ここから本文です
中華モンキー
中華モンキー始まりますよ

書庫全体表示

記事検索
検索

全131ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

皆さん おはよう御座います

昨日はよい天気で、たくさん遊びましたか?

私は家で、格納庫建ててました


イメージ 1

仮組して不具合無いか確認ですよ

イメージ 2


赤い矢印のブラケットは移設します

イメージ 3

作動テスト
フックがスムーズに動くか
ガイドからそれていかないか
ガイドとローラーの当たり面、傷確認して当たりの強い所は
サンダー等で滑らかにしてスムーズに動く様にしてください

イメージ 4

ワイヤーのガイドとローラーにフックがぶつかります
純正は高さが低い物、可動式の物に成ってます
気にしない方はこのままでも問題有りませんよ

イメージ 8

ユニック純正品です


イメージ 5

ワイヤーの先端のブラケットは溶接で止めましたが
非常に重要な部分です
溶接に自信のない方は
この部分はプロにお願いしてください
溶接棒、電流、電圧等で強度が変わりますよ
イメージ 6


イメージ 7

補強とセンターガイドの振れ止めかねて増設デス
多少動くのは問題無いですが
あまり遊びが多いと、フックと一緒に回転します
センターガイド作成時はその辺も考えて加工してください




皆さんこんばんは

ブログの書き方少し思い出しました

それでは

フックインその2の始まりですよ

イメージ 1

まずはCADデーターを元に

フックの格納軌跡の編集です
赤色線はブーム先端のカバーより4cm長くしました
次に緑色
その次に水色
最後は黒色で徐々に回転半径を減らしていきます
私は4cn〜2cmに減らしました
まだ数値は小さくても行けると思われますが
イメージ 2

鉄板は3.2mmです
厚くてもかまいませんが
加工が大変です
けがいた線通りにカットですよ
あまりのカットの速さに
画像がぼけました
イメージ 3
神の手を持つ人は
左右の鉄板を重ねても
ピッタリ合うはずですが
少し手が震える人は
サンダーで修正してください
左右が違うとフックが斜めに移動しますよ
イメージ 4

次にブームの滑車の間のカラーを固定する穴を開けます
ご自分のクレーンの滑車のシャフトのサイズを測り
内径の合うパイプを探してください

イメージ 5

パイプが見つからない方は
S45Cの丸棒から削りだしかな

サイドの鉄板の固定をしやすい様に
センターと鉄板の径に差をつけます
イメージ 6


センターのフックガイドレールを作ります
切り出した鉄板と
センターカラーと
真ん中には補強の角パイプです
角パイプは20×40のパイプですよ

イメージ 7

次にフックが滑りやすい様に
フラットバーを曲線に合わせて溶接です
出来れば6mm位の厚さの方が
後で
修正時楽ですよ

イメージ 8


私はプレスで曲げましたがガスで温めて曲げてもOKですね

イメージ 9

次にフックの改造です
ご自分で改造されている方のやり方を見ると
フックインのフックを流用されている方も居ますが
私はローラーを改造して付けます

タダノはフックが一体なので
9mmの鉄板と角鉄で
加工しました
力のかかる所なので
少し丈夫な材料を使いました

イメージ 10

ユニックは左右分割フックでしたので
ボルト止で加工デス


イメージ 11

もちろん錆止め塗装後
純正近似色で塗装デス
ロラーはベアリングタイプの純正は使わず
丸棒から旋盤で削り出しデス
固定のボルトも
ホームセンターで300円位(内緒ですよ(笑))
の16mmを半分に切って加工ですよ

イメージ 12

仮組で作動テスト
ここまでしか上がりません
上らない原因は赤い矢印の所ですよ

白色矢印は
私はナットで固定しましたが
ワイヤがぶつかります
Kさんのは割ピンタイプに変更しました

イメージ 13

ブームの先端にワイヤ固定有りますが
ブラケット切り取り
位置移動です
向きは90度かえました
特に意味は有りませんが
取付溶接が簡単だからです
そのままでは
滑車が斜めに逃げるので
緑/白矢印の所に
ワイヤーのガイド増設デス
ワイヤは移動せず
角度変更だけなので
アイボルトを流用しました

黄色い矢印のガイド&ローラーは要注意です
ワイヤーが真っすぐにならないと
スムーズにワイヤが移動しません
最初によく観察してワイヤーの取り回しを
考えてください
フック先端の滑車は右でも左でも
最初にワイヤが通るのは問題有りませんが
ガイド移設を考えながら通してください

疲れたので
その2終了しますね





皆さんこんばんは
何か月ぶりかのブログ投稿・・・
投稿の仕方忘れてひと難儀((笑)
今回はFBのお友達の画像からトラッククレーンのフック改造の仕方ですよ
まずは自分のでテスト
メーカーはユニックと言うメーカーです
イメージ 1
上手く改造出来ました・・・・・・・(笑)
これは純正のフックインの画像ですよ

イメージ 2
これは私のトラック改造後の画像です
80点くらいかな
90度に成ってませんね
原因は判っているのですが
使う分には支障ないのでこれで満足
これに気をよくしたアイスマンは

お友達のタダノ製のクレーンも安請け合い

イメージ 3

普段の行いが悪いのか
いきなり油圧ホースパンク

イメージ 4
これ標準ですよ

イメージ 5
ブームの先端の滑車です
左右の矢印の隙間が大きいのが分かりますか
後で
ここの隙間は中のカラーを加工して
横のフレームギリギリまで
巾を広げますよ

イメージ 6

次にブーム先端のワイヤー止めを外し
ワイヤーを分解します
ワイヤークリップ外して
→方向からドライバー等でたたけば
中のクサビ外れます
クサビに方向が有るので必ず確認してね

イメージ 7

次にカッシャ両サイドの
充て板サンダー等でカットして取外しますね
滑車を左右に広げる準備ですよ
イメージ 8
こんなのも使いました

イメージ 9
気合一発

イメージ 10
次に滑車を外します
→の所のロックボルト2本とワッシヤ外します
新しいのは→側から
たたくと簡単に外れますが
こやつ
なかなかしぶとくびくともしません

イメージ 11

たたいても反対側のフレームが逃げるので
シャコマンで固定後
小さいハンマーを当て
大ハンマーで気合入れて殴りつけます
もちろん一人では無理ですよ
イメージ 12
何とか外れました
横のカラーを作るため
ベアリングの逃げの寸法測定デス
1〜2mm位のクリアランスのカラー作成
結構滑車歪んで偏芯してます
外す前に触れ測定したほうが楽ですね
イメージ 13
内径
5パイ・・・・・
錆で小さく成ってます
錆は綺麗に落とすか
ベアリング交換ですね
純正はプーリーASSYかな?
カシメ起こせば
ベアリングだけ交換できそうですね
イメージ 14
シャフトもサビ綺麗にしてくださいね

イメージ 15
CADで図面を書く
家のCADはカレンダーの裏面とマジックですよ

ある鉄工所でお前の図面はマンガだが
○○さんのは
きちんとした図面だぞ

彼は工業系大学卒業
私は旭川大学高校普通科・・・・・・

比べないでください

イメージ 16
なんちゃって図面(笑)

その1は終了しますね
皆さんおはよう御座います

昨日は暑かったですね

7月突入水遊びにGO

カッコE〜モービル

オーナー短いののが好きみたい、でも最近はロングスカートに少し興味が・・・・・

イメージ 53

夏の間に改造計画の方は参考に

まずはサイドカバー等のカウル&サイレンサー外します

左側から分解ですよ

イメージ 2

ブレーキローターのカバーが外れたら

なに外れないわがまま娘と同じで気長に外れる位置を探す

ローターの裏側にキャリパーブラケットボルト4本

トルクス40Tかな

イメージ 1

スナップリングも忘れずに


イメージ 3

ブレーキをロック

イメージ 4

こんな特殊工具無い方は

諦めて黒いキャツプを犠牲にする

イメージ 5

市販の2本爪プーラーをブレーキローターに装着

イメージ 6

少しずつボルトをねじ込んで抜いていくが

普通は錆びて硬いか抜けない

俺の行いが良いのか

オーナーの取り扱いが良いのかすんなり抜けた

抜くとき上と下等の隙間に注意

斜めに抜けてくるので

レバー等でこじって真っすぐにする

ボデーは傷つけない様に

レバーにゴム等当てる
イメージ 7

ブレーキのガードを外す

イメージ 8
ブレーキを解錠して
ローター

キャリパーブラケットを外す

イメージ 9

次に右側分解

下のギャーのスナップ外す

イメージ 10

チエ―ンの緩み点検後

チエ―ンテンショナー外す

テンショナーボルト緩めなくても外れます

イメージ 11

ドライブシャフトは下にもぐり

クラッチ側にずらすがなかなかずれません

キャタのノンスリの突起の所持ち上げながら

レバーでシャフトを左側に寄せ

外します

矢印のベアリングは点検&錆落としを確実に

薄く錆止めグルス塗布

イメージ 12

順番は逆ですが

足回りは4本のボルトだけですが・・・・・・

ねじロック塗ってあるので簡単には外れません

強力インパクトで何回も緩めたり締めたり・・・・・

ねじロックの効果を弱めてください

イメージ 13

なぜかフリーライドだけ

グレーの駆動スプロケ

イメージ 14

中古163キャタ

イメージ 15

なぜか新品同様

アイスマンガレージのお客様の特典デス

急ぎに間に合う中古パーツ

イメージ 16

少し息抜き

取り立ては美味しいですね

イメージ 17

どれにしようかな?

イメージ 18

これだ

イメージ 19

すり合わせしながら、ガタなく装着

イメージ 20

こんなドリルで現物合わせ

イメージ 21

延長部分のランナー固定ボルト

減らないホイルの位置で

イメージ 22

美味しいな〜

ノンアルコール麦茶

イメージ 23

お友達から情報ゲット

廃業するオートバイ屋さんが有るとの情報

場所判らず

お友達に場所聞きまくる

おかげでお宝たくさん格安ゲット

イメージ 24

お尻がはみ出るので少しスカート延長

リベット硬くドリルだとずれて傷がつく

サンダーで頭平らにしてからドリル

イメージ 25

こんな感じです

イメージ 26

さすがフリーライド

高級サスペンション

イメージ 27


ロッドもめちゃ太い

取りあえず完成

イメージ 28



別な機械に取り掛かる

定期エンジンOH

イメージ 29

俺の頭と同じ

薄いベア〜



イメージ 30

オーナーから左側から油漏れ

そこには何もない

ガスケット不良

シリンダボルト締め付けトルク不足

クランクケース内の混合気が漏れてます

イメージ 31

美味しいなー

有難う御座います

イメージ 32

さらに息抜き

イメージ 33

クラッチ油圧化

イメージ 34

ラジアルマスターをクラッチに

イメージ 35

フロントホーク点錆&OH

イメージ 37

運が良い

5円がザクザク

スプリングのプリロードにお金を

前のオーナーはお金持ちだ

イメージ 38


おかしいぞ

なぜかモトラで無くNSRのホークにコーテングが

飲みすぎ注意

イメージ 36


またまた息抜き

美味しいソフト

イメージ 39

チーズもあるお店かな

イメージ 40


マグネットを外すと

うっすら油汚れ

中のグリスが溶け出した模様

イメージ 41

Yパイプもカーボンが

リュウタ―でごしごし

3HPアップ

イメージ 42

想定外

リードバルブ破損

イメージ 43

クランクもグリスが・・・・・・・・

イメージ 44

シール交換

超高級グリス挿入

イメージ 45

シリンダークロスハッチ無い

イメージ 46

ヘットカーボン落とし

問題無
イメージ 47


誰かお試しあれ
怪しいけど興味が



イメージ 48


イメージ 49



イメージ 50


7月はこれだ

イメージ 51


通勤途中のお見送り

イメージ 52



開くトラックバック(0)

皆さんおはようございます

皐月(5月)も今日で終わりですね

5月はモービルメンテはお休みして、バイクに精を出しました

カッコ良い外車デス

昔とてもほしかった900SS

赤男爵に並んでいたスパーライト毎日の様に見に行ってました




イメージ 1


タンクは外すのでは無く

開けるのだ・・・・・・・・


イメージ 2

キャブ
エンジンかけてみると不調なので分解


イメージ 3

フロートチャンバー内は問題ないが

ダイヤフラム室に・・・・・・・・・・・
イメージ 4

原因はこれか・・・・・・・

これは原因の一部ではあるが

本当の原因はサブチャンバーにドレーンホースが無い・・・


付けてあげた

イメージ 5

なにもせずに外れるプラグキャップ

この辺も

チョキチョキで無事完了


イメージ 6

誰か判らないがキャブの設定変えている

替えることは全然問題はないが

ニードルEクリップでこれ以上上にあげれないので

シム調整

モービルでもよく有るが

このシムは手抜き過ぎた





イメージ 7

普通のプラグ

焼けは問題無し

標準のイリジュウムに交換
イメージ 8

疲れたので裏山に息抜き

息抜きの邪魔者


アクセル満開で退散

イメージ 9

またまた点検

オイルパンからオイルにじみ

ボルト締めるが締まらず

綺麗にフキふきして終了・・・・

笑ってごまかす

イメージ 10

タイミングベルト点検

軽く触っただけで

これだけたわむ


イメージ 11

最近の・・・・・・

タイミングベルトも専用特種工具が無いとできない

パソコン

パチパチの時間が・・・・・

イメージ 12

マフラーがオプション・・・・・

音量計無いので安全策

旋盤でくるくるの刑で作成

イメージ 13

検査では問題なかったが

ニュトラルランプが消えない

配線外すと消える

スイッチ外して単体でも作動する

・・・・・・・・・・・・・・・

オイルがスイッチの中で悪さ・・・・

札幌に有ったので取りに行った・・・・・・

バイクに乗りたいだけ・・・・
イメージ 14

頂き物と

自然の恵みで一杯

イメージ 15

そろそろ小さいのも点検しないと

シーズン前点検

ピストンシリンダー状態問題無し

イメージ 16


ヘットも問題無し

カーボンの具合から判断すると

キャブ設定もう少しかな・・・・笑い

イメージ 17

モンキールーム

イメージ 18

頂き物で一杯

イメージ 19

疲れたのでチョツト息抜き

イメージ 20

中華エンジン125ccベース

三国TM32

ソフトツーリング

リッター55km/L

経済的な(株)

イメージ 21


時には車も・・・

フル整備

検査無事合格後・・・・

ラジエター水漏れしだす・・・・

タイミングベルトで外したのに・・・・

原因はアッパタンクの亀裂

イメージ 22

赤いの好き・・・・・


イメージ 23

チエ―ンの付いていないバイクのタイヤ交換


イメージ 29



美人はしわが入る・・・

燃料系は危険が一杯

国産と交換

イメージ 24

時には農機具屋さん

タンクから水漏れ

去年修理したがダメ

タンク交換

タンクが高い・・・・・

安い機械買えるしょ

イメージ 25


時給自足

イメージ 26

時には失敗する・・・・

イメージ 27

大好きな物は自分で作る

イメージ 28

テスト走行と言う名の息抜き

この日は寒かったが

ソフトが傾く・・・・

イメージ 30

ソフトは牛乳

なぜかポークさん
イメージ 31


イメージ 32

山菜モトラ復活せねば

イメージ 33

イズミのおやじのおすすめキャブ

私はTMはあまり好きではないが

おやじのスペシャルはなかなか良い

イメージ 34

無い機械は自分で改造・・・・

買う予算が無いだけ・・・
イメージ 35

上手く行くかな

イメージ 36

なんの機械化判らない・・・・・



イメージ 37


1ヶ月分まとめて書くと大変です

来月は少しモービルネタ入れますね


6月の目標
これをチョメチョメ

イメージ 38


腹がさけるほどたくさん食べる

イメージ 39

全131ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事