特殊乗り物と近代妖怪

忘れてしまったあの日の世界へ

全体表示

[ リスト ]

魚の女

◆事件名

『魚の女事件』

◆概要

[ジャンル] 妖怪?

[日時] 1977.7

[場所] ブラジル パラ州プラガンサ

[体験者]
マルガリータという名の女性 他

[事件の経緯、内容]
 土地の人達が金髪で色白の女性が市場で100キロから200キロの魚を買っていく女性を目撃。これが異星人の食料ではないかと土地の人は噂を立てた。彼女が住んでいると思われるカジュエイロ島に行った漁師は「海の上を歩いている魚の女」を目撃。他の人も彼女の住んでいるとされる小屋の近くで異様な光を見たという者も多くいた。
 マルガリータという女性は人気の無い道で「魚の女」と思われる女性に遭遇。全身黒ずくめで手首の所まであるブラウスの両手に手袋をはめていた。その後魔法のように姿を消してしまったという。
 魚の女がチュパチュパ(土地に伝わる吸血鬼)や異星人と関わりがある(円盤にブロンドの女性が乗っていたという話もあったという)という噂が大きくなり、新聞でも報道されるに及んで、海軍や空軍による調査も行われた。しかし小屋はもぬけの殻で、フランスから「エリザベスへ」と書かれて届いたと思われる封書が発見できただけだった。
 その後この付近で目撃が続いていたUFOがぱったりと消えてしまったと言う。
 

◆チャームポイント

1) 魚を買うから魚の女
 しかし魚を大量に買うと異星人や吸血鬼に仲間にされるとは…ブラジルの御国柄でしょうか?

2) 軍も調査
 大騒ぎになったためでしょうけど、軍が調査に乗り出すなんて…お役目ご苦労サンです。


◆資料
『エイリアン・ベース』ティモシー・グッド(人類文化社/98)p458

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事