なにわのブラックジャック

心医→身を捨ててもその人の病気を心を込めて治して慈しむこと

全体表示

[ リスト ]

抗ガン剤でガンは治せない
1985年、アメリカ国立ガン研究所(NCI)のデヴィタ所長は『分子生物学的に見ても抗ガン剤でガンは治せない』とアメリカ議会で証言した。
農薬を使うと農薬の効かない新種の害虫が発生するのと同じで、ガン細胞は自らのADG(アンチ・ドラッグ・ジーン:抗ガン剤は無力)の働きで、抗ガン剤の効き目を打ち消してしまうのがわかった、と所長は言ったのである。
抗ガン剤の正体は増ガン剤と言うことになる。
1988年のNCIリポートが数千ページに及ぶ「ガンの病因学」で『抗ガン剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤』と断定している。NCI(アメリカ国立ガン研究所)は、全米トップのガン研究機関。そこの所長が「抗ガン剤は無力」と議会証言し、NCI自体が「増ガン剤に過ぎない」と公式リポートで断定している。
NCIリポートの「ガン病因学」の内容
15万人の抗ガン剤の治療を受けた患者を調べたところ、肺ガン、乳ガン、卵巣ガン、ホジキン病などで抗ガン剤の治療を受けると膀胱ガンが増え、白血病の場合は肺ガンが増え、卵巣ガンなどでは大腸ガンが増えていました。
つまり、抗ガン剤は腫瘍だけでなく正常細胞にも作用するため、二次的なガンを発生させてしまうのである。
なぜ、マスコミはこの事実を報道しないのか。ガン学会は治療方針の大転換をしないのか。政府はガン治療の根底を見直さず、厚労省の広報宣伝で、早期発見・早期治療をタレントを使ってPRしているが、それはほんの一部の助かったタレントが、踊らされているとしか思えない状態である。抗ガン剤や放射線治療の裏には、述べ数十兆にものぼる抗ガン剤利権が、すべての口を封じている。

医師や医療機関、製薬メーカーが儲かるシステム
薬の長期使用、医者にかかると病名が増え続け、薬の量がだんだん増えてくる。病気が治るどころか、悪くなり、自分で治ろうとする力を失ってしまう。
高血圧も学会が最高血圧値を下げ、薬の投与を促し、莫大な利益が医者やメーカに配分されている。患者なんかどうでもいいのが現状だ。儲かればいい、それもたいしたことではないからと思っているからだろう。

NCIはすでに50年前に抗ガン剤は増ガン剤で全く効果がない、免疫力で治す方法しかないと、この報告を世界発信しましたが、これに気がついた医学関係者、アメリカ国民は抗ガン剤は無力と行動で訴えましたが、これに反対する製薬業界、医師、医療関係者、国家権力によって善良な国民は数々上手に消された、つまり暗殺されたのです。
暗黒の医療が続いたのですが、1985年アメリカ国立ガン研究所所長が上院公聴会で
抗ガン剤は全く効果がなく、無力と証言!これによって医学会は方向大転換をした。
代替医療を取り入れてからは、ガンの死亡率は低下していった。

旧厚生省はNCI証言を知っているにも関わらず、公表しておりません。つまり、
政・産・医の悪のトライアングルの利権、癒着があるのは言うまでもありません。
当然、日本のガン死亡率は増加するいっぽうです。
厚生労働省 長妻 昭大臣はこの事実を公表すべきではなかろうか。このままだと、
日本は医療費で財政破綻、崩壊していくのは、周知の事実です。
一部、インターネットを参照


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事