ここから本文です
中華モンキー
中華モンキー始まりますよ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2サイクルターボ

皆さんおはよう御座います
 
今日の空模様はどんよりしてます、モンキーセッテングに行けるかな・・・・
 
皆さん、2サイクルにターボ付いた機械あまり見る事無いと想います
 
今回オーナーの許可を得て、エンジンOHの記事を書きますね
 
 
 
イメージ 1
 
2サイクル800cc2気筒、アメリカのArctic Cat 社製のスノーモービルですが
 
なぜかエンジンは日本のスズキ製 丈夫で長持ちの日本製が一番
 
ノーマルでメーカーでは160HP+とほざいてます・・・ほんとかな〜
 
イメージ 2
 
参考まで4サイクル1056cc2気筒DOHCターボ・・・・177hp
 
ノーマルエンジンのパワーですよ・・・・・・
 
イメージ 3
 
これが800ccのタービン、ギャレットのT-04タービン
 
仕様は色々あるみたいですが、日本で使うならこれで十分
 
パワーは250hpに達しますよ・・・・
 
エンジン始動する前にコンプレッサーのボールベアリングに給油
 
イメージ 4
 
スズキ モーターと書いてあります
 
バランスウエイトの内側に、さらにバランスウエイト・・・・
 
そんなにバランス悪いの・・・・
 
イメージ 5
 
クランクは問題無し・・・
 
ゴマ粒も入って無いかよく点検清掃・・・
 
イメージ 6
 
今回の修理理由はオーバーヒート
 
やはりノーマルラジエターでは、連続アタックの熱 冷やしきれず
 
ピストントップは全然問題ないので、燃調の問題ではない
 
やはり、フルパワーの後は少し休んでから、アタックが一番
 
イメージ 7
 
シリンダーもメッキははがれて無いが、溶けたピストンが溶着している
 
ホーニングで取れない事はないが、シビアなエンジンなのでシリンダー交換
 
新品シリンダーをなぞる・・・・バリ出ている
 
目視では発見難しいので、美女の○○を触る様に、優しくなぜる
 
 
イメージ 8
 
シリンダー内径測定、片側は再使用なので、シリンダーのひずみを見る
 
新品はピストンとのクリアランスを見る、古いシリンダーは歪も減りもなし
 
イメージ 9
 
 
ピストンは、ワイセコのセミ鍛造、念のため体重測定
 
あれま〜家庭用の1g単位のはかりでも、重さが違う・・・・・・
 
ピストントップをよく見ると、品番は同じだが、ロットNO
 
たぶん作った時期が違うのだろう・・・
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
今回はこの辺を削た、強度に関係ない所の重たい方のピストンで重量合わせ
 
 
イメージ 12
 
最後は地球の重力に重さの判定をしてもらう
 
無事合格・・・
 
イメージ 13
 
組む時は、クランクにも、たっぷりオイルですよ
 
もちろん最高級オイル・・・・オーナー請求なので
 
イメージ 14
 
シリンダーヘット、まったく問題なし、ゴマ粒発見できず
 
そうそう、このエンジン ツインプラグ・・・・・
 
昔、DT-1のヘットのメクラ外してツインプラグにしたな・・・・
 
片方しか火花飛ばないけど・・・・
 
あの頃は、ガソリンに灯油混ぜて乗っていた
 
イメージ 15
 
今回オーナーの要望でヘットに水温計のセンサ取付加工
 
ちなみに右側のセンサー、ノックセンサー
 
ネットに中国製安いのと同じ形・・・・あうのかな〜
 
イメージ 16
 
ブローしたエンジンのプラグ・・・問題なし
 
しばらく混合比 濃いめなので、慣らし運転期間中このプラグで行く
 
慣らし終わり、本調子の時に新しいプラグに交換ですね
 
エコ・・・えこ・・・エコーたばこはやめましょう
 
イメージ 17
 
2サイクル、タービンの潤滑は不思議でしょう
 
矢印のアルミの四角いタンクがオイルタンクですよ、タービン潤滑したオイルが
 
このタンクに戻り、定量ポンプでまた、タービンの上側にオイルを送ります
 
ただし、バッテリーの付いて無い機械なので、しばらくエンジン始動してない時は
 
ホースを外してタービンにオイルですよ
 
 
イメージ 18
 
これがオイルポンプです、すごく小さいですね、これならモンキーでも使え
 
そうですが12Vの定量ポンプ見つからず・・
 
誰か売っているサイト教えてください
 
イメージ 19
 
マフラーはフレームの内側に排気出します
 
普通に真っ直ぐ乗るのであれば、通常の位置で問題無いのですが
 
モービラーひねくれ者が多いです
 
右に左に斜め走りマフラーに背圧かかると、パワーダウン
 
そこで、背圧かからないフレームの内側ですね
 
イメージ 20
 
セッテングは簡単です、鼻くそをほじくるように
 
専用のコントローラーをぱちぱちナイスセッテング
 
自信の無い方は、いろいろな計器を付けて、注意深くセッテングしてね
 
イメージ 21
 
このオーナー、ナイスセンスですね、ハンドルバックに計器類かくして有ります  
 
ブーンドッカー社は元々インジェクションのコントローラーが得意な会社で
 
ターボ用のコントローラー使いやすいですね、燃調、ブーストをコントローラーで
 
制御しますね、モービルの場合はむやみやたらにブート変えてはいけませんよ
 
CVT駆動なので、馬力が変わるとエンジン最高回転オーバーで
 
エンジン大爆発
 
誰かブースト0.7位かけてテストしてください・・・苦情は受け付けませんが
 
 
イメージ 22
 
 
2サイクルターボはすごく乗りやすいで、どっかんターボでは無く
 
ノーマルのハイパワーバージョンみたいな感じですが
 
平地の加速が、登坂時でも変わりませんが
 
倶知安のノーススレットさんはブーンドッカーの代理店ですよ
 
おいしい居酒屋さんもやってますね
 
エンジン始動・・・・・
 
忍者の様に煙で雲隠れ・・・・・
 
そうそう、今年からキャットでも3インチキャタ出ましたね
 
うちは早くから3インチはいてます
 
このターボもチャレンジャーの162×15×3インチ特別バージョンですよ
 
イメージ 23
 
 

 
昨日、襲撃受けた
 
お猿菌ばら撒いて逆襲したけど
 
イメージ 24
 
 
18歳以下は閲覧禁止
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事