特殊乗り物と近代妖怪

忘れてしまったあの日の世界へ

全体表示

[ リスト ]

掃除機を持った怪人

◆事件名

『ビルボルド事件』

◆概要

[ジャンル] UFO

[日時] 1973.12半ば

[場所] ベルギー ブリュッセル北東12キロのビルボルド

[体験者]
V・M氏(仮名)

[事件の経緯、内容]
 深夜に目覚めた目撃者の男性が、裏庭の便所に行く途中キッチンでカーテンを通して緑色の光を目撃し雑音を聞いたので開けてみると、金属探知器(掃除機あるいは放射能測定器という話もある)の様な物を持って歩いている、緑色に光るワンピースのスーツを着た「生物」を発見した。
 懐中電灯を当ててよく見た所、「生物」は身長90センチぐらいで尖った耳を持ち、大きな黄色い目をしていた。頭にはヘルメットをかぶり、ヘルメットから出たチューブは背中に背負ったナップザックに繋がっており、ウェストのあたりに赤く輝く箱を付けていた。「生物」が目を閉じると顔全体が暗くなった。
 その後「生物」は観察中の目撃者にVサインを送り、塀に向かって歩き、塀の所に来るとそこを腕をふりふり垂直に登り始めた。3mもある塀を登った「生物」はその後、塀の向こうに姿を消してしまった。
 そしてしばらくすると、塀の向こうに丸い透明な飛行物体が飛び立つのが見え、目撃者はその内部に先ほどの「生物」の姿を認めたという。

◆チャームポイント

1) 目的は埋蔵金探し?
 金属探知機で何を探っていたのだろう? 埋蔵金の噂を聞きつけて地球にやってきたのかもしれない。

2) 目撃者にピースサインを送る余裕
 目撃されたからといってただ逃げたり、逆に攻撃したりと言うのはいただけない。やはりコンタクトは余裕をもって望むべきである。

3) 乗り物はシースルー
 中が見えるのは色々まずい気がするが、名古屋の嫁入り仕様トラックと同様、デモンストレーション効果は抜群。

4) 似た事例はオランダでも
 1973年11月10日にはオランダのユードンでも掃除機を持ち、頭の両側にたれる頭巾をかぶり、白い修道服と大きな靴を履いた宇宙人が目撃されている。
 機械持って地球に来るのは流行か?

◆資料
『宇宙人大図鑑』中村省三(グリーンアロー出版社/97)p96

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事