林

たくさんのヤマアジサイが咲いていました

イメージ 15

水と新緑

イメージ 16


どれくらい歩いたでしょうか

龍神淵へ到着です

イメージ 17

案内板はあるものの 下るのが憚れるような入り口でしたが

下りてみると 容易に渓流へ辿り着きます

イメージ 18

東京の周辺にはまだまだ 

知らない素敵な渓谷がたくさんありそうです

イメージ 19


なにより この季節に訪れることができたことに感謝です



この記事に

緑と薔薇

奥多摩の続きになります 

奥多摩に射しこんだ朝陽で夜は見えなかった新緑が息を吹き返します

イメージ 1


新緑に抱かれるような滝

イメージ 2


地層の成り立ちは不案内ですが

滝に侵食される岩の色がとても印象的です

イメージ 3


緑と水と岩のシンフォニー

イメージ 4


新緑 緑 といっても その色彩は千差万別

イメージ 5


秋の紅葉に勝るとも劣らない 色彩の華やかさを感じます

Green On Green

イメージ 6


新緑に佇む滝に分かれて次の撮影地へ

イメージ 15


多摩川から南下

あきる野市を流れる秋川沿いに桧原村へ

イメージ 7


東京都の名瀑 払沢の滝

陽が高くなり 緑の色も変化します

イメージ 8


埼玉西部から東京西部にかけ

魅力的な渓谷が連なります

イメージ 9


やはり緑と水の相性は抜群です

イメージ 10


都心に戻ると

東大本郷キャンパスも 以前訪れた光景が一変

イメージ 11


巷では すでに薔薇が その時期を終えようとしています

イメージ 12


薔薇といえば

都電荒川線

イメージ 13


いつの間にか 桜トラムと呼ばれるようになりました

ギリギリ間に合った 薔薇と都電の光景です

イメージ 14


この記事に

奥多摩 天の川

明日 術後の検査がかかりつけの病院であります

術後にかかわらず最高の治療はやっぱり撮影 ということで未明の奥多摩へ



到着は午前1時すぎ

残念ながら空のほとんどが雲に覆われていました かろうじて星が見える北の空

イメージ 1


日頃の行いの成果か(んなわけない)

全天を覆う雲が晴れ始めます 天の川が見え始めます



イメージ 2



夏を控え これから南の空に見える天の川がどんどん立ってきます

いまでも 午前2時過ぎにはこれだけ立つんですね

イメージ 3



東の空に目を転じれば登ったばかりの細い月

イメージ 4



月の出と共に夜明けが始まります

大空を横断するライン状の雲 とても不思議な雲でした

イメージ 5



東の方向は東京都心方面

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


先日 久しぶりに洗車した愛車の「赤」が

妙に深く見えたのが印象的な朝の空気

イメージ 9


日の出も近いのかな

イメージ 10



奥多摩と都心の間にある山はなんだろう

朝陽に輝き始めます

イメージ 11



東の空 朝限定の美しい空

イメージ 12


次回は とても印象的だった新緑のご紹介です

イメージ 13


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事