俺のMONSTER×DORAGON戦記

このブログは、俺の“モンドラ”体験談をオモシロオカシク綴ったものであ〜る!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先月の中頃から自分のデッキの強さを引き出すため、

“一騎当百(ワンシーズンで、100機以上撃破)”という目標を掲げ

虐殺(ジェノサイド)マシーンのような、殺しまくりの武者修行の旅に出ているのだが、

俺のデッキの性格上…というか、俺の性格上

『最前線で戦いたい!』という症状に駆られ

常に最前線に立ってしまう癖…みたいなものがある。

手札には炎龍神“クリムゾネイト”様、

そして防衛には、炎を統べる王“フレイムロード”を刺して

最前線に出てしまった時の話である。

元々敵方の鉱床なんか狙っていなかったのだが、

相手の鉱床を射程に収めるほど前に出てしまったため

敵は鉱床そっちのけで、すぐさま俺を攻撃対象としてきた。

俺は他の敵を一撃で葬り去るため、

“クリムゾン・バスターキャノン”の発射シークエンスに入ったのだが、

いかんせん、俺のPCは…重い!

その間に敵から攻撃される!

『やば!フレイムロードが割られてしまう!』…そう思ったのだが、

さすがは“炎を統べる王”である。

そう簡単には割られなかった!

しかし安心したのもつかの間、すぐさま第2射が打ち込まれてしまった!

さすがの俺も、

『コレはもうやられたな…。』…と思ったのだが、

“炎を統べる王”はダテでは無かった!

わずか3100(LV10の最高値)の防御力で耐えたのだ!

そして炎を統べる王は言う…。

『ダテに炎の王を名乗ってはおらんわ!』…と。

この時ばかりは、さすがにこの王様に感服した。

そしてそのあと、ドラゴン・クリムゾネイト様が

『王よ、よくぞ耐え抜いた。我が炎にて力を授けよう!』

そう言った後、10枚もの手札を枚豪快に捨て去ると、

攻撃力9999の必殺技“クリムゾン・バスターキャノン”を放った!!!

防御カードにもよるが、

こんなのまともに食らって生き残れるフォートレスは、そうはいない。

一撃の下に一機のフォートレスを撃破すると共に、

フレイムロードの防御力が、4100まで上昇!

…そして調子に乗る“炎を統べる王”。

『ワシを倒せるモノなら倒してみろ!』…そう言ったかと思うと、

俺はそのまま集中攻撃を受けてしまった!

フレイムロードは捨て札の火属性カードの枚数×100だけ防御力が上がる。

なので、捨て札を戦争から除外されると、当然防御力も落ちる。

敵はそのコトを知ってか知らずか、サラマンダーや、アイロネートなどと言った

“捨て札が使えなくなるカード”で猛攻を仕掛けてきた!

フレイムロードの防御力は見る見る落ちていき、

俺のデッキのカードは、手札、山札、捨て札合わせてわずか11枚に減らされ、

最後にはフレイムロードは割られてしまい、俺も殺されてしまった…。

…俺は戦力として使いモノにならないくらいボロボロにされ、

この後の戦争は、ただの足手まといにしかならなかった…。



いいカード持っているからと言って調子に乗ると、

こんな目に会うのだな〜と、とてもお勉強になった戦争であった…。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事